軽度歯周炎

軽度歯周炎の症状

軽度歯周炎イラスト

・歯茎が赤くなって腫れる
・ブラッシングや食事の際に歯茎の縁(境目)から出血する
・冷たい水がしみることがある
・指で歯を押すと前後に動く

歯肉炎が進行して、さらに細菌感染が進んだ状態です。軽度歯周炎では歯茎の炎症に加え、歯を支える顎の骨が溶かされはじめるのが特徴です。

また、この段階になると、歯周ポケットも徐々に深くなってきます(2~4mm)。歯周ポケットにプラーク・歯石が溜まりやすくなり、放置しておくと中度・重度の歯周炎へと進行していきます。

歯周病によって失われた歯や歯茎、顎の骨は2度と戻ることはありません。当てはまる症状がある方は、すぐに適切な治療を受けていただくことをおすすめします。

軽度歯周炎の症例

症例

軽度歯周炎の症例画像

歯と歯茎のフチがぷっくりと炎症し赤く腫れています。また、出血している箇所もみられます。

レントゲン写真

軽度歯周炎のレントゲン写真

顎の骨が溶かされ、高さがやや下がっているのが分かります。

細菌の状態

健康な状態

軽度歯周炎

軽度歯周炎になると、健康な状態に比べ細菌数の増加が確認できます。
ただし、運動性細菌(歯周病菌)は少なく、主に虫歯の細菌を中心とした構成になっています。

PERIOD.での軽度歯周炎の治療法

軽度歯周炎の治療は、ブラッシングとスケーリング、デブライトメントが中心となります。
専用の器具で歯周ポケットに溜まったプラーク・歯石をしっかりと取り除くとともに、ご自宅でのブラッシングを徹底することで改善・治癒させていきます。

PERIOD.とは?

歯周病は甘く見ることのできない病気です。

03-5220-2100

無料カウンセリング予約

軽度歯周炎について、最先端の歯周病治療をご提供する東京国際クリニック/歯科がご説明します。軽度歯周炎は、歯肉炎が進行して、さらに細菌感染が進んだ状態です。軽度歯周炎では歯茎の炎症に加え、歯を支える顎の骨が溶かされはじめるのが特徴です。