歯周病とは?

歯周病の基礎知識

歯周病は、プラーク(歯垢)に潜む歯周病菌によって歯茎や顎の骨などの歯周組織に炎症が起きる病気です。
痛みなどの自覚症状が乏しいため、症状の進行に気付きにくく、気付いた時にはすでに重症化していることも多いことから、「沈黙の病気(サイレント・ディジーズ)」とも呼ばれています。

最終的には歯が抜けてしまうことも・・・

歯周病と言うと、「歯茎から血が出る病気」というイメージがあるかもしれませんが、もっと深刻な病気であることを認識してください。

歯茎の腫れや出血が代表的な初期症状ですが、進行すると歯を支えている顎の骨が痩せて歯がグラグラになり、最終的には歯が抜け落ちてしまいます。

歯周病が全身に及ぼす影響

歯周病が全身に及ぼす影響

歯周病の影響は口腔内だけにとどまりません。歯周病が進行すると、歯周病菌が血液を介して各臓器へと運ばれ、様々な全身疾患を招くリスクがあります。

近年の研究では、糖尿病を悪化させること、動脈硬化を誘発し心筋梗塞・脳梗塞のリスクが高まること、妊娠中の女性には低体重児出産や早産のリスクが高まることなどが明らかになっています。

日本人が歯を失う原因グラフ

日本人が歯を失う原因の第1位

歯周病は、世界でもっとも患者数が多い病気としてギネスにも紹介されています。
日本人の30歳以上の約8割が歯周病、もしくはその予備軍と言われており、日本人が歯を失う原因の第1位となっています。

※出典:平成17年(財)8020推進財団調査

歯周病の原因

歯周病は、プラークに潜む歯周病菌が原因となって引き起こされる感染症です。
歯周病菌は、多かれ少なかれ誰の口腔内にも存在しており、治療によって一時的に菌そのものを全滅させることはできますが、正しいブラッシングができていなければ再発してしまいます。
その意味で、歯周病の真の原因は「歯周病菌が増殖しやすい口腔内環境をつくってしまうこと」にあると言えます。

歯周病は、かつては老化に伴う疾患だと考えられていましたが、研究が進んだ今日は原因が特定されており、適切な処置によって予防・治療ができることが明らかになっています。
しかしながら、未だにこの事実を知らない歯科医師もおり、それが歯周病患者が増え続けている要因にもなっています。

歯周病の進行段階

歯周病の進行段階

歯周病は痛みなどの自覚症状が乏しく、感染していることに気付きにくい病気です。
人によっては、歯や歯茎に異変を感じて歯医者に行ったら、すでに重度まで進行していたというケースもあります。

歯周病菌は、まず歯茎の炎症や出血を伴う「歯肉炎」を引き起こし、悪化すると、歯を支える顎の骨にまで影響が及ぶ「歯周炎」へと進行します。
この歯周炎は、程度によって「軽度」「中度」「重度」の3つの段階に分けられます。

歯茎の腫れや出血、膿み、また歯のグラつきなどを自覚している方は、まずはご自身がどの段階の歯周病なのか確認してみましょう。

当院の歯周病治療

東京国際クリニック/歯科では、「PERIOD.(ペリオド)」という独自の歯周病治療をご提供しています。

PERIOD.は、歯周病学において世界最高峰であるスウェーデン王立イエテボリ大学の基礎研究に基づいた治療法で、超音波スケーラーやアミノ酸パウダー、レーザーなどを組み合わせて使用することで、歯周病の原因菌を1日で徹底的に除去するのが特徴です。

当院でのみ受けていただける世界基準の歯周病治療です。

歯周病は甘く見ることのできない病気です。

03-5220-2100

無料カウンセリング予約