歯茎の再生治療(結合組織移植術)

歯周病は治ったけど、歯が長く見えるという方へ

歯周病が重度まで進行してしまうと、完治しても歯茎の見た目が損なわれる(歯茎が下がり歯が長く見える)場合があります。

歯茎が長く見える症例

右の写真のように歯が長くなったように見えるため、「完治していないのではないか?」「治療が失敗したのではないか?」と心配に思われる方もいらっしゃいますが、それは違います。

歯茎が長く見える理由

右の写真は、歯周病治療によって歯茎が下がったのではなく、歯周病が完治したことで歯茎の炎症がなくなったため、歯が長くなったように見えるのです。

また、歯周病以外にも歯の破折や位置異常、不適切なブラッシング、根先病巣などでも歯茎が下がり、歯が長く見えるようになることがあります。

歯茎の再生治療とは?

歯茎の見た目を回復するのが、歯茎の再生治療(結合組織移植術)です。
重度の歯周病によって歯が長くなったように見える場合はもちろん、歯の破折や位置異常、不適切なブラッシング、根先病巣などによって歯茎が退縮してしまったケースでも、歯茎の再生治療は可能です。症状と原因を見定めたうえで、適切な再生治療を行っていきます。

歯茎の再生治療症例(術前)

歯茎が退縮し、歯根が露出しています。

歯茎の再生治療症例(術後)

歯茎の再生治療と補綴治療を行いました。

当院が行う歯茎の再生治療

結合組織移植術

結合組織移植術

結合組織移植術とは、主に上顎の奥歯の内側から歯茎を採取して、歯茎が下がっている部分の上皮と骨膜との間に移植する治療です。これにより、痩せてしまった歯茎が補われ、審美性が改善されます。

歯茎の退縮が広い範囲にみられる場合で、自分の口腔内から移植する範囲が大きくなってしまう場合は、やけど治療の際などに使用する皮膚の移植材(無細胞性皮膚基質)を用いて移植する方法もあります。

歯肉弁側方移動術

歯肉弁側方移動術

結合組織移植術のように、他の箇所から歯茎を採取して移植するのではなく、歯茎の位置を移動させて露出した歯根面を覆う「歯肉弁移植術」の一種です。両隣の歯の歯茎を引っ張って移動させるのが、歯肉弁側方移動術です。

歯肉弁歯冠側移動術

歯肉弁歯冠側移動術

結合組織移植術のように、他の箇所から歯茎を採取して移植するのではなく、歯茎の位置を移動させて露出した歯根面を覆う「歯肉弁移植術」の一種です。同じ歯の上の歯茎を引っ張って歯冠側へ移動させるのが、歯肉弁歯冠側移動術です。

最善の機器・手法を組み合わせて、徹底的に細菌を除去するのがPERIOD.です。どうぞお気軽にご相談ください。

03-5220-2100

無料カウンセリング予約