エムドゲイン(歯周組織再生療法)

エムドゲインとは?

エムドゲインイラスト

エムドゲインは、歯周病で溶けてしまった顎の骨や歯根膜などの歯周組織を再生させる歯周組織再生療法の一種です。

「エムドゲイン・ゲル」というタンパク質の一種を歯根の表面に塗ることで、歯が生えてくるときと同じような環境をつくり歯周組織の再生を促します。

エムドゲイン・ゲルの主成分は、「エナメルマトリックスデリバティブ」と呼ばれる、豚の歯胚組織からつくられたタンパク質の一種です。このタンパク質が、歯が生えてくるときと同じような環境を再現し、歯周組織の再生を誘導します。

エムドゲインは、世界の約40ヶ国以上で使用され高い安全性が実証されています。日本国内においては、2002年に厚生労働省の認可を受けています。

歯周病治療におけるエムドゲインの重要性

エムドゲイン症例
※写真の色味を一部抑えた加工をしています

エムドゲインの最大のメリットは、歯周病によって失われてしまった歯周組織(歯槽骨や歯根膜など)を再生させることで、適切なブラッシングがしやすくなり、プラーク(歯垢)や歯石が溜まりにくい形態にできることです。
これによって、歯周病の進行や再発のリスクを低減できます。

また、歯周病によって顎の骨が溶かされ、歯茎が下がることで歯が長く見えてしまうケースがありますが、エムドゲインで顎の骨を再生すれば歯茎も盛り上がるため、見た目の問題も改善されます。

エムドゲインの適応症

垂直性骨欠損

エムドゲインの適応症:垂直性骨欠損

根分岐部病変

エムドゲインの適応症:根分岐部病変

歯肉退縮

エムドゲインの適応症:肉退縮

エムドゲイン治療時の患部の適切なコントロール

エムドゲイン治療をする際、患部を適切にコントロールすることが重要です。
エムドゲインゲルを塗布する患部の出血や軟組織のコントロールに加え、通常とは異なる手技の麻酔や切開法をおこないます。

※注意:血を見ることが苦手な方は、動画の閲覧の際は十分ご注意ください。

エムドゲインの流れ

エムドゲインの流れ:歯茎を切開

(1)麻酔をして、治療部分の歯茎を切開

エムドゲインの流れ:プラーク・歯石を除去

(2)歯根面に付着したプラーク・歯石を除去

エムドゲインの流れ:エムドゲイン・ゲルを塗布

(3)骨が失われた部分にエムドゲイン・ゲルを塗布

エムドゲインの流れ:歯茎を縫合

(4)切開した歯茎を縫合

エムドゲイン動画

エムドゲインによって顎の骨や歯根膜が再生する様子を表したアニメーションです。(ストローマン社)

GTRとの違い

一般的な歯周組織再生療法として、エムドゲインの他にGTR(歯周組織誘導法)という方法があります。
エムドゲインはGTRほど術式が難しくなく、合併症のリスクが少ないのがメリットです。一方、GTRはエムドゲインに比べると術式が難しいため、より高度な専門性が求められます。

最善の機器・手法を組み合わせて、徹底的に細菌を除去するのがPERIOD.です。どうぞお気軽にご相談ください。

03-5220-2100

無料カウンセリング予約