歯を抜きたくない方へ

できるだけ歯を残す道を探ります

「歯が抜けてしまったら、インプラントや入れ歯・ブリッジで補う」

――こう考えている方が多いと思います。 この3つ以外にも、歯を補う・残す方法があることを知っている方は、ほとんどいらっしゃらないと思います。

東京国際クリニック/歯科では、可能性がある限り、患者さまご自身の歯を残せるように努めています。
これは、どんなに優れた人工物でも、天然歯にはかなわないからです。もちろん、当院でもインプラント治療を行っておりますが、その前に歯周病治療によって歯を残せる可能性を追求しますし、症状に応じて「歯牙移植」「歯根分割術」といった手法で患者さまご自身の歯を生かす道も探っていきます。

歯牙移植(歯の移植)

ご自身の余っている歯(親知らずなど)を抜歯して、歯を失ったところに移植するのが歯牙移植(歯の移植)です。 歯牙移植は、歯のないところに十分な量の骨があることや、移植する歯が虫歯・歯周病でないこと、移植する歯の根の形態が複雑でないことなどが条件になります。

歯牙移植を行うにあたって注意すべきことは、セメント質(セメント芽細胞)や歯根膜(歯根膜細胞)が生きたままの状態で移植することです。
歯を抜く際にゴリゴリと歯根を傷付けてしまうと、歯根膜やセメント質が死んでしまいます。そうなると、移植したとしても付着が悪く、再度トラブルを起こして十分に機能しなくなってしまうのです。

歯根分割術(ヘミセクション・トライセクション)

歯根分割術とは、歯周病や虫歯などで抜歯が必要になった場合に歯根を分割して、悪いほうの歯根を抜き、使える歯根を残す方法です。

下の奥歯の根は2本足で、上の奥歯の根は3本足になっていますが、歯周病や虫歯によって、そのうちの1本の足が使えなくなってしまう場合があります。その際に、悪い歯根だけを分割して取り除き、健康なほうの歯根は残します。また、欠損した部位に健康な歯根を分割して移植することも行います。

歯根の1/2のみ抜歯する手法を「ヘミセクション」、1/3のみ抜歯する手法を「トライセクション」と言います。歯根が1本失われるため、処置後はブリッジで補うのが一般的です。

ヘミセクション

トライセクション

当院における歯牙移植・歯根分割の考え方

歯牙移植や歯根分割を行う際にもっとも配慮すべきことは、歯根膜細胞とセメント芽細胞を傷付けないように抜歯すること――これに尽きます。

もし損傷した細胞が顎の骨に触れると、その部分は骨性癒着を起こし、移植した歯根は抜け落ちてしまうのです。歯牙移植・歯根分割を成功させるためには、正しい知識と特別な技術が欠かせません。この実績が豊富なのは、当院のアドバンテージの一つだと自負しております。

できるだけ歯を抜かずに歯周病を治す PERIOD.(ペリオド)

東京国際クリニック/歯科の歯周病治療「PERIOD.(ペリオド)」の根底にある考え方は、患者さまご自身の歯を守ること。抜歯はあくまで最終的な処置と考え、歯を残せる可能性がある限り、その可能性を追求します。安易に歯を抜いてインプラントを提案するようなことはありません。

他院で「抜歯するしかない」と言われた重度の歯周病の方でも、PERIOD.(ペリオド)によって歯を維持できた症例が数多くございますので、安心してご相談くださいませ。

患者さまの歯を残せる可能性を追求します。

03-5220-2100

無料カウンセリング予約

歯を抜かない治療法とは?最先端の歯周病治療をご提供する東京国際クリニックでは、歯牙移植や歯根分割術といった手法で患者さまご自身の歯を生かす道を探っていきます。「歯を抜きたくない」方はお気軽にご相談ください。