重度歯周炎

重度歯周炎の症状

重度歯周炎イラスト

・歯茎が真っ赤に腫れあがり、膿が出る
・歯茎からの出血がひどくなる
 (歯周ポケットの奥から出血するようになる)
・歯のグラつきがひどくなり、食事にも不自由が出る
・歯の隙間が目立つようになる
・歯が長くなったように見える
・口臭が強くなる

重度歯周炎では、歯を支えている顎の骨が大きく溶かされ、歯のグラつきがひどくなるのが特徴です。

歯周ポケットは非常に深くなり(6mm以上)、歯根には多量のプラーク・歯石が付きます。重度歯周炎の状態を放置しておくと、やがて歯が抜け落ちてしまいます。

重度歯周炎の症例

症例1

重度歯周炎の症例画像

歯茎の炎症が全体的に強く、出血と膿が出ている箇所もみられます。

レントゲン写真

重度歯周炎のレントゲン写真

顎の骨が歯根の長さの3分の2以上溶けていることが分かります。

症例2

重度歯周炎の症例画像2

歯茎の炎症は強くありませんが、歯茎が退縮し歯が長く見えます。

レントゲン写真

重度歯周炎のレントゲン写真2

顎の骨が歯根の長さの3分の2以上溶けていることが分かります。

細菌の状態

健康な状態

重度歯周炎

重度歯周炎になると細菌数が非常に多くなり、活発に動く運動性細菌(歯周病菌)がほとんどを占めているのを確認できます。歯周病の重症化に伴って増加する「スピロヘーター」と呼ばれる螺旋状の細菌が存在するのが特徴です。

PERIOD.での重度歯周炎の治療法

重度歯周炎においても、治療の基本はプラークコントロールになります。
スケーリング、デブライトメントやフラップ手術で徹底的にプラークを取り除き、細菌を減らしていきます。

同時に、顎の骨が大きく失われているため、それを回復させるための治療も必要になります。エムドゲインやGTR、骨移植などが選択肢になりますが、症例に合わせて最適な方法を選びます。

また、歯周病によって顎の骨が溶かされてしまったことで生じる歯茎の見た目を回復するために、歯茎の再生治療を行う場合もあります。

PERIOD.とは?

歯周病は甘く見ることのできない病気です。

03-5220-2100

無料カウンセリング予約

重度歯周炎について、最先端の歯周病治療をご提供する東京国際クリニック/歯科がご説明します。重度歯周炎は、歯を支えている顎の骨が大きく溶かされ、歯のグラつきがひどくなるのが特徴です。