歯槽膿漏とは?

歯槽膿漏(しそうのうろう)とは、プラーク(歯垢)に潜む細菌によって歯茎や歯槽骨などの歯周組織に炎症が起きる病気です。歯槽膿漏の厄介なところは、感染していても気付きにくいことです。ある程度、進行しないと自覚症状が出ないケースが多く、逆に言えば、気付いたときにはすでにある程度進行していることが多々あります。歯槽膿漏が「沈黙の病気(サイレント・ディジーズ)」と呼ばれるのは、そのためです。

歯槽膿漏の症状

歯槽膿漏の症状として代表的なのが、「歯茎の腫れ」や「歯茎からの出血」です。これらは歯槽膿漏の初期症状ですが、進行すると「歯茎からの排膿」「口臭の悪化」「歯の動揺」といった症状が現れるようになります。重度の歯槽膿漏を放置していると、最終的には歯を抜かざるを得ない状態にまでなってしまいます。

どんな病気でも同じですが、歯槽膿漏も進行すれば進行するほど治療が難しくなり、完治させるまでに長期間を要するようになります。次のような症状に気付いたときは歯槽膿漏が進行しているおそれがありますので、お早めに歯科医院を受診しましょう。

歯槽膿漏のよくある症状:歯茎から出血する

歯槽膿漏の典型的な症状として、「歯茎からの出血」があります。歯槽膿漏になると、歯磨きや食事のときに歯茎から血が出るようになります。進行すると、何もしていないときでも出血するようになります。歯茎が健康な状態であれば歯磨きをしたくらいでは出血しませんが、歯槽膿漏になると歯茎に炎症が起きているため、出血しやすくなってしまうのです。

健康な状態

健康な状態

歯茎から出血した状態

歯茎から出血した状態

歯槽膿漏のよくある症状:歯茎から膿が出る

膿が出る部位
重度の歯槽膿漏で膿が出ている状態

歯槽膿漏の典型的な症状として、「歯茎からの膿」があります。歯槽膿漏になると歯茎が炎症を起こし、軽度の場合は歯茎から血が出ますが、中度・重度にまで進行すると歯茎から膿が出るようになります。

歯槽膿漏のよくある症状:口臭がきつくなる

口臭

歯槽膿漏の典型的な症状として、「口臭」があります。口臭には様々な原因がありますが、歯槽膿漏に感染すると口腔内に細菌が増殖して、歯槽膿漏特有の口臭が出るようになります。歯槽膿漏が進行すると歯茎から膿が出るようになるため、膿のニオイも混ざってさらに口臭がきつくなります。

歯槽膿漏のよくある症状:歯が長く見える

健康な状態

健康な状態

歯槽膿漏により歯が長くなってしまった状態

歯槽膿漏により歯が長くなってしまった状態

歯槽膿漏の典型的な症状として、「歯茎の退縮」があります。歯槽膿漏が進行すると歯茎が痩せてきます。歯茎が退縮すると、その分、歯の根元部分(歯根)が露出するため、歯が長く見えるようになります。歯茎が下がって歯が長く見えるようになると見た目的にも不自然な印象になりますし、歯根が露出した箇所から虫歯・知覚過敏になりやすくなります。

歯槽膿漏の代表的な症状:歯がグラグラする

歯槽膿漏の典型的な症状として、「歯の動揺」があります。私たちの歯と歯槽骨の間には、「歯根膜」というクッションの働きをする膜があります。そのため、噛んだり指で歯を押したりするとわずかに動きますが、これは「生理的動揺」と呼ばれる自然な現象です。しかし、歯槽膿漏が進行すると歯周組織が破壊され、歯槽骨も細菌から逃げるように溶かされて(吸収されて)歯が大きくグラつくようになります(病的動揺)。

歯槽膿漏が全身に及ぼす悪影響

歯槽膿漏に感染すると、上述のような症状が現れるようになります。上述した症状はいずれも口腔内に現れる症状ですが、近年の研究で、歯槽膿漏は「口腔外」にも悪影響を及ぼすことが報告されています。歯槽膿漏が進行すると、血液を介して細菌が各臓器に運ばれることで、以下のような悪影響が生じることが明らかになっています。

  • 歯槽膿漏と糖尿病が双方に悪影響を及ぼす(歯槽膿漏が悪化すると糖尿病も悪化する。糖尿病が悪化すると歯槽膿漏も悪化する)。
  • 歯槽膿漏は、肺炎などの呼吸器疾患や感染性心内膜炎などの心疾患に悪影響を及ぼす。
  • 歯槽膿漏に感染している妊婦さんは、そうでない妊婦さんに比べると早産・低出生体重児のリスクが高まる。

歯槽膿漏の原因

歯槽膿漏の原因は口腔内の細菌です。この細菌はプラークのなかに生息しています。口腔内にプラークが溜まると、増殖した細菌が毒素を出して歯茎に炎症を起こす――これが、歯槽膿漏の始まりです。

歯槽膿漏予防の鉄則はプラーク除去

歯槽膿漏予防の鉄則はプラーク除去

毎日しっかりと歯磨きをしていないと口腔内にプラークが溜まり、歯槽膿漏にかかりやすくなります。逆に言えば、しっかり歯磨きをしてプラークコントロールされた口腔内を保つことができれば、歯槽膿漏にはならないということです。

しかし残念ながら、プラークがまったく存在しない口腔内を実現できる人はいません。歯槽膿漏にならないために重要なのは、「プラークが溜まりにくい口腔内環境」をつくることだと言えます。毎日の歯磨きに加え、定期的に歯科医院でメンテナンスを受けることが重要です。そうすれば、口腔内のプラーク、細菌を少ない状態にでき、歯槽膿漏が発症リスクを低減できるのです。

歯石は歯槽膿漏の原因になるのか?

歯槽膿漏の原因はプラークに生息する細菌ですから、口腔内からプラークの量を少なくすれば、それだけ歯槽膿漏になりにくくなります。プラークに似た存在として「歯石」がありますが、歯石が歯槽膿漏の原因になるのでしょうか? まずは、プラークと歯石の違いについて解説します。

プラークとは?

プラークとは、虫歯菌などの細菌をはじめとする微生物の固まりのことで、黄白色を帯びていてネバネバした物質です。

歯石とは?

歯石とは、唾液に含まれるカルシウムなどがプラークに沈着し、石灰化して硬くなってしまったもので、死んだ細菌の塊(化石)です。

歯石は死んだ細菌の塊なので、歯石そのものが歯槽膿漏の原因になることはありません。ただし、歯石は表面が凸凹しており、プラークが付着しやすい状態になっています。つまり、口腔内に歯石があるとプラークが溜まりやすくなり、結果的に歯槽膿漏のリスクが高くなってしまうのです。歯槽膿漏を予防するため、また進行を食い止めるためには、プラークとともに歯石も取り除くことが重要です。

歯槽膿漏のリスクファクター

環境因子と宿主因子

歯槽膿漏の原因は細菌ですが、口腔内に同じ数の細菌が存在していても、歯槽膿漏になりやすい人となりにくい人がいます。歯槽膿漏になりやすい人・なりにくい人の違いは、その人にどんなリスクファクターがあるか?ということと深く関わってきます。歯槽膿漏のリスクファクターとしては、歯磨きや喫煙、ストレスなどの生活習慣(環境因子)と、遺伝や糖尿病など自身の体のこと(宿主因子)があります。

歯磨きが不十分な人は歯槽膿漏になりやすい

しっかりと歯磨きができない人は口腔内にプラークが溜まりやすくなります。口腔内にプラークの量が多くなれば当然、歯槽膿漏にかかりやすくなります。

タバコを吸う人は歯槽膿漏になりやすい

タバコを吸うと白血球の機能が低下して、細菌に対する抵抗力が落ちます。そうなると、歯槽膿漏にかかるリスクも高くなります。また、タバコを吸うと毛細血管が収縮して循環障害が起こります。そうなると、歯槽膿漏の治りが悪くなります。

ストレスが多い人は歯槽膿漏になりやすい

ストレスを抱えていると全身の免疫力が下がります。免疫力が低下すれば当然、細菌感染のリスクが高まり、歯槽膿漏にもかかりやすくなります。

遺伝によって歯槽膿漏になりやすい人がいる

重度の歯槽膿漏患者は、両親もしくはどちらか片方の親に重度の歯槽膿漏が確認されることが多いという研究報告があります。歯槽膿漏は細菌感染によって起こる病気なので、親から子に遺伝することはありませんが、歯槽膿漏になりやすい体質は遺伝する可能性があるということです。

糖尿病を患っている人は歯槽膿漏になりやすい

糖尿病になると全身の免疫力が低下して、歯槽膿漏にかかるリスクも高くなります。糖尿病を患っている人はそうでない人に比べ、歯槽膿漏にかかるリスクが2~4倍になるという報告もあります。

歯槽膿漏の治療法

「歯槽膿漏は治らない」「歯槽膿漏は一生付き合っていかなければいけない病気」などと言うドクターもいますが、この認識は明らかに誤っています。歯槽膿漏の原因は細菌だということが分かっているのですから、その原因を取り除けば歯槽膿漏は治ります。

歯槽膿漏の治療では、「いかに細菌を除去するか」「いかに細菌が溜まりにくい口腔内環境をつくれるか」という点が軸になってきます。症状や進行段階に合わせた最適な治療を受けることで、歯槽膿漏は完治するのです。

歯槽膿漏の代表的な治療法:スケーリング

スケーリングとは、歯根にこびり付いた歯石を取り除く治療法です。歯石は歯槽膿漏の間接的な原因になるため、口腔内に残しておくべきではありません。スケーリングでは、歯科医師や歯科衛生士が専用機器を使って歯根面から歯石を除去します。

歯槽膿漏の代表的な治療法:デブライドメント

歯槽膿漏を治すための基本になる治療法がデブライトメントです。デブライドメントとは、歯周ポケットの内部にこびり付いたプラークを取り除く治療法です。無数の細菌が生息するプラークを除去することで、歯槽膿漏を完治へと導きます。

歯槽膿漏の代表的な治療法:歯周外科治療(フラップ手術)

重症化した歯槽膿漏の治療において、よく採用されるのが歯周外科治療(フラップ手術)です。フラップ手術では、歯茎を切開したうえで、歯周ポケットの奥深くの歯根にこびり付いたプラーク・歯石を取り除きます。

歯槽膿漏の代表的な治療法:レーザー治療

レーザーの光や熱によって歯周ポケット内部に溜まった歯石を取り除くとともに、歯周ポケット内の細菌を死滅させるのがレーザー治療です。歯槽膿漏の治療にレーザーを用いるメリットは、狭い歯周ポケットの奥深くまでアプローチできることです。

歯槽膿漏の代表的な治療法:歯茎の再生治療(結合組織移植術)

歯槽膿漏が重度まで進行すると、たとえ完治したとしても歯茎の見た目が損なわれてしまうことがあります。歯槽膿漏の進行によって損なわれてしまった歯茎の見た目を回復するのが、歯茎の再生治療(結合組織移植術)です。

歯槽膿漏の代表的な治療法:骨移植

歯槽膿漏が重傷化すると歯槽骨が溶かされます。溶かされてしまった歯槽骨は、歯槽膿漏が完治しても元には戻りません。骨移植とは、歯槽膿漏の進行によって歯槽骨が溶かされてしまった部分に、自家骨(自分の骨)や人工骨を移植することで失われた骨を再生させる治療法です。

歯槽膿漏の代表的な治療法:エムドゲイン(歯周組織再生療法)

エムドゲイン(歯周組織再生療法)とは、歯槽膿漏の悪化によって溶かされた歯槽骨などの歯周組織を再生させる治療法です。エムドゲインは、タンパク質の一種を歯根面に塗ることで歯周組織を再生させます。

歯槽膿漏の代表的な治療法:GTR(歯周組織誘導法)

GTR(歯周組織誘導法)は、歯槽膿漏の悪化によって溶かされた歯槽骨や歯根膜などの歯周組織を再生させる治療法です。GTRは、歯周ポケット内のプラーク・歯石を除去し、骨がなくなってしまった部分に人工膜を挿入することで歯周組織の再生を誘導します。

歯槽膿漏と歯周病は何が違う?

歯茎から血や膿が出たり、歯がグラグラしたりする病気と言えば、「歯周病」を思い浮かべる方も多いと思います。症状などを見ると、歯槽膿漏も歯周病もほぼ同じですが、両者にはどんな違いがあるのでしょうか?

結論から言えば、歯槽膿漏と歯周病はまったく同じ病気です。歯周病の昔の呼び方が歯槽膿漏であり、その他には何の違いもありません。歯槽膿漏という漢字は、「歯を支えている歯槽骨から膿が漏れる」と書きます。歯周病が悪化すると歯茎から膿が出るようになるため、「歯周病が進行すると歯槽膿漏になる」「膿が出るほどの重度の歯周病のことを歯槽膿漏と言う」などと説明するドクターもいますが、この認識は誤りです。

昔は、「老化すると歯茎から膿が出る」と考えられていたため、歯槽膿漏と呼ばれていましたが、現在では「歯周病の原因は老化ではなく細菌感染である」ことが明らかになっているため、歯槽膿漏という言葉はあまり使われなくなり、歯周病という言い方が一般的になっています。

当院の歯槽膿漏治療

東京国際クリニック/歯科では、「PERIOD.(ペリオド)」という独自の治療法で、歯槽膿漏(歯周病)の治療にあたっています。PERIOD.は、当院でのみ受けていただける世界基準の歯周病治療です。超音波スケーラーやアミノ酸パウダー、レーザーなど、症状に合わせて最適な治療法を組み合わせて提供することで、歯周病の原因菌を1日で徹底的に除去します。

「歯槽膿漏がなかなか治らない」「歯槽膿漏がひどくなってきてつらい」「痛い治療は受けたくない」といった方は、ぜひ当院のPERIOD.をお受けください。

歯槽膿漏は甘く見ることのできない病気です。まずは歯周病の専門医による無料カウンセリングを

03-5220-2100

無料カウンセリング予約

歯槽膿漏の症状・原因・治療法などについて、最先端の歯周病治療をご提供する東京国際クリニック/歯科がご説明します。ペリオドは、日本の歯周病治療の発展に貢献してきた院長・清水の治療理論・知識が注ぎ込まれた治療。最短1日で歯周病を完治へと導きます。