中度歯周炎

中度歯周炎の症状

中度歯周炎イラスト

・歯茎の腫れがひどくなりブヨブヨと腫れぼったくなる
・歯茎からの出血が増える
・歯周ポケットから膿が出る
・口臭が気になるようになる
・歯茎が痩せて、歯が長くなったように見える
・歯が前後・左右にグラつくようになる
・歯が浮いたような感じがして、
 固いものを噛むときに違和感・痛みを覚えることがある

軽度歯周炎より、さらに顎の骨が溶かされた状態です。

歯周ポケットはさらに深くなり(4~6mm)、プラーク・歯石がぎっしりと溜まっています。
この状態まで進行すると歯周ポケットの奥まで歯ブラシの毛先が届かないだけでなく、痛みも感じるのでご自身で歯磨きができず、さらに症状が進行していきます。適切な治療を受けずにいると、症状は悪化していく一方です。

歯周病によって失われた歯や歯茎、顎の骨は2度と戻ることはありません。当てはまる症状がある方は、すぐに適切な治療を受けていただくことをおすすめします。

中度歯周炎の症例

症例

中度歯周炎の症例画像

歯と歯茎のフチが全体的に炎症し、歯茎が退縮している箇所もみられます。

レントゲン写真

中度歯周炎のレントゲン写真

部位によっては歯根の半分ぐらいの位置まで顎の骨が溶かされていることが分かります。

細菌の状態

健康な状態

中度歯周炎

中度歯周炎になると運動性細菌(歯周病菌)の割合が多くなり、特に桿菌(かんきん)と呼ばれる横長の細菌が多いのが確認できます。桿菌は歯肉炎から歯周炎への進行に伴って増える細菌の一種です。

PERIOD.での中度歯周炎の治療法

中度歯周炎においても、プラーク・歯石を除去することが治療の基本になります。
そのため、スケーリングやデブライトメントを中心に行います。ただし、この段階では歯周ポケットが深くなっているため、歯茎の上からの処置だけではプラーク・歯石を完全に除去するのが難しいケースがあります。
その場合は、歯周外科治療(フラップ手術)が必要になることもあります。

PERIOD.とは?

歯周病は甘く見ることのできない病気です。

03-5220-2100

無料カウンセリング予約