歯周病とは?

歯周病の基礎知識

歯周病は、プラーク(歯垢)に潜む歯周病菌によって歯茎や顎の骨などの歯周組織に炎症が起きる病気です。
痛みなどの自覚症状が乏しいため、症状の進行に気付きにくく、気付いた時にはすでに重症化していることも多いことから、「沈黙の病気(サイレント・ディジーズ)」とも呼ばれています。

最終的には歯が抜けてしまうことも・・・

歯周病と言うと、「歯茎から血が出る病気」というイメージがあるかもしれませんが、もっと深刻な病気であることを認識してください。

歯茎の腫れや出血が代表的な初期症状ですが、進行すると歯を支えている顎の骨が痩せて歯がグラグラになり、最終的には歯が抜け落ちてしまいます。

歯周病が全身に及ぼす影響

歯周病が全身に及ぼす影響

歯周病の影響は口腔内だけにとどまりません。歯周病が進行すると、歯周病菌が血液を介して各臓器へと運ばれ、様々な全身疾患を招くリスクがあります。

近年の研究では、糖尿病を悪化させること、動脈硬化を誘発し心筋梗塞・脳梗塞のリスクが高まること、妊娠中の女性には低体重児出産や早産のリスクが高まることなどが明らかになっています。

日本人が歯を失う原因グラフ

日本人が歯を失う原因の第1位

歯周病は、世界でもっとも患者数が多い病気としてギネスにも紹介されています。
日本人の30歳以上の約8割が歯周病、もしくはその予備軍と言われており、日本人が歯を失う原因の第1位となっています。

※出典:平成17年(財)8020推進財団調査

歯周病の原因

歯周病は、プラークに潜む歯周病菌が原因となって引き起こされる感染症です。
歯周病菌は、多かれ少なかれ誰の口腔内にも存在しており、治療によって一時的に菌そのものを全滅させることはできますが、正しいブラッシングができていなければ再発してしまいます。
その意味で、歯周病の真の原因は「歯周病菌が増殖しやすい口腔内環境をつくってしまうこと」にあると言えます。

歯周病は、かつては老化に伴う疾患だと考えられていましたが、研究が進んだ今日は原因が特定されており、適切な処置によって予防・治療ができることが明らかになっています。
しかしながら、未だにこの事実を知らない歯科医師もおり、それが歯周病患者が増え続けている要因にもなっています。

歯周病の予防法

歯周病の予防法

歯周病とは、上述のとおり、細菌感染によって引き起こされる病気です。細菌は口腔内のプラークに生息しているため、歯周病の原因はプラークになります。原因がプラークであるなら、歯周病の予防法はただ一つ、口腔内からプラークを除去することであり、プラークを除去するためには毎日の歯磨きが欠かせません。

ここまで読んでいただければ、「歯磨きでプラークを取り除けば歯周病は予防できる」ということが分かるかと思います。しかしながら、毎日歯磨きをしていても歯周病にかかってしまう人は多くいます。それは、なぜなのでしょうか?

歯磨きだけではプラークは取り切れない

口腔内のプラークを取り除くには歯磨きが欠かせませんが、歯磨きだけでプラークを取り切るのは困難です。私たちの口腔内には、歯ブラシが届きにくい箇所があります。奥歯や歯並びの悪い箇所には歯ブラシが届きにくくプラークが残りやすいため、特に歯周病が発症しやすい傾向にあります。

また、「毎日、丁寧に歯磨きをしている」と言う人でも、磨き残しがある人がほとんどだと言えます。これは、自分では丁寧に磨いているつもりでも、実際は長年のブラッシングの癖などがあって自己流の磨き方になっているからです。

歯周病を予防するために必要なこと

歯周病を予防するために必要なこと

これらを踏まえると、まず歯ブラシが届かない箇所のプラークを取り除く必要があります。そのためには、デンタルフロスや歯間ブラシなどのケア用品を用いるのが効果的です。これらは、歯ブラシの弱点を補ってくれるアイテムと言えます。

また、ご自身の歯磨きの癖や磨き残しが生じやすい箇所を認識していただき、改善していただくことが大切です。そのために活用していただきたいのが、歯周病治療を専門とする歯科医院での歯磨き指導(TBI)です。歯磨き指導では、患者さまご自身にプラークコントロールを確立していただけるように、プラークの染め出しを行い、ご自身の磨き方の癖やプラークが残りやすい箇所を認識していただきながら、一人ひとりの患者さまに適したブラッシングを習得していただきます。

定期的なメンテナンスは必須

定期的なメンテナンスは必須

正しいブラッシングを習得していただければ、確実にプラークの磨き残しは減少するはずです。しかし、プラークを100%取り除くことができるわけではなく、ホームケアにはどうしても限界があります。

ホームケアの限界を補うには、歯科医院でのメンテナンスが欠かせません。メンテナンスでは、ホームケアでは取り除くことができない歯周ポケット内のプラークを確実に取り除きます。「毎日の正しいホームケア + 定期的なメンテナンス(プロフェッショナルケア)」の両輪を回すことで、歯周病のリスクを限りなくゼロにすることができます。歯周病にならない人・再発しない人は、この両輪を実践されています。

歯周病の進行段階

歯周病の進行段階

歯周病は痛みなどの自覚症状が乏しく、感染していることに気付きにくい病気です。
人によっては、歯や歯茎に異変を感じて歯医者に行ったら、すでに重度まで進行していたというケースもあります。

歯周病菌は、まず歯茎の炎症や出血を伴う「歯肉炎」を引き起こし、悪化すると、歯を支える顎の骨にまで影響が及ぶ「歯周炎」へと進行します。
この歯周炎は、程度によって「軽度」「中度」「重度」の3つの段階に分けられます。

歯茎の腫れや出血、膿み、また歯のグラつきなどを自覚している方は、まずはご自身がどの段階の歯周病なのか確認してみましょう。

歯周病の症状

歯周病は痛みなどの自覚症状が出にくい病気ですが、ある程度進行すると、以下のような症状が出るようになります。

歯茎から血が出る

歯周病のよくある症状として、歯茎からの出血があります。歯茎が健康な状態なら出血はしませんが、歯周病の進行に応じて、歯磨きをしたときや食事をしたときなどに歯茎から血が出るようになります。

歯茎から膿が出る

歯周病のよくある症状として、歯茎からの排膿があります。歯周病が初期の段階であれば歯茎からの出血程度ですが、中度以上の歯周病になると歯茎から膿が出るようになります。

口臭がひどくなる

歯周病のよくある症状として、口臭があります。誰でもある程度の口臭(生理的口臭)はありますが、歯周病の進行に応じて口腔内に細菌が増殖し、特有の口臭(病的口臭)を発するようになります。

歯が長く見える

歯周病が進行すると、歯が長く見えるようになります。歯周病によって歯茎が痩せて(下がって)くると、健康な状態であれば隠れているはずの歯根が露出してくるため、歯が長く見えるようになるのです。

歯がグラつく

歯周病が進行すると、歯がグラつくようになります。歯周病菌による炎症が顎の骨にまで及ぶと、顎の骨が溶かされます。歯は顎の骨によって支えられているため、顎の骨が溶かされると歯がグラグラしてきます。

当院の歯周病治療

東京国際クリニック/歯科では、「PERIOD.(ペリオド)」という独自の歯周病治療をご提供しています。

PERIOD.は、歯周病学において世界最高峰であるスウェーデン王立イエテボリ大学の基礎研究に基づいた治療法で、超音波スケーラーやアミノ酸パウダー、レーザーなどを組み合わせて使用することで、歯周病の原因菌を1日で徹底的に除去するのが特徴です。

当院でのみ受けていただける世界基準の歯周病治療です。

歯周病は甘く見ることのできない病気です。

03-5220-2100

無料カウンセリング予約

歯周病の症状・原因・治療法などについて、最先端の歯周病治療をご提供する東京国際クリニックがご説明します。ペリオドは、日本の歯周病治療の発展に貢献してきた院長・清水の治療理論・知識が注ぎ込まれた治療。最短1日で歯周病を完治へと導きます。