歯周病の治療法

歯周病の治療法一覧

スケーリング

スケーリングイラスト

スケーリングとは、歯面に付着した「歯石」を取り除く治療です。歯科医師や歯科衛生士がスケーラーと呼ばれる専用機器を用いて、歯面に付着した歯石を除去します。

スケーリングの詳細はこちら

click

デブライトメント・ルートプレーニング

デブライトメント・ルートプレーニングイラスト

デブライドメントとは、セメント質を傷つけることなく歯周病の原因となる「プラーク」を取り除く治療です。
ルートプレーニングとは、歯周病菌によって汚染されたセメント質を取り除くとともに、歯根面をなめらかにする治療です。

デブライトメント・ルートプレーニングの詳細はこちら

click

歯周外科治療(フラップ手術)

歯周外科治療(フラップ手術)イラスト

フラップ手術とは、歯槽骨の吸収が進行した重度の歯周病に対して行う外科処置です。歯周病が進行してしまった部位の歯茎を切開し、歯根面に付着しているプラークや歯石を除去します。

歯周外科治療(フラップ手術)の詳細はこちら

click

レーザー治療

レーザー治療イラスト

歯周病におけるレーザー治療とは、レーザーの光や熱によって、歯周ポケット内の歯石を取り除くとともに細菌を死滅させる治療です。

レーザー治療の詳細はこちら

click

歯茎の再生治療(結合組織移植術)

歯茎の再生治療(結合組織移植術)イラスト

重度の歯周病の場合、歯周病が完治しても歯槽骨がすでに溶かされてしまっているため、歯が長く見えるようになるなど、見た目が損なわれてしまう場合があります。歯周病の進行によって損なわれた歯茎の審美性を改善するのが、歯茎の再生治療です。

歯茎の再生治療(結合組織移植術)の詳細はこちら

click

骨移植

骨移植イラスト

骨移植とは、歯周病の重症化により歯槽骨が溶かされ、骨が少なくなってしまった部分に自分の骨(自家骨)や人工骨を移植し、歯槽骨を再生させる治療です。

骨移植の詳細はこちら

click

エムドゲイン(歯周組織再生療法)

エムドゲイン(歯周組織再生療法)イラスト

歯周病で溶けてしまった歯槽骨や歯根膜などの組織を回復させるために行う、歯周組織再生療法の一種です。
「エムドゲイン・ゲル」の主成分は、歯が生えてくる時に重要な働きをするタンパク質の一種です。歯の成長過程に似た環境を再現し、歯周組織を再生させる治療です。

エムドゲイン(歯周組織再生療法)の詳細はこちら

click

GTR(歯周組織誘導法)

GTR(歯周組織誘導法)イラスト

GTRは、歯周病によって溶けてしまった歯槽骨などの歯周組織を再生させる再生療法の一種です。
「GTR」は、メンブレンという膜を歯茎の中に挿入することで、歯肉の侵入を防ぎながら歯周組織の再生を誘導します。

GTR(歯周組織誘導法)の詳細はこちら

click

最善の機器・手法を組み合わせて、徹底的に細菌を除去するのがPERIOD.です。どうぞお気軽にご相談ください。

03-5220-2100

無料カウンセリング予約