レーザー治療

レーザー治療とは?

レーザー治療イラスト

歯周病におけるレーザー治療とは、レーザーの光や熱によって歯周ポケット内の歯石を取り除くと同時に歯周ポケット内の細菌を死滅させます。

レーザーを用いるメリットは、より狭い歯周ポケットの内部に到達させることができる点です。

歯周病治療におけるレーザー治療の現状

どんな治療分野でも、新しい治療器具が次々と登場してきます。
以前は、レーザーを用いた歯周病治療は優れた効果が得られるとされた論文も発表されましたが、近年の論文では、歯周病治療におけるレーザー治療の評価は低いものになってきています。

とはいえ、レーザー治療にまったく効果がないわけでなく、以下のように、超音波などの器具が届きにくい箇所のプラークや歯石を取り除くケースでは十分に活用することができます。

根分岐部

根分岐部

歯周病が進行すると顎の骨が溶け、歯の根が分かれている箇所(根分岐部)が露出してトンネルができる

→器具が届きにくい

垂直性の骨吸収

垂直性の骨吸収

歯周病が進行すると顎の骨がすり鉢状に溶ける

→狭い先端部分に器具が届きにくい

PERIOD.におけるレーザー治療

「Er:YAGレーザー」によるレーザー治療

PERIOD.では、ヨーロッパ歯周病学会とスウェーデンのナショナルガイドラインで唯一、治療の効果が評価されている「Er:YAGレーザー」を使用しています。
Er:YAGレーザーは、歯石に含まれる水分や黒い色素、ポケット内の水分に反応して治療効果を発揮します。歯石を歯根面から剥がすとともにプラークに含まれる細菌を殺菌します。

多くの歯科医院で、歯周病治療に様々な種類のレーザーや光線力学的療法などの光殺菌治療が用いられていますが、そのいずれも科学的根拠に裏打ちされたものではありません。

レーザー治療風景

当院でも、歯周病の進行程度や部位に応じてレーザーによる治療を採り入れていますが、「レーザーを使用したから歯周病が治る」というわけではありません。
歯周病を治すためには、直接的な原因である「プラーク」を適切に除去することが最優先です。そのため、PERIOD.においては、レーザーはあくまでも補助的な役割であると位置付けています。

最善の機器・手法を組み合わせて、徹底的に細菌を除去するのがPERIOD.です。どうぞお気軽にご相談ください。

03-5220-2100

無料カウンセリング予約