オレンジリボン運動

オレンジリボン運動

東京国際クリニック/歯科は、子供への虐待のない社会を目指して「オレンジリボン運動」を応援しています。

オレンジリボン憲章の趣旨に賛同し、虐待やネグレクト(養育放棄)といった厳しい環境に置かれた子供たちの明るい未来を応援する目的で、この活動を応援しています。
本活動を通じて、施設へ歯ブラシやマスク等の寄付をおこなっています。

オレンジリボン運動について

オレンジリボン運動は、「子ども虐待のない社会の実現」を目指す市民運動です。オレンジリボンは、そのシンボルマークであり、オレンジ色は子どもたちの明るい未来を表しています。

子ども虐待の防止は、児童相談所や市町村などの公的機関だけ行えるものではありません。わたしたち一人一人が「子育てにやさしい社会」を作ることが、子ども虐待の防止につながります。子ども虐待防止の活動には、さまざまなものがあります。この運動では、子ども虐待防止に賛同される方が、それぞれ胸にオレンジリボンを着けることで、子ども虐待防止の活動に参加していただけるのです。オレンジリボンは、子育てを暖かく見守り、子育てをお手伝いする意志のあることを示すマークなのです。

※引用元:オレンジリボン運動公式サイト(http://www.orangeribbon.jp/about/orange/purpose.php)