歯周病の症状

歯周病の症状チェック

歯周病の症状チェック

歯周病の厄介なところは、初期の自覚症状が乏しいこと。
そのため、歯周病にかかっていても気付かない方が多く、気付いたときにはすでに症状が進行しているケースが多々あります。これが、歯周病が「サイレント ディジーズ(静かに進行する病気)」と言われる所以です。

以下のような自覚症状が現れたときには、すでに歯周病がかなり進行している可能性があります。
歯周病は、進行すればするほど治療が難しくなり、完治するまでに時間を要します。最悪の場合、歯を抜かなければならないこともあるため要注意です。

以下の4つは歯周病の代表的な症状ですから、一つでも当てはまる場合はお早めにご来院ください。

歯周病の代表的な自覚症状

歯茎から血が出る

歯周病の典型的な症状の一つが歯茎からの出血です。ブラッシングしたときや食事のとき、また何もしていなくても歯茎から出血する場合は、歯周病にかかっている可能性があります。

歯周病の症状「歯茎から血が出る」の詳細はこちら

click

口臭がある

口臭があるからと言って歯周病とは限りませんが、昔に比べ口臭がきつくなってきたと感じるような方は歯周病が疑われます。歯周病による口臭は、歯周病菌の繁殖によって口腔内からニオイが発生しますが、出血があったり膿みが出ていたりする場合はさらにニオイが強くなります。

歯周病の症状「口臭がある」の詳細はこちら

click

歯が長く見える

歯周病になると顎の骨が溶かされます。そうなると、骨の上にある歯茎が痩せて下がり、歯が長く見えるようになります。また、歯と歯の隙間が広がってくるため、食べ物が挟まりやすくなったり、歯が浮いた感じがしたりします。

歯周病の症状「歯が長く見える」の詳細はこちら

click

歯がグラグラする

歯周病にかかると歯を支えている顎の骨が溶かされていき、指で押したときに歯がグラグラするようになります。初期の段階ではそれほどグラつきませんが、歯がグラグラするようであれば、歯周病がかなり進行しているおそれがあります。

歯周病の症状「歯がグラグラする」の詳細はこちら

click

その他、歯茎の異変(歯茎が腫れている・むずがゆい・痛い・膿みが出る・変色している)

その他、歯茎の異変イメージ

歯茎が腫れたり、ブヨブヨとしてやわらかくなったりしている場合は、歯周病菌により歯茎が炎症を起こしていることが疑われます。また、歯周病にかかると歯茎がむずがゆくなったり、膿みが出るようになったり、硬い物を噛んだときに痛みが生じたりするようになります。

その他、歯茎の変色も歯周病のサインの一つです。健康な歯茎はピンク色をしていますが、歯周病になると歯茎が赤くなり、さらに進行すると赤紫と、徐々に歯茎の色が濃くなっていきます。

歯周病を放置していてはいけません。

03-5220-2100

無料カウンセリング予約