インプラントと歯周病

歯周病を治さずにインプラントをしてはいけません

日本人が歯を失う原因

歯周病は、ギネスにも載った世界でもっとも患者数が多い病気。
日本人の30歳以上の8割が歯周病、もしくはその予備軍と言われており、日本人が歯を失う原因の第1位となっています。
インプラントをお考えの方のなかには、歯周病で歯を失ってしまった方も多いと思います。

※出典:平成17年(財)8020推進財団調査

抜けた歯を補うために、インプラント治療を受けることは決して悪いことではありません。しかし、歯周病が治っていない状態でインプラントを入れるのは、非常に大きなリスクを伴うという事実を知ってください。

なぜ、歯周病を治さずにインプラントを入れてはいけないのか?

歯がグラグラしてきて、しっかり噛めない・・・
歯が抜けてしまって食事が不便・・・

このような場合、インプラントを入れて一刻も早く元どおりの「噛める生活」を取り戻したい気持ちは分かります。ですが、もしあなたが歯周病にかかっているのなら、そのままインプラントをしてはいけません。

なぜなら、歯周病に冒されていると、その細菌がインプラントの周囲にも感染して「インプラント周囲炎」という病気になってしまうリスクが高くなるからです。そして、インプラント周囲炎になると、非常に高い確率でインプラントに不具合が起こり、進行するとインプラントが抜けてしまいます。

今、増加してる「インプラント周囲炎」とは?

残せる歯を抜いてインプラントにしてはいけません

近年、日本の歯科医療では、抜歯の本数が明らかに増えています。
これは、今までであれば残していた歯が抜かれている可能性を示しています。歯周病で歯医者に行ったら、「歯を抜いてインプラントにしましょう」と言われたことがある方も多いと思います。

しかし、歯を残せる可能性があるのに、その可能性を放棄してインプラントを選択してはいけません。インプラントは確かに優れた治療ではありますが、決して万能ではないという事実を知ってください。

なぜ、歯を抜いてインプラントを入れてはいけないのか?

インプラントは本物の歯に勝るものではないからです!

「歯周病がひどいから、この歯は抜いたほうがいいですね」
「抜歯してインプラントをしましょう」

歯周病で歯がグラグラになってしまって歯科医院に行くと、このように言われることがあるかもしれません。もちろん、抜歯しか選択肢がないケースもありますが、歯を残せるのに抜歯を勧める医院があるのも事実です。これには、主に2つの理由が考えられます。

「歯周病は治らない」と考えているドクターがいる

かつて、歯周病は老化に伴う病気だと考えられていましたが、40年以上も前に適切な処置によって予防・治療ができることが明らかになっています。しかし、この事実を未だに知らないドクターがいるのが現状です。

歯医者にとってインプラント治療のほうが効率がいい

今の日本の保険制度では、歯周病治療はその難易度のわりに利益率が低く、インプラント治療は利益率が高い治療と言われています。そのため、本来であれば残せる歯を抜いてインプラントを勧める歯科医院が存在することは否定できません。

当院の治療方針

治療方針(1) インプラントの前に歯周病を治す!

日本人が歯を失う原因

歯周病はインプラントにとっていちばんの脅威です。「歯周病はもう治った」「私は大丈夫」という方もいらっしゃると思いますが、歯周病は自己診断できるような病気ではありません。
歯周病は「沈黙の病気」とも言われるように初期の自覚症状に乏しく、静かに進行していくのが特徴で、気付いたときには重症化しているというケースが多く見られます。

東京国際クリニック/歯科では、後のトラブルのリスクを抑えた安全・確実なインプラント治療のため、まず歯周病を治すことからはじめています。
そのため、歯周病にかかっている方がインプラント治療を希望されても、そのままの状態でインプラントをすることはありません。PERIOD.(ペリオド)という治療によって歯周病を完治させたうえで、インプラント治療に進んでいます。

治療方針(2) できる限り歯を残す!

歯周病を完治させて残した歯とインプラントでは、インプラントのほうが寿命が短いことが分かっています。インプラントは確かに優れた治療法ですが、本物の歯には到底及ばないのです。

天然歯・インプラントの10年後の喪失率

東京国際クリニック/歯科では、患者さまが希望されても、安易にインプラント治療を選ぶのではなく、できるだけ歯を残す方針で治療にあたっています。

インプラントは、すでに歯を失っている場合、もしくは歯を残すのが不可能な場合にのみ選択すべき最終手段と考えており、残せる歯を抜いてインプラント治療を勧めるようなことはありません。
重度の歯周病でも歯を残せる可能性があるなら、PERIOD.(ペリオド)という歯周病治療によって口腔内環境を整え、患者さまの歯を残せるように努めています。

インプラント周囲炎になっている方の割合

また、お口のなかのインプラントの本数が6.4本を超えると、インプラント周囲炎のリスクが高まることが明らかになっています。つまり、できるだけ患者さまご自身の歯を残し、インプラントの埋入本数を少なくすることが、インプラント周囲炎を防ぐことにつながるのです。

インプラント周囲炎でお困りの方へ


当院の院長・清水は、歯周病治療・歯周外科で10,000症例以上を手掛ける歯周病のスペシャリストであり、世界屈指のインプラントメーカーであるストローマン社の講師としても数多くの講演実績を有する経験豊富なドクターです。歯周病を知り尽くしているからこそ、確実なインプラント治療ができ、インプラント周囲炎に対しても的確な処置ができるのです。

当院には、他院でインプラント治療を受けたものの、適切な歯周病治療が行われておらず、インプラント周囲炎を発症して来院される患者様が数多くいらっしゃいます。
すでにインプラントの不具合を感じている方はもちろん、インプラント周囲炎になりたくないという方も、お気軽にご相談ください。

     

歯周病で歯がグラグラしていても、そのまま歯を抜いてインプラントを入れてはいけません。
当院では、安易にインプラント治療を選ぶのではなく、できるだけ歯を残す方針で治療にあたっています

03-5220-2100

無料カウンセリング予約

インプラント周囲炎の危険性や治療法について、最先端の歯周病治療をご提供する東京国際クリニックがご説明します。インプラント周囲炎は、インプラントに生じる歯周病に類似した病気。治療しないで放置していると、最終的にはインプラントが抜け落ちてしまいます。