GTR(歯周組織誘導法)

GTRとは?

GTR(歯周組織誘導法)イラスト

GTR(歯周組織誘導法)は、歯周病によって溶かされた顎の骨や歯根膜などの歯周組織を再生させる歯周組織再生療法の一種です。

GTRは、歯周ポケット内のプラーク(歯垢)や歯石を取り除き、骨がなくなってしまった部分に「メンブレン」という人工膜を挿入することで、歯周組織(歯周組織や歯根膜)の再生を誘導します。

一定期間、メンブレンを入れておくことで、歯茎の侵入を防ぎながら、歯周組織が再生するスペースを確保することができます。

GTRの流れ

GTRの流れ:歯茎を切開

(1)麻酔をして、治療部分の歯茎を切開

GTRの流れ:プラーク・歯石を除去

(2)歯根面に付着したプラーク・歯石を除去

GTRの流れ:人工膜(メンブレン)で覆う

(3)骨が失われた部分を人工膜(メンブレン)で覆う

GTRの流れ:歯茎を縫合

(4)切開した歯茎を縫合

エムドゲインとの違い

GTR症例
※写真の色味を一部抑えた加工をしています

一般的な歯周組織再生療法として、GTRの他にエムドゲインという方法があります。

従来、GTRによる手術は人工膜を除去するために2回の手術が必要でしたが、現在では吸収性の人工膜を用いるため、手術も1回で済むようになりました。しかし、エムドゲインに比べると術式が難しく、メンブレンが露出するなど感染のリスクもあるため、現在ではエムドゲインのほうが多く用いられるようになっています。

最善の機器・手法を組み合わせて、徹底的に細菌を除去するのがPERIOD.です。どうぞお気軽にご相談ください。

03-5220-2100

無料カウンセリング予約