スケーリング

スケーリングとは?

スケーリングイラスト

スケーリングとは、歯根面から「歯石」を取る治療です。
歯科医師や歯科衛生士がスケーラーと呼ばれる専用機器を用いて歯根面から歯石を除去します。

スケーラーには、手動で使う「ハンドスケーラー」や超音波による「超音波スケーラー」などがあります。

“歯石”を除去するスケーリングの重要性

歯周病の直接的な原因は、生きた歯周病菌が潜んでいるプラーク(歯垢)です。
そのため、歯周病治療においてはプラークを取り除く処置が重要になってきます。

スケーリングの重要性

一方で、歯石というのは死んだ細菌の塊であり、それ自体が直接、歯周病の原因になるわけではありません。
しかし、歯石の表面はデコボコ・ザラザラしているためプラークが付着しやすく、歯石には必ずプラークが付着しています。そのため、歯周病の発症・進行を抑えるためには、スケーリングで“歯石”を取り除くことも重要なのです。

従来のスケーリングの課題

スケーリングに用いる器具として、手動で歯石を除去する「ハンドスケーラー」というものがあります。
ハンドスケーラーを使ってスケーリングを行うこと(ハンドスケーリング)自体に問題はありませんが「施術の仕方」によっては、知覚過敏などを引き起こす原因となってしまうことがあります。

従来のスケーリングの課題

歯石は歯面にがっちりとこびり付いています。
これをハンドスケーラーでガリガリと取り除いていくのがハンドスケーリングですが、やり過ぎると歯石だけでなくその下にあるセメント質までこそぎ落としてしまいます。

セメント質が削り取られると知覚過敏を起こすほか、歯茎の退縮も引き起こしてしまいます。

なお、近年のスケーリングでは「超音波スケーラー」が用いられることが多くなってきましたが、超音波スケーラーにも様々な種類があります。
性能・精度に劣る超音波スケーラーでは、ハンドスケーラー以上にセメント質にダメージを与えてしまうリスクや、歯周ポケットの奥深くまで届かずに歯石を取り残してしまうリスクがあります。そのため、超音波スケーラーも歯周病治療専用の機器を選択する必要があります。

PERIOD.におけるスケーリング

PERIOD.におけるスケーリング

PERIOD.では、歯周病専用の超音波スケーラーを用いてスケーリングを行っています。この超音波スケーラーは微振動なので、セメント質の損傷を最小限に抑え歯石と歯垢を効果的に除去できます。

加えて、「チップ」と呼ばれる先端部分が狭い歯周ポケットにも入りやすい形状をしているため、歯周病ポケット奥深くにある歯石までしっかり除去できます。

最善の機器・手法を組み合わせて、徹底的に細菌を除去するのがPERIOD.です。どうぞお気軽にご相談ください。

03-5220-2100

無料カウンセリング予約