歯茎からの出血・膿

歯周病の代表的な症状として、歯茎から血・膿が出るというものがあります。
一方で、歯茎から血・膿が出ていても、歯周病ではないケースもあります。血が出る場合(出血)と膿が出る場合(排膿)に分けて、詳しく解説していきましょう。

歯周病の代表的な症状:歯茎からの出血

歯周病の典型的な症状の一つが歯茎からの出血です。 歯周病に感染すると、ブラッシングをしたときや食事をしたとき、また何もしていなくても歯茎から血が出ることがあります。

健康な状態

健康な状態

歯茎から出血した状態

歯茎から出血した状態

なぜ、歯周病にかかると歯茎から血が出るのか?

健康な状態の歯茎はブラッシングなどで出血することはありません。 歯周病にかかると、歯茎に炎症が起きます。歯茎には多数の毛細血管が通っているため、そこに炎症が起きていると、ブラッシングや食事などの刺激が加わることで出血してしまうのです。

出血する部位

出血する部位
重度歯周病
歯茎の炎症が進み、自然に出血している状態です

歯周病にかかって歯茎が炎症を起こすと、まず歯茎の縁(境目)から出血が見られるようになります(軽度歯周炎)。進行すると、歯茎の内側(歯周ポケットの奥)からも出血するようになります(重度歯周炎)。

歯周病以外で歯茎から血が出る原因

歯茎からの出血がある場合、第一に歯周病が疑われますが、その他にも考えられる原因がいくつかあります。

外傷(強すぎるブラッシングなど)

歯周病による出血は、「歯周病菌によって歯茎が炎症を起こす → 歯茎から血が出る」というメカニズムですが、外傷による出血の場合、当然ですが歯茎に炎症はありません。あるのは、擦り傷や切り傷です。たとえば、力を入れてゴシゴシと歯を磨く癖がある方は、歯茎が傷付いて出血する場合があります。「力を入れないと磨いた気がしない」という方も少なくありませんが、力の入れすぎは禁物。ブラッシングの目的は歯垢を除去することであり、力加減ではなく、歯垢を確実の取り除けているかどうかが最も重要なのです。

なお、力を入れすぎたブラッシングは「歯肉退縮」を引き起こす原因にもなります。歯肉退縮を起こすと歯の象牙質が露出してしまうので、見た目を損なうのはもちろん、そこが虫歯になりやすくなってしまいます。「歯を磨く」ということは強く磨くということではありません。強すぎるブラッシングは出血以外にも歯肉退縮を起こす原因にもなるため、ブラッシングは適度な力で行うことが大切です。

抗凝固剤

心筋梗塞や脳梗塞などの病気で抗凝固剤を服用している方は、歯周病でなくても歯茎から血が出ることがあります。抗凝固剤は血液を固まりにくくする働きがあるので、当然、口腔内も出血しやすい状態(出血が止まりにくい状態)になります。

全身疾患の既往

あまり多い例ではありませんが、糖尿病や白血病、血友病や血小板減少性紫斑病、再生不良性貧血などを患っている方は、歯周病でなくても歯茎から出血する場合があります。

歯周病の代表的な症状:歯茎からの膿

歯周病の代表的な症状として、出血のほかに「歯茎からの膿」があります。通常、歯周病に感染すると歯茎が炎症を起こし、まず歯茎から出血します。歯周病が進行していくと歯茎から膿が出るようになります。

なぜ、歯周病にかかると歯茎から膿が出るのか?

なぜ、歯周病にかかると歯茎から膿が出るのか?

歯周病に感染すると、私たちの体のなかの免疫細胞(白血球)が細菌(歯周病菌)と戦います。この戦いにより、白血球や歯周病菌の死骸が膿となって排出されます。つまり、膿が出るということは、現在進行形で白血球と歯周病菌との戦いが繰り広げられているということで、今まさに組織破壊が進行している証なのです。病気としての活性度が高く、歯周病の進行段階としては「中度」「重度」が疑われます。

膿が出る部位

膿が出る部位
重度歯周病
歯根が露出し、膿が出ている状態です

通常は歯周ポケットの奥で膿が発生し、歯と歯茎の隙間から排膿(はいのう)します。右の症例は、歯周病が重度にまで進行して骨が溶かされているため、前歯が横に移動してしまっています。歯根が露出して背囊しているのが確認できます。

歯周病以外で歯茎から膿が出る原因

歯周病にかかっていなくても歯茎から膿が出る場合があります。その代表的な原因が、「根尖病巣(こんせんびょうそう)」です。根尖病巣は、歯根の先端に膿が溜まる病気。虫歯が進行して神経が死んでしまうと発症しますし、過去に神経を抜いた歯が細菌感染することでも起こります。

歯周病以外で歯茎から膿が出る原因
歯茎から自然と膿が出ています

根尖病巣は、歯の根の先端に“膿の袋”ができるのが特徴で、その付近の歯茎がぷくっと膨らむことがあります。歯茎の内部で行き場所を失った膿は、この膨らんだ箇所の歯茎に穴を開けて排膿されるのが一般的ですが、歯周病と同様に、歯と歯茎の隙間から排膿する場合もあります。

その他、歯肉膿瘍(しにくのうよう)や、智歯周囲炎(ちししゅういえん)によって歯茎から膿が出る場合もあります。

歯茎からの出血に関するQ&A

Q歯茎から血が出たら、必ず歯周病にかかっているのですか?
A歯周病以外が原因の可能性もあります。歯茎からの出血の原因としてもっとも多いのは歯周病ですが、他にも原因は考えられます。多数の毛細血管が走っている歯茎は出血しやすい部位です。そのため、間違ったブラッシングによって出血するケースもあります。硬い歯ブラシで磨いたり、強い力で磨いたりすると歯茎が傷付いて出血してしまうのです。ただし、この場合の出血は若干血がにじむ程度で、すぐに収まります。出血が続く場合は、歯周病を疑ったほうがいいでしょう。また、ブラッシングの圧力が弱くても出血する場合は、歯周病の可能性があります。
Q不適合な補綴物があると歯茎から血が出やすくなりますか?
Aいいえ、補綴物だけが出血の原因になることはありません。不適合な補綴物(被せ物・詰め物)があるだけで、歯茎から血が出ることはありません。

不適合な補綴物があると歯茎から血が出やすくなりますか?
不適合な補綴物

ただし、不適合な補綴物があると歯周病にかかりやすく、その結果、歯茎からの出血が見られることは多々あります。たとえば、被せ物が歯に合っておらず、歯茎との間に隙間(段差)ができている場合、そこに歯垢が溜まりやすいので歯周病に感染しやすくなります。なお、不適合な補綴物があっても、歯茎との間の隙間(段差)が広ければ歯周病のリスクにはなりません。隙間(段差)が広ければ、逆にブラッシングはしやすくなるので、歯垢も溜まりにくいのです。
ちなみに、不適合な補綴物は「プラーク リテンション ファクター(歯垢の付着を助長する因子)」の一つだとされています。その他、不正歯列や歯石もプラーク リテンション ファクターに該当します。不正歯列だと歯磨きがしにくい=歯垢が残りやすいからです。歯石はそれ自体に毒性はありませんが、表面がザラザラしており、その上に歯垢が付着しやすいからです。
歯周病を予防・治療するには、プラーク リテンション ファクターを除去することが重要になってきます。
Q妊娠したら歯茎から血が出るようになった・・・歯周病ですか?
Aはい、歯周病の可能性があります。妊娠して歯茎から血が出るようになったという方は、歯周病の一種である「妊娠性歯周炎」が疑われます。妊娠性歯周炎は、主に女性ホルモンのバランスが崩れることで起こる、妊婦さん特有の歯周病。歯周病菌のなかには女性ホルモンを好む歯周病菌がおり、妊娠すると女性ホルモンの分泌が増えるため、それらの歯周病菌が繁殖しやすくなってしまうのです。

症状としては、歯茎の腫れや出血が見られるようになります。こういった症状に気付いた妊婦さんは、必ず歯科医院を受診してください。というのも、妊娠性歯周炎にかかっている妊婦さんは、そうでない妊婦さんに比べて、早産のリスクや低出生体重児が生まれるリスクが高まることが明らかになっているからです。
Qタバコを吸う人は歯茎から血が出やすいですか?
Aいいえ、違います。喫煙が原因で歯茎から出血することはありません。タバコを吸う人は末梢血管が収縮して血流が悪くなるので、むしろ出血しにくくなります。一方で、タバコを吸う人は歯周病にかかりやすいという事実はあります。

タバコを吸う人は歯茎から血が出やすいですか?

喫煙をすると白血球が減少するため、歯周病に感染しやすくなります。歯周病にかかったら、歯茎から出血するようになるのが通常です。しかし、喫煙者は末梢血管が収縮しているため、歯周病にかかっていても出血という症状が見られないケースが多々あります(ニコチンの「マスキング効果」)。そうなると、「出血がない」 → 「歯茎の炎症はない」 → 「歯周病ではない」というように、偽陰性(本来は陽性であるのに陰性と誤診されること)につながりやすくなります。つまり、本来なら出血しておかしくない程度まで歯周病が進行しているのに、喫煙者は血が出にくいため、本人もドクターも見過ごしてしまうケースがあるということです。
また、一般的には歯周ポケットが深くなるほど、悪質な歯周病菌が多くなりますが、喫煙者の場合、浅い歯周ポケットにも、重篤な歯周病患者に見られるような悪質な歯周病菌が多く存在することが報告されています。これは、タバコのニコチンに含まれる有害物質によって免疫のメカニズムが壊れ、白血球が機能障害を起こすからです。
Q歯茎から血が出ているときは、歯磨きを控えたほうがいいですか?
Aいいえ、歯磨きを控えるのは逆効果です。歯茎から血が出ているときは、「歯磨きをしたらもっと血が出そう」「刺激を与えると治りが悪くなりそう」という気持ちから、多くの方はブラッシングを控えがちになります。しかし、この判断は正しくありません。歯茎から血が出ているので、歯周病に罹患している可能性があります。歯周病にかかっているとしたら、ブラッシングを控えると逆に進行してしまいます。

歯茎から血が出ているときは歯磨きの力を弱めても構いませんが、歯垢を溜めないようにすることが大切です。ブラッシングの目的は、歯周病の原因である歯垢を除去すること。適度な力で、歯と歯茎の境目を意識して磨くようにしましょう。加えて、フロスや糸ようじ、歯間ブラシも使ったほうが効果的です。痛みが強く、ご自身でブラッシングができないほど症状が進行している場合は、すぐに歯科医院で診てもらいましょう。
Qブラッシングのときに出血したり、しなかったりするのですが、なぜですか?
A歯周病に感染して歯茎に炎症が起きていると、ブラッシングのときや食事のときに歯茎から出血しやすくなります。ただし、出血の程度は、炎症の状態やその日の健康状態などによって変わってきます。歯茎から血が出ない日が続いたとしても歯周病が治ったわけではないので、出血が見られたのであれば歯科医院で診てもらうことをおすすめします。
Q歯茎から血が出ている場合、血を出し切ったほうがいいですか?
Aいいえ、自分で血を出すのはNGです。歯茎から血が出ていると、「血を出し切ったほうが早く治る」と考え、指や舌で押したりして血を出し切ろうとする方もいらっしゃるようですが、これは大きな間違いです。歯周病で歯茎から出血しているのだとしたら、血を出し切ろうとしても何の解決にもなりません。炎症が治まらないどころか逆に悪化させるリスクがあるので要注意です。適切な歯周病治療を受ければ、歯茎の炎症は治まり、出血もなくなります。
Q歯茎から膿が出ている場合、膿を出し切ったほうがいいですか?
Aいいえ、自分で膿を出すのはNGです。「歯茎の膿を出し切れば、もう出なくなる」と考えて、自分で歯茎を押して膿を出す人もいらっしゃるようですが、これは大きな間違いです。歯周病で歯茎から膿が出ているのだとしたら、膿を出し切ろうとしても何の解決にもなりません。膿の原因は、歯周病以外の要因も考えられます。膿の原因を適切に見極め、症状に応じた治療を受けることが大切です。

歯茎の出血・膿から見る歯周病チェック

歯磨き・フロスをするとたまに血が出る

歯周病の可能性は否定できませんが、外傷による出血が疑われます。たとえば、ブラッシングの力が強くなると歯茎に擦り傷・切り傷ができて出血するケースもありますし、フロスを細い歯間に強引に通そうとすると、「バチッ」と歯茎に当たって出血する場合もあります。外傷による出血であれば、ブラッシングの方法やフロスなどツールの使い方を見直すだけで治まります。ただし、歯磨きの圧力が弱くても出血する場合は、歯周病の可能性が高いと言えます。

【想定される歯周病の進行程度】

歯磨き・フロスをするたびに血が出る

歯磨き・フロスをするたびに血が出る歯間ブラシ挿入部位から出血しています

歯周病の可能性があると同時に、歯磨きやフロスの「癖」が原因になっている場合もあります。たとえば、フロスを歯茎の奥まで通す癖のある方は、「ヘミデスモゾーム」という、歯と歯茎を結合しているバリアを剥がしてしまっている可能性があります。このバリアは、剥がれてしまうと再び結合するまでに1週間ほどかかります。もし、毎日フロスで剥がしてしまっているのなら、バリアが治る暇はありません。バリアが破壊されていると、組織として弱いので出血しやすくなるのです。ブラッシングやフロスの癖を改善しても出血が続く場合は、歯周病を疑ったほうがいいでしょう。

【想定される歯周病の進行程度】

歯茎が赤く腫れていて血が出る

歯周病、もしくは根尖病巣(こんせんびょうそう)の疑いがあります。軽度・中度の歯周病では、歯茎が赤く腫れて血が出ることがあります。歯周病でなければ、根尖病巣(こんせんびょうそう)の可能性が考えられます。また、歯周病と根尖病巣を併発しているケースもあります。

【想定される歯周病の進行程度】

膿と一緒に血が出る

歯周病、もしくは根尖病巣(こんせんびょうそう)の疑いがあります。中度・重度の歯周病になると、歯茎から膿が出ることがあります。歯周病でなければ、根尖病巣(こんせんびょうそう)の可能性が考えられます。また、歯周病と根尖病巣を併発しているケースもあります。

【想定される歯周病の進行程度】

何もしていなくても常に血が滲んでいる

歯周病が、かなり進行しているおそれがあります。ブラッシングなどをしていなくても、常に血が滲んでいることを「自然出血」と言います。自然出血があるのは、かなり歯茎の炎症が強い証拠であり、歯周病が重度にまで進行しているおそれがあります。

【想定される歯周病の進行程度】

親知らずから血や膿が出ている

歯周病、もしくは智歯周囲炎(ちししゅういえん)の疑いがあります。親知らずはお口のいちばん奥にあるうえ、斜めに生えていたり、半分埋まっていたりするケースも多いため、歯磨きがしにくく歯垢が残りやすい歯だと言えます。そのため歯周病にかかりやすく、歯周病に感染すると出血・排膿が見られるようになります。歯周病以外の可能性としては、智歯周囲炎(ちししゅういえん)が考えられます。智歯周囲炎とは、親知らず(智歯)周囲の歯茎に細菌が入り込んで炎症を起こす病気。親知らず周囲の歯茎が腫れ、痛み・出血・排膿などの症状が現れます。

【想定される歯周病の進行程度】

歯周病による出血・膿を放置しておくとどうなる?

歯周病による出血や膿を放置しておくと、以下のような症状が見られるようになることがあります。

オーラルチェックでお口の健康診断を

オーラルチェックでお口の健康診断を

歯周病をはじめとする口腔内の病気は、早期発見・早期治療が何より大切です。歯周病や虫歯、噛み合わせの異常などを総合的にチェックできる、お口の健康診断「オーラルチェック」を受けてみませんか? 

当院がもっとも重視しているのは、原因の「根本」を突き止めること。現在の状態を正しく知ることが、治療の成功につながります。治療前に口腔内を詳細に診査・診断することで、一人ひとりの患者さまの症状に適したオーダーメイドの治療計画を立案いたします。

費用:¥10,000(税別)※所要時間:1時間

歯茎からの出血は歯周病のサインです。

03-5220-2100

無料カウンセリング予約

歯茎の出血は歯周病の証?歯周病が進行してくると、ブラッシングをしたときや食事をしたとき、また何もしていなくても歯茎から血が出ることがあります。最先端の歯周病治療をご提供する東京国際クリニック/歯科が、歯周病(歯槽膿漏)による歯茎の出血についてご説明します。

治療法の詳細

  • 口臭がある
  • 歯が長く見える
  • 歯がグラグラする