歯が長く見える

歯周病の代表的な症状:歯が長く見える

歯周病が進行すると、徐々に顎の骨が溶かされ、その上にある歯茎も痩せて下がってきます。
そのため、以前より歯が長く見えるようになります。

健康な状態

健康な状態

歯周病により歯が長くなってしまった状態

歯周病により歯が長くなってしまった状態

歯茎が下がると、その下がった部分にプラーク(歯垢)が溜まりやすくなり、さらに歯周病を悪化させるという悪循環に陥りがちです。また、歯茎が下がって歯が不自然に長く見えると、審美的にも老けた印象になります。さらに、歯茎が痩せて歯根が露出すると、その部分が虫歯になりやすくなりますし、知覚過敏を引き起こすケースもあります。

なぜ、歯周病になると歯茎が下がるの?

歯周病に感染すると、歯を支えている顎の骨が溶かされていきます。
それに伴い、顎の骨を覆っている歯茎も退縮してくるというのが、歯茎が下がってくるメカニズムです。もう少し厳密に説明すると、以下のような流れになります。

歯周病で歯茎に炎症が起きる

歯茎の奥にある骨が、歯茎の炎症から逃げるように下がっていく
※骨が歯茎の炎症から逃げるように下がるのは、骨に細菌が侵入して骨膜炎や骨髄炎、
敗血症にならないようにするためです。体が自らを防衛するための反応です。

歯茎は骨と一体となって動くため、骨が下がると歯茎も退縮する

歯が長くなる

なお、いったん顎の骨が溶かされてしまうと、再生療法などの治療を受けない限り元に戻ることはありません。

歯茎が下がりにくい部位もある

歯周病が進行すると歯茎が全体的に下がってくるかと言えば、そうではありません。
歯茎には、下がりやすい位置とそうでない位置があります。
骨・歯茎が薄い前歯から犬歯までの部位は歯茎が下がりやすい部位ですが、骨・歯茎が厚い臼歯部は歯茎が退縮しにくい部位です。臼歯部に関しては、歯周病が進行すると歯周ポケットが深くなっていくのが特徴です。

歯茎の退縮に関するQ&A

Q歯茎が痩せてきたら、必ず歯周病なの?

A必ずしも歯周病とは限りません。

歯茎が下がってくる最大の原因は歯周病ですが、必ずしも歯周病とは限りません。
その他の要因としては、乱暴なブラッシングが挙げられます。強い力で歯を磨くクセのある方や、硬い歯ブラシが好きな方は歯茎が痩せやすい傾向にあります。
なぜ歯茎が痩せてきたのかを知るためには、歯科医院での診断が欠かせません。少しでも気になる方は、お早めにご来院ください。

歯が長く見えるのは歯周病が進行しているサインです。

03-5220-2100

無料カウンセリング予約