歯周病の治療法

歯周病の治療法一覧

東京国際クリニック/歯科の歯周病治療「PERIOD.(ペリオド)」における、具体的な治療法をご紹介します。どの治療法も、長年にわたって歯周病治療に尽力してきた院長・清水の治療理論・知識が注ぎ込まれており、常に最新の研究データに基づいてアップデートされています。歯周病の進行段階や患者さまの口腔内環境に合わせて最適な治療法を選択します。

スケーリング

スケーリングイラスト

スケーリングとは、歯面に付着した「歯石」を取り除く治療です。歯科医師や歯科衛生士がスケーラーと呼ばれる専用機器を用いて、歯面に付着した歯石を除去します。

スケーリングの詳細はこちら

click

デブライトメント・ルートプレーニング

デブライトメント・ルートプレーニングイラスト

デブライドメントとは、セメント質を傷つけることなく歯周病の原因となる「プラーク」を取り除く治療です。
ルートプレーニングとは、歯周病菌によって汚染されたセメント質を取り除くとともに、歯根面をなめらかにする治療です。

デブライトメント・ルートプレーニングの詳細はこちら

click

歯周外科治療(フラップ手術)

歯周外科治療(フラップ手術)イラスト

フラップ手術とは、歯槽骨の吸収が進行した重度の歯周病に対して行う外科処置です。歯周病が進行してしまった部位の歯茎を切開し、歯根面に付着しているプラークや歯石を除去します。

歯周外科治療(フラップ手術)の詳細はこちら

click

レーザー治療

レーザー治療イラスト

歯周病におけるレーザー治療とは、レーザーの光や熱によって、歯周ポケット内の歯石を取り除くとともに細菌を死滅させる治療です。

レーザー治療の詳細はこちら

click

歯茎の再生治療(結合組織移植術)

歯茎の再生治療(結合組織移植術)イラスト

重度の歯周病の場合、歯周病が完治しても歯槽骨がすでに溶かされてしまっているため、歯が長く見えるようになるなど、見た目が損なわれてしまう場合があります。歯周病の進行によって損なわれた歯茎の審美性を改善するのが、歯茎の再生治療です。

歯茎の再生治療(結合組織移植術)の詳細はこちら

click

骨移植

骨移植イラスト

骨移植とは、歯周病の重症化により歯槽骨が溶かされ、骨が少なくなってしまった部分に自分の骨(自家骨)や人工骨を移植し、歯槽骨を再生させる治療です。

骨移植の詳細はこちら

click

エムドゲイン(歯周組織再生療法)

エムドゲイン(歯周組織再生療法)イラスト

歯周病で溶けてしまった歯槽骨や歯根膜などの組織を回復させるために行う、歯周組織再生療法の一種です。
「エムドゲイン・ゲル」の主成分は、歯が生えてくる時に重要な働きをするタンパク質の一種です。歯の成長過程に似た環境を再現し、歯周組織を再生させる治療です。

エムドゲイン(歯周組織再生療法)の詳細はこちら

click

GTR(歯周組織誘導法)

GTR(歯周組織誘導法)イラスト

GTRは、歯周病によって溶けてしまった歯槽骨などの歯周組織を再生させる再生療法の一種です。
「GTR」は、メンブレンという膜を歯茎の中に挿入することで、歯肉の侵入を防ぎながら歯周組織の再生を誘導します。

GTR(歯周組織誘導法)の詳細はこちら

click

歯周病が蔓延する原因

日本における歯周病患者は5人に4人というデータもあり、歯周病は私たち日本人の「国民病」とも言われる病気になっています。これほどまでに歯周病が蔓延する要因はどこにあるのでしょうか?

定期検診を受けない日本人

歯周病が蔓延する要因の一つとして挙げられるのが、私たち日本人の「定期検診受診率の低さ」です。歯周病は初期の自覚症状に乏しいうえ、歯科の定期検診を受ける人も少ないため、「歯周病にかかっているけど気付いていない人」は非常に多くいます。日本人は予防に対する意識が低く、痛みなどの症状が出ないと歯医者に行かない人がほとんどです。

もし歯周病にかかっていたとしても、定期検診を受診することで早期発見できますし、早期治療によってスムーズな完治が期待できます。しかし現状は、以下のような悪循環をたどる人が少なくありません。

  • 定期検診を受診しない。
  • 歯周病であることに気付かない。
  • 放置している間に歯周病が進行する。
  • 症状に気付いて歯科医院に行く。
  • 歯周病が重症化しているため、長期間を要する大がかりな治療が必要になる。

その一方で、歯周病であることを自覚しているものの、完治に至らない人もいます。なぜ、完治に至らないのかと言えば、患者さま自身が「治さない」か、歯科医院が「治せない」かのいずれかです。

患者さま自身が歯周病を「治さない」のはなぜ?

患者さま自身が歯周病を治さない理由の一つに、通院の負担があります。一般的な歯周病治療は口腔内を数ブロックに分け、ブロックごとに治療を進めていくため、半年~1年以上に及ぶ長期間の通院が必要になります。そのため、歯周病が完治する前に治療を中断・放棄してしまう人が多いのが現状です。

また、歯周病治療に「痛い」というイメージを持つ人はたくさんいます。そのため、「歯周病かもしれない・・・」と思っていながら、「痛い治療は受けたくない・・・」と、歯科医院に足が向かない人も多いようです。

歯科医院が歯周病を「治せない」のはなぜ?

お口の病気を治すのは歯科医院の仕事ですが、残念ながら歯周病を治せない歯科医院もあります。第一に、日本には歯周病の専門知識・最新知識を持つ歯科医師が少なく、歯周病治療の先進国であるヨーロッパのように科学的根拠に基づいた治療を提供できる歯科医院が少ないという現実があります。

歯科先進国に後れをとる日本では、専門知識を持たないドクターも歯周病治療を行っており、なかには、誤った知識に基づいた誤った治療をしている歯科医院もあります。このことが、歯周病の蔓延を許す一つの要因となっているのは間違いありません。「歯周病は治らない病気」「一生付き合っていかなければいけない病気」だと言っているドクターもいるほどで、当然ですが、そんなドクターに歯周病を治せるはずがありません。

薬を飲むだけで歯周病は治らない!

具体的に、誤った歯周病治療とはどんな治療なのでしょうか? 分かりやすい例では、薬を飲むだけで歯周病を改善できる「歯周内科治療」が挙げられます。最近、日本では、歯周病を内服薬で治す「歯周内科治療」を行う医院が増えています。

歯周内科治療のロジックは、「抗生物質を使って細菌を死滅させることで歯周病を治す」というものです。理論上、抗生物質で細菌は死滅しますが、現実的に抗生物質で歯周病を治すのが不可能であることは明らかになっています。極端な話ですが、薬を飲むだけで歯周病が治るなら、歯周病患者は一人もいなくなるでしょう。

今、歯周内科治療が注目されているのは、「痛くない」「薬を飲むだけ」といった、患者さまの心理をくすぐるようなメリットを謳っているからです。歯茎を切開して細菌を除去するか、薬を飲んで細菌を除去するかと聞かれれば、誰でも前者を選ぶに決まっています。これはドクター側も同じで、薬を処方するだけで歯周病が治るのなら、それほど簡単な治療はありません。ですが、内服薬で歯周病が治ると思っていると、逆に改善を遅らせることになりかねません。

東京国際クリニック/歯科の歯周病治療「PERIOD.(ペリオド)」

従来の歯周病治療は、長期にわたる通院が必要なうえ、痛みを伴う治療も多くありました。このような課題を克服したのが「PERIOD.(ペリオド)」です。PERIOD.とは、“歯周病(ペリオ)に終止符(ピリオド)を打つ”という思いを込めた、東京国際クリニック/歯科独自の歯周病治療です。

科学的根拠に基づいた歯周病治療

日本には未だに、都市伝説のような歯周病治療を行う歯科医院があります。PERIOD.は、歯周病学における世界最高峰であるスウェーデン王立イエテボリ大学での基礎研究と、ヨーロッパ歯周病学会で検証された治療法をベースにした歯周病治療です。効果が不確かな治療法は排除し、科学的な裏付けがある治療法のみを採用。症状を和らげるだけの中途半端なアプローチではなく、徹底して歯周病を完治まで導きます。

短期間で完治まで導く歯周病治療

従来の歯周病治療は、完治するまでに6ヶ月から1年以上に及ぶ期間を要しましたが、PERIOD.なら最短1日の治療で効果を得ることができます。長期間、歯周病の症状で苦しむことはありませんし、治療のために何度も通院する必要もありません。短期集中的なアプローチで口腔内から歯周病菌を根絶させるのが、PERIOD.の特徴の一つです。

痛くない歯周病治療

従来の歯周病治療は痛みを伴う治療も少なくありませんでしたが、PERIOD.は痛みを最小限に抑えることに成功しました。歯周病専用の超音波スケーラーや超微細なアミノ酸パウダーなどを用いることで、患者さまはほとんど痛みを感じることなく歯周病治療を完了できます。

もちろん、麻酔にも最大限の配慮をしています。PERIOD.では必要に応じて「静脈内鎮静法」と呼ばれる点滴を用いた無痛治療を行っています。また、表面麻酔や麻酔の温度管理などによって、麻酔そのものの痛みを軽減できるように努めています。

静脈内鎮静法とは?

静脈内鎮静法は点滴による麻酔法の一種です。静脈内鎮静法を用いることで、患者さまはウトウトと眠っているような感覚になり、その状態のまま、「気付いたら治療が終わっていた」という効果を得られます。痛みや音、振動などを気にすることなく治療を受けられるため、歯科治療に対する恐怖・不安が大きい方にはおすすめです。

安全・安心の麻酔管理体制

東京国際クリニック/歯科では、日本歯科麻酔学会のガイドラインに則り、安全性の高い麻酔管理体制を整えております。静脈内鎮静法を行う場合は、麻酔担当医がリアルタイムで患者さまの心拍・血圧などを確認し、万全の安全管理体制のもとで治療を進めます。歯科だけでなく医科(東京国際クリニック/医科)も併設しているため、万が一の際も医師・看護師による迅速な対応が可能です。

PERIOD.による歯周病治療の流れ

PERIOD.では、まず専門医によるカウンセリングを行います。その後、オーラルチェックで口腔内を検査して、検査結果をもとに的確な治療計画を立案。ブラッシング指導を行ったうえで歯周病治療をスタートする流れになります。

歯周病を再発を防ぐための「ブラッシング指導」

歯周病は再発リスクの高い病気です。どれだけ完璧に治しても、毎日の歯磨きがきちんとできなければ再発してしまいます。

歯周病の再発を防ぐための基本は、患者さまのブラッシング習慣です。そのため、当院では治療に入る前にブラッシングの重要性を理解していただいたうえ、ブラッシング指導を行っております。「面倒だから歯磨きはしたくない」「全部、歯科医院に任せたい」という姿勢の人は、歯周病が治ったとしても必ず再発してしまいます。PERIOD.を受けるための条件があるとしたら、自己管理ができる人、つまりご自身でしっかりと歯磨きができる人です。

歯周病を再発を防ぐための「メンテナンス」

歯周病の治療後、メンテナンスを受けないでいると、5年後に45%の確率で歯周病が再発するという研究結果があります。これは、メンテナンスの重要性を雄弁に物語るデータだと言えるでしょう。歯周病治療が終わると歯科医院に足を運ばなくなる人がいますが、再発させないためには歯科医院でのメンテナンスが必須です。

PERIOD.では、術後2週間後と4週間後に経過を診察し、その後のメンテナンス間隔を設定します。メンテナンスでは、プラークの付着状態や歯茎の炎症の有無などを検査し、検査結果に基づいて専用の機器でプラークや歯石を除去します。また、ブラッシングがきちんとできているかどうかをチェックして、あらためてブラッシング指導を行います。

最善の機器・手法を組み合わせて、徹底的に細菌を除去するのがPERIOD.です。どうぞお気軽にご相談ください。

03-5220-2100

無料カウンセリング予約

歯周病の一般的な治療法について、最先端の歯周病治療をご提供する東京国際クリニックがご説明します。スケーリング、ルートプレーニング、デブライドメント、歯周外科治療(フラップ手術)、レーザー治療、骨移植、エムドゲイン、GTRなど様々な治療法がございます。