歯がグラグラする

歯周病の代表的な症状:歯がグラグラする

歯がグラグラする症例

歯周病になると歯茎に炎症が起きますが、進行してくると、歯茎の奥にある顎の骨が歯茎の炎症を避けるように溶けていきます。歯を支えている顎の骨が溶けてくると、歯がグラグラ(動揺)するようになってきます。

歯のグラつきが大きいほど、歯周病が進行しているということであり、一般的に動揺度検査によって4段階に分けられます。

動揺度0正常
ほとんど動かない
動揺度1初期の歯周病
歯が前後に動く
動揺度2進行した歯周病
歯が前後・左右に動く
動揺度3重度の歯周病
歯が前後・左右・上下に動く

天然歯の動揺度検査

動揺度3の患者様。歯が大きくグラついているのが分かります。

なぜ、歯周病になると歯がグラグラするの?

私たちの歯の根は、顎の骨と歯根膜(顎の骨と歯根の間でクッションの役割をしてつなぐ組織)によって支えられています。健康な歯でも力が加わるとわずかに動きますが、噛む力に対して歯根膜がクッションの役割を果たすため、0.2mmほどしか動きません(生理的動揺)。

しかし、歯周病が進行して顎の骨が溶かされ、歯根膜が破壊されると、支えを失った歯はグラグラするようになってきます(病的動揺)。歯が大きくグラつくようになると食事をするのも不自由になり、ひどい痛みに襲われるようになるのです。

歯のグラつきに関するQ&A

Q歯のグラつきがひどいのですが、歯を抜かなければいけませんか?

Aいいえ、そうとは限りません。

歯のグラつきがひどい場合は、歯周病が重度まで進行していると考えられます。しかし、重度の歯周病だからと言って、抜歯しなければならないというわけではありません。

当院の歯周病治療「PERIOD.(ペリオド)」は、できるだけ患者さまご自身の歯を残して歯周病の完治を目指す治療です。歯周病が重度まで進行してしまった患者さまでも、PERIOD.を行ったうえで外科処置や歯周組織再生療法を行うことで、歯を残せるケースは多々あります。
自分の歯を残したい方、他院で「抜歯するしかない」と言われた方も、まずは一度ご相談ください。

歯がグラグラするのは重度の歯周病の症状です。

03-5220-2100

無料カウンセリング予約

歯がグラグラするのは歯周病の証?歯周病が進行してくると、歯を支えている顎の骨が溶けていき、歯がグラグラ(動揺)するようになってきます。最先端の歯周病治療をご提供する東京国際クリニックが、歯周病(歯槽膿漏)によって歯がグラグラする症状についてご説明します。

治療法の詳細

  • 歯茎から血・膿が出る
  • 口臭がある
  • 歯が長く見える