骨移植

骨移植とは?

骨移植イラスト

骨移植とは、歯周病の重症化によって顎の骨が溶かされてしまった部分に、自分の骨(自家骨)や人工の骨を移植する治療です。

自分の骨を用いる場合は、移植が必要な部位の近くの歯槽骨(顎の骨)から採取するのが一般的です。

骨移植の利点

骨移植を行う第一のメリットは、顎の骨が溶かされてしまって不整な形態になってしまった箇所に骨がつくられることです。
骨がつくられることで歯茎が盛り上がり、ブラッシングのしやすい環境をつくることができます。適切なブラッシングができるようになれば、プラーク(歯垢)も溜まりにくくなるため、結果として歯周病の進行や再発のリスクを抑えることができるのです。

また、骨が溶かされると歯茎の位置も下がり、歯が長く見えてしまう場合があります。このような見た目の問題も、骨移植で骨がつくられれば再び歯茎が盛り上がるため改善できます。

骨移植レントゲン(術前)

垂直的な骨の吸収が認められます。

骨移植レントゲン(術後)

骨移植後18ヶ月経過し、
骨の再生が確認できます。

当院の骨移植についての考え方

骨移植にはデメリットもあり、すべての症例に適応できるわけではありません。
移植した骨が歯槽骨と結合しないリスクもありますし、移植した骨が吸収されてなくなってしまうリスクも否定できません。

歯周病治療における骨移植の有効性に関しては検証が重ねられていますが、現段階では科学的根拠に乏しいと言わざるを得ません。そのため、骨移植は今後の研究結果の報告をみながら選択していく必要があります。

当院では、メリットがデメリットを上回ることが明らかなケースのみ骨移植を行っています。

最善の機器・手法を組み合わせて、徹底的に細菌を除去するのがPERIOD.です。どうぞお気軽にご相談ください。

03-5220-2100

無料カウンセリング予約