口臭がある

歯周病の代表的な症状:口臭

口臭

昔に比べ、口臭がきつくなったと感じる場合は歯周病の疑いがあります。
歯周病にかかると歯周病菌の繁殖によって口臭が生じます。進行すると、歯茎から出血したり膿みが出たりするようになるため、そうなると口臭はさらに強くなります。

ただし、口臭というのは自分では気付きにくく、他人も指摘しづらいものですから、口臭がきつくなってもそれに気付かない人が少なくありません。そのため、異変に気付かずに歯周病の進行を許してしまうケースも多々あります。

口臭の原因物質

硫化水素 生理的口臭の原因物質で卵が腐ったような臭いがします。生理的口臭は健康な状態でも発生する口臭で、唾液の量が不足することによって口腔内が乾燥し、臭いが揮発してきます。
メチルメルカプタン 歯周病による口臭の原因物質で、野菜や魚が腐ったような臭いがします。硫化水素よりも臭いが強いのが特徴で、歯周病が進行すればするほど、メチルメルカプタンの濃度も高くなっていきます。
ジメチルサルファイド ニンニクやお酒などの飲食物に含まれる臭い成分、また内臓疾患による臭い成分が血液中に移行し、肺から呼気として排出される口臭。青海苔のような臭いがします。

口臭測定

口臭の原因物質の量は、専門機器によって測定することができます。

正常な状態グラフ

正常な状態

全体的に口臭がある状態グラフ

全体的に口臭がある状態

歯周病治療前後の口臭

歯周病治療前グラフ

歯周病治療前

歯周病治療後グラフ

歯周病治療後

正常な状態では、生理的口臭(硫化水素)と歯周病による口臭(メチルメルカプタン)が多く検出されていましたが、治療によって歯周病による口臭(メチルメルカプタン)が減り口臭が改善されたことが分かります。
※ジメチルサルファイドによる口臭は、前日・当日の飲食物によって検出されることがあります。

なぜ、歯周病になると口臭がきつくなるのか?

歯周病による口臭は様々なメカニズムによって発生しますが、悪臭の原因の一つとして挙げられるのが膿みです。歯周病による歯茎の炎症がひどくなると、歯茎のなかの歯根膜が破壊されて膿みが生成されます。この膿みがきついニオイの原因となるのです。

なお、一般的に歯周病が進行するほど、口臭も強くなっていきます。
個人差はありますが、歯周病がひどくなってくると、話している相手がすぐに気付くほどのニオイを発するようになります。

口臭に関するQ&A

Q口臭がなくなったら歯周病が改善していると考えていいですか?

Aいいえ、そうとは限りません。

洗口液(マウスウォッシュ)などを使ったり、ガムを食べたりすることで口臭が気にならなくなるかもしれません。しかし、これは一時的な対処法でしかありません。根本的に歯周病を治さない限り、口臭が完全になくなることはありません。
また、口臭は歯周病以外に、逆流性食道炎などの胃腸の病気や糖尿病などとも関係しています。

口臭があるのは歯周病のサインです。

03-5220-2100

無料カウンセリング予約