歯肉炎と歯周病の違いとは?症状や原因について | 歯周病治療ペリオド | 東京国際クリニック/歯科

東京国際クリニック / 歯科

科学的根拠に基づいた歯周病治療

 

MENU

CLOSE

 

MENU

CLOSE

CLOSE

 

MENU

CLOSE

無料カウンセリング・ご予約はこちら

TEL:
03-5220-2100

受付時間 / 10:00〜19:00(平日、第3土曜日)

CLOSE

 
 

歯肉炎と歯周病の違いとは?症状や原因について

「歯肉炎」と「歯周病」って何が違うの?

歯肉炎とは?

歯肉炎とは、歯周病になる前の段階のことで、歯茎に軽度の炎症が起きている状態です。詳しくは後述しますが、歯肉炎の原因はプラーク(歯垢)です。口腔内にプラークが溜まると、プラークに潜んでいる歯周病菌が出す毒素によって歯茎が炎症を起こすのです。

歯肉炎と歯周病の違い

歯肉炎と歯周病は、病気としての進行度合いや症状が異なります。最初に歯肉炎になり、歯肉炎を放置していると歯周病へと進行していきます。歯肉炎と歯周病の大きな違いは、以下の3点です。

■炎症がどこまで進行しているかの違い

歯肉炎は、炎症が歯茎(歯肉)だけに留まっている状態です。一方で、歯周病は炎症が顎の骨や歯根膜にまで及んでいる状態です。

■症状の違い

歯肉炎になると、歯茎が赤く腫れたり、ブラッシングをしたときに歯茎から出血したりします。一方で、歯周病へと進行すると、歯茎の腫れや出血だけでなく、「歯茎から膿が出る」「口臭がきつくなる」「歯がグラグラする」といった症状が出てきます。

■歯周ポケットの深さの違い

歯周ポケットとは、歯と歯茎の隙間のことです。一般的に、歯茎の炎症がひどくなるほど歯周ポケットが深くなっていきます。歯肉炎のうちは歯周ポケットは浅いものの、歯周病へ進行すると歯周ポケットが深くなっていくということです。

歯周ポケットの深さは、歯科医院でのプロービング検査によって測定できます。プロービング検査では、「プローブ」という専用機器を使って歯周ポケットの深さを測ります。歯周ポケットが2mmより浅ければ健康な状態だと考えられますが、歯茎の腫れや出血などの症状がある場合は歯肉炎にかかっているかもしれません。

歯周病へと進行すると、歯周ポケットは2mm以上になります。歯周病は3つの段階に分類されますが、それぞれ歯周ポケットの深さは以下が基準とされています。

・軽度の歯周病(軽度歯周炎):2~4mm
・中度の歯周病(中度歯周炎):4~6mm
・重度の歯周病(重度歯周炎):6mm以上

歯肉炎・歯周病の進行段階

上述のとおり、歯肉炎と歯周病では進行度合いや症状が異なります。もっとも症状が軽い歯肉炎から歯周病へと進行していくまでを、進行段階別にご説明します。

■歯肉炎

口腔内にプラークが溜まると、プラークに潜む細菌が出す毒素によって歯茎が炎症を起こします。これが、歯肉炎という病気のメカニズムです。歯肉炎になっても痛みはありませんが、歯茎が赤く腫れたり、歯磨きをすると出血したりします。

■軽度の歯周病(軽度歯周炎)

歯肉炎を放置していると、軽度の歯周病(軽度歯周炎)へと進行します。歯茎の炎症が進み、歯肉炎のときより腫れや出血が目立つようになります。痛みはまだありませんが、歯周ポケットが深くなっていき、歯を支える顎の骨が溶かされはじめるのが特徴です。

■中度の歯周病(中度歯周炎)

中度の歯周病(中度歯周炎)へと進行すると、歯茎の炎症がさらに進み、歯周ポケットはより深くなっていきます。歯茎からの出血のほか、「歯茎から膿が出る」「口臭がきつくなる」といった症状も見られるようになるのが特徴です。また、顎の骨が減って歯がグラグラするようになるため、痛みも生じます。

■重度の歯周病(重度歯周炎)

重度の歯周病(重度歯周炎)になると、歯周ポケットは6mm以上になり、歯周ポケットの奥深くにプラークや歯石がびっしりと溜まります。顎の骨が大きく溶かされてしまうため、歯が激しくグラグラするようになります。痛みもひどくなり、食事をするのも不自由になる、いわば末期の状態です。

歯肉炎の原因

歯肉炎の原因
歯肉炎の直接的な原因は、口腔内に溜まるプラークです。プラークに潜む原因菌によって、歯茎に炎症が起きます。歯肉炎のメカニズムを簡単に説明すると、以下のようになります。

→ 日々の歯磨きの精度が低いと、口腔内にプラークが溜まる。
→ 口腔内のプラークが増えてくると、プラークに潜む歯周病菌も増殖する。
→ プラーク内に増殖した歯周病菌が出す毒素によって歯茎が侵され、歯肉炎を発症する。

逆に考えると、口腔内にプラークがなければ歯肉炎にはなりません。ですが、口腔内のプラークを常にゼロにしておくのは現実的に難しいため、できるだけプラークが少ない口腔内環境を維持することを心がけましょう。毎日のブラッシングをサボりがちだと口腔内環境は悪化しがちで、歯肉炎になるリスクも高くなってしまいます。

ちなみに、プラークの中には様々な種類の細菌が生息しています。当然、虫歯菌も生息していますので、プラークが溜まると歯肉炎だけでなく虫歯になるリスクも高くなります。お口の健康維持を考えた場合、プラークは最大の邪魔者だということです。

■薬の副作用による歯肉炎

薬の副作用によって歯茎の組織が過剰増殖(過形成)することがありますが、その結果、プラークが溜まりやすくなり歯肉炎を招くケースがあります。歯茎の組織の過剰増殖(過形成)を起こす薬としては、高血圧の治療に使われる「降圧剤」や、けいれんを止める「抗てんかん薬」などが挙げられます。また、経口避妊薬や注射用避妊薬が歯肉炎を悪化させることが指摘されています。歯肉炎がなかなか治らない場合は、内服している薬を確認しなければいけません。

■ビタミンC欠乏症による歯肉炎

ビタミンCの摂取が極度に不足することで様々な症状を引き起こす「ビタミンC欠乏症(壊血病)」という病気があります。ビタミンC欠乏症によって引き起こされる症状の一つが歯肉炎です。ビタミンCは体内のコラーゲンを生成し、荒れた粘膜を回復させる働きがありますが、不足すると毛細血管の結合力が弱まり、少しの刺激でも歯茎が出血しやすくなります。ビタミンC欠乏症は、果物や野菜、またビタミンCのサプリメントを積極的に摂取することで治療できます。

■白血病による歯肉炎

白血病は「血液のがん」と言われる病気で、遺伝子変異を起こした造血細胞(白血病細胞)が骨髄で増殖することで正常な造血が阻害されます。造血が阻害され正常な血液細胞が減少すると感染症や貧血、出血などが起こりやすくなり、歯肉炎(白血病性歯肉炎)を招くケースもあります。白血病性歯肉炎では、歯肉が赤く変色して出血しやすくなります。また、白血病患者は血液が凝固しにくいため、出血が数分以上続くことも少なくありません。

■再生不良性貧血による歯肉炎

再生不良性貧血とは、骨髄にある造血幹細胞が減少することによって、血液中の白血球、赤血球、血小板のすべてが減少する病気です。白血球が減ることで発熱や咳など感染症の症状が現れ、赤血球が減ることで動悸や息切れ、めまい、疲れやすさ、頭重感などの貧血症状が現れます。また、血小板が減少することで易出血性(アザができやすい)のほか、歯肉から出血する歯肉炎の症状が現れることがあります。

■糖尿病による歯肉炎

歯周病は「糖尿病の合併症の一つ」と言われることがあり、実際に、糖尿病患者はそうでない人に比べて歯肉炎・歯周病に罹患している人が少なくありません。糖尿病にかかっている人は歯肉炎・歯周病にかかるリスクが高く、逆に歯肉炎・歯周病に感染すると糖尿病が悪化しやすくなることは、様々な研究結果によって明らかになっています。また、歯肉炎・歯周病を治療することで血糖値が改善し、糖尿病も改善につながるという報告があり、この2つの病気は双方向に影響を及ぼす関係にあることが分かっています。

歯石も歯肉炎の原因になる!?

歯石は、プラークが石灰化して硬くなったものです。歯石は死んだ細菌の塊なので、歯石そのものが歯肉炎の原因になることはありません。ですが、口腔内に歯石があるとプラークが溜まりやすくなるという問題点があります。歯石の表面はザラザラしているので、どうしても歯石の表面にはプラークが付着しやすいのです。

つまり、「歯石が多い人はプラークが溜まりやすい」→「歯肉炎のリスクが高い」ということになります。歯石は、歯肉炎の間接的な原因になります。歯肉炎の発症・進行を抑えるためには、プラークとともに歯石を取り除くことも大切です。

生活習慣によって歯肉炎になる!?

上述のとおり、歯肉炎の直接的な原因はプラークです。しかし、以下のような生活習慣も歯肉炎を引き起こす間接的な原因になるので要注意です。

■ブラッシング

歯磨きをサボりがちだったり、歯磨きが雑になったりすると、口腔内にプラークが溜まります。そうなると、歯肉炎を発症しやすくなります。一方で、正しいブラッシングが習慣化できている人は、口腔内のプラークが少ない状態をキープできるため、歯周炎になるリスクも低いと言えるでしょう。
なお、「お酒が歯肉炎の原因になる」と考えている人もいますが、アルコールによって歯肉炎を発症するというデータはありません。しかし、一歩踏み込んで考えてみると、お酒を飲むと歯磨きがおろそかになるというケースはあると思います。お酒を飲んで帰った日、歯を磨かずに寝てしまった経験はないですか? お酒を飲んだ翌朝、二日酔いで歯磨きができなかった経験はないですか? 「お酒で歯磨きがおろそかになる」→「プラークが溜まる」→「歯肉炎になる」という悪循環は考えられるので、心当たりのある方は注意しましょう。

■タバコ

タバコを吸うと白血球の機能が低下するため、あらゆる細菌に対する抵抗力が下がります。そのため、非喫煙者より喫煙者のほうが歯肉炎になるリスクが高くなります。また、タバコを吸っている人は、歯肉炎にかかっていてもその症状に気付きにくく、歯周病に進行するのを許してしまうケースが多々あります。なぜなら、タバコに含まれるニコチンが毛細血管を収縮させ、歯茎から出血しにくくなるからです。歯肉炎・歯周病にかかりたくないと思うなら、禁煙は必須です。

■ストレス・疲れ

ストレスを溜めていたり、疲れていたりすると、誰でも免疫力が低下して細菌に感染しやすい状態になります。そのため、歯肉炎にかかるリスクも高くなります。十分な睡眠と適度な運動を心がけ、ストレス・疲れを溜めない生活を心がけましょう。

■歯冠周囲炎

歯冠周囲炎とは、埋伏歯(完全に生えきっておらず、一部が歯茎に埋もれている歯)の周辺に起こる歯肉炎のことです。完全に生えきっていない歯には歯茎が被さっていますが、その隙間に食べカスやプラークが溜まりやすいため、周囲の歯茎が炎症を起こしやすくなってしまいます。歯冠周囲炎は特に親知らずの周辺に起こりやすく、特に下顎の親知らずによく見られます。歯冠周囲炎がひどくなると、感染が喉や頬まで広がってしまうことがあるので注意が必要です。

勘違いされやすいケース

■ウイルス感染

まれに、ウイルス感染によって歯肉炎のような症状が現れるケースがあります。たとえば、ヘルペス性歯肉口内炎は、歯茎など口腔内の部位がヘルペスウイルスに感染して起こります。歯茎が鮮やかな赤色に変色し、口腔内に多数の白色や黄色の小さなただれができるのが特徴です。

■真菌感染

真菌感染によって歯肉炎のような症状が現れるケースがあります。口腔内にはごく少数の真菌が生息していますが、何らかの原因で口腔内の真菌が増えることがあります。口腔カンジダ症は真菌感染の一つで、カンジダ菌の異常増殖によって起こります。歯茎に白や赤の斑点ができ、ふき取ると出血するのが特徴です。

歯肉炎の症状

歯肉炎の症状
歯肉炎の代表的な症状は以下の2つです。

・歯茎が炎症を起こして赤く腫れる。
・ブラッシングの際に出血することがある。

痛みなどの分かりやすい症状が出ないため、気付きにくい病気だと言えます。実際に、歯肉炎にかかっていても気付いていない人は少なくありません。しかし、歯肉炎を放置していると、上述のとおり「軽度歯周炎」「中度歯周炎」「重度歯周炎」と徐々に進行していきます。そうなると、腫れや出血だけでなく、歯茎から膿が出たり、口臭がひどくなったりと、厄介な症状に悩まされるようになっていきます。

■Q:歯茎から血が出ますが、歯肉炎ですか?

歯肉炎にかかると歯茎に炎症が起きるため、歯茎から出血するようになります。歯肉炎の場合、ブラッシングのときに歯茎から血が出るのが典型的な症状です。一時的な出血であれば心配はありませんが、しばらく出血が続くようであれば歯肉炎(もしくは歯周病)の可能性があるので、歯科医院を受診したほうがいいでしょう。また、何もしていなくても歯茎から出血している場合は、重度の歯周病のおそれがあるため、早めの受診をおすすめします。歯茎からの出血については、以下の記事で詳しく解説していますのでぜひ参考にしてください。

■Q:歯茎が赤く腫れていますが、歯肉炎ですか?

「歯茎が赤く腫れている=歯肉炎」とは限りませんが、その状態がしばらく続くようであれば歯肉炎が疑われます。歯肉炎の段階であれば、毎日の歯磨きでプラークを取り除くことができれば治癒させることが可能です。しかし、口腔内環境を改善できないと歯周病へと進行して、歯茎からの出血・排膿や口臭などの症状が出てきます。厄介な症状に悩まされたくないのであれば、歯肉炎の段階でストップをかけることが重要です。歯肉炎を歯周病にしないための取り組みについては、以下の記事で詳しく解説していますので参考にしてください。

■Q:歯茎がむずかゆいのですが、歯肉炎ですか?

歯肉炎の段階では、歯茎がむずがゆくなることはあまりありません。しかし、歯周病に進行している場合は、歯茎がむずがゆくなることがあります。ただし、食物アレルギーや金属アレルギーで歯茎がむずがゆくなるケースもあるため、一概に歯周病が原因とは言えません。いずれにしても、心配な場合は一度、歯科医院を受診しましょう。歯茎がむずがゆくなる原因や治療法については、以下の記事で詳しく解説していますのでぜひ参考にしてください。

■Q:歯茎から膿が出るのですが、歯肉炎ですか?

歯肉炎の主な症状は、歯茎の腫れや出血です。歯茎から膿が出ている場合は、すでに歯肉炎の段階を通り越して中度以上の歯周病になっている可能性があるため、早めに歯科医院を受診しましょう。なお、歯茎から膿が出る原因は歯周病だけではなく、根尖病巣(こんせんびょうそう)や歯根嚢胞(しこんのうほう)といった病気も疑われます。歯茎からの膿については、以下の記事で詳しく解説していますので参考にしてください。

■Q:最近、口臭が強くなった気がするのですが、歯肉炎ですか?

中度以上の歯周病の場合、口臭がきつくなります。口臭が強くなったと感じるのであれば、歯肉炎ではなく中度以上の歯周病へと進行している可能性が高いです。ただし、口臭を引き起こす原因は歯周病以外にも考えられます。口臭が気になる方は、一度、歯科医院を受診してみましょう。口臭の原因や対策については、以下の記事で詳しく解説していますのでぜひ参考にしてください。

歯肉炎の治療法

歯肉炎の治療法
歯肉炎になると歯周組織に炎症を起こしますが、炎症はまだ歯茎だけに留まっており、顎の骨へは及んでいません。そのため、原因であるプラークをしっかりと除去できれば完治します。歯科医院でも、基本的にブラッシング指導を中心に、口腔内環境を改善する治療をおこないます。

歯磨きは自分でできる唯一の治療

歯肉炎が歯周病に進行してしまったら、歯科医院で治療を受けなければ治りませんが、歯肉炎の段階であれば歯磨きだけで治すことができます。ブラッシングは、自分でできる唯一の治療だと言っても過言ではありません。

ブラッシングで重要なことは、磨く回数や磨くタイミングではなく、プラークを取り除けているかどうかということ。というのも、多くの方は歯を「磨いているけど磨けていない」からです。実際に、一般の方のブラッシングでは、口腔内全体の6~7割の磨き残しがあることが明らかになっています。つまり、3~4割しか磨けていないということです。

歯肉炎の段階であれば、歯科医院に行かなくてもブラッシングだけで治すことができると申し上げましたが、これは「自分で正しいブラッシングができて、プラークをしっかり除去できること」が前提になります。毎日歯を磨いていても、プラークをしっかり落とせていなければ、歯肉炎が治らないどころか歯周病へと進行していまします。歯磨きに自信のない方は、一度、お近くの歯医者さんに足を運び、ブラッシング指導を受けてみましょう。

歯周病になる前に治す!

歯肉炎になってしまった場合、心がけたいことは「歯肉炎の段階で治してしまうこと」です。放置していると歯周病へと進行してしまいますし、歯周病が重症化してしまうと長期間の通院が必要になり、費用の負担も大きくなっていきます。歯肉炎から歯周病へと進行してしまう「悪循環」の例を見てみましょう。

歯磨きがいい加減なAさんは、ある日、歯茎からの出血に気付きました。
→ 「大したことはないし、すぐに治るだろう!」

歯茎からの出血がひどくなってきました。
→ 「仕事が忙しくて歯医者に行く時間もないし、お金ももったいないし・・・」

歯茎から膿が出て、口臭が強くなってきました。
→ 「これはまずい・・・嫌だけど歯医者に行かなくちゃ・・・」

歯科医院で、中度歯周炎の診断を受けました。以降、毎週のように歯科医院へ通い、歯茎を切開する手術も受け、3ヶ月後にやっと歯周病は治りました。
→ 「こんなことになるのなら、もっと早く歯医者に行っておけばよかった・・・毎日ちゃんと歯磨きをしておけばよかった・・・」

Aさんは、歯茎からの出血に気付いた時点で歯科医院に行っていれば、長期間にわたる通院も必要なかったはずですし、費用負担も少なく済んだはずです。どんな病気にも言えることですが、重要なのは「予防」すること。もし予防できなかった場合も、「早期発見・早期治療」をすることが大切です。

歯肉炎が歯周病に進行してから治療するより、歯肉炎のうちに治したほうが治療期間も短く済みますし、費用負担も少なく済みます。「面倒くさい」「時間がない」と歯科医院に行くのを後回しにしていると、歯周病へと進行してしまいますので、早めの対処を心がけましょう。

歯肉炎は薬で治る!?

世の中には、「歯肉炎に効く」と謳っているうがい薬や歯磨き粉、抗生剤などがたくさんあります。「できれば歯医者には行きたくない」「市販薬を使って自分で治したい」という気持ちも分かりますが、残念ながら、市販の薬や口腔ケアグッズだけで歯肉炎が治ることはありません。

繰り返しになりますが、「歯肉炎を治すには、原因であるプラークを除去する必要があるということ」、そして、「プラークは、歯磨きなどの道具を使って物理的に力を加えなければ除去できないということ」は、ぜひ知っておいてください。市販薬などに頼って、しっかり歯磨きをしない人は歯肉炎は治りません。

「歯肉炎・歯周病が市販薬で治るのか?」というテーマについては、以下の記事で詳しく解説していますので参考にしてください。

歯肉炎の予防法

歯肉炎の予防法
歯肉炎を予防するためには、原因であるプラークを溜めないことが重要です。とはいえ、しっかり歯磨きをしていても、プラークを「ゼロ」にすることはできません。歯の隙間や歯周ポケットの内部には歯ブラシが届かず、どうしても磨き残しができてしまいます。このような磨き残しを少なくするには、定期的に歯科医院でメンテナンスを受けることが重要です。メンテナンスを受ければ、歯磨きでは取り除けない歯周ポケット内部のプラークや歯石を除去できます。
自宅でのブラッシングや歯科医院でのメンテナンスなど、歯肉炎の予防法については、以下のページで詳しく解説していますのでぜひ参考にしてください。

■Q:歯肉炎を予防するため、気を付けたほうがいい食べ物はありますか?

口腔内の細菌は甘いものを好み、主に甘いものを栄養源としてプラークを生成します。また、やわらかい食べ物の多くは粘着力があるため、口腔内に食べカスが残りやすくなります。つまり、甘い食べ物・やわらかい食べ物を好む人は、口腔内にプラークを増殖させやすいと言えます。歯槽膿漏を予防するためには、甘いもの・やわらかいものを控えるなど、食生活を見直すことが大切です。

■Q:歯肉炎を予防するため、歯磨き粉はどんなものを使えばいいですか?

様々な効果を謳った歯磨き粉が市販されていますが、「この歯磨き粉を使えば歯肉炎を予防できる」というものはありません。歯肉炎を予防するうえで重要なのは、歯磨き粉よりむしろ磨き方です。丁寧にブラッシングをして、磨き残しをなくすことができれば歯肉炎にはなりません。極端な話をすれば、プラークをしっかり落とせるなら、歯磨き粉など使わなくてもいいのです。

なお、虫歯予防を重視するのであれば、「フッ素入り」の歯磨き粉を選ぶのがいいでしょう。フッ素には、歯の表面を強化する働きがあるため、虫歯予防に一定の効果が期待できます。

よくある質問

歯周病を治さないでいると、どうなるのでしょうか?

 

歯周病を放置していると歯を支えている顎の骨がどんどん溶かされていき、最終的には歯が抜け落ちてしまいます。また、歯周病菌が血流に乗って全身を巡ることで、様々な全身疾患の引き金になることが分かっています。たとえば、糖尿病が悪化したり、脳梗塞や心筋梗塞を引き起こしたりすることがあるので、注意が必要です。その他、誤嚥性肺炎や骨粗鬆症、腎炎や関節炎の原因になるほか、妊婦さんの場合は、早産や低体重児出産のリスクが高くなることも明らかになっています。
>歯周病治療の流れ

歯周病治療は、具体的にどのようなことをするのでしょうか?

 

歯周病治療の基本は、原因であるプラークや歯石を取り除く治療が中心になります。軽度の歯周病であれば、スケーリングやデブライドメントなどの非外科処置でプラーク・歯石を取り除いていきます。歯周病が中度や重度にまで進行している場合は、歯周ポケットの奥深くにまでプラーク・歯石がこびり付いているため、歯茎を切開してプラーク・歯石を除去する外科処置をおこなう場合もあります。歯周病治療の詳細は以下のページをご覧ください。
>歯周病治療の流れ

この記事をシェアする

監修者情報

公開日:2019年10月28日

更新日:2021年9月16日

清水智幸 東京国際クリニック/歯科 院長

清水智幸(しみずともゆき) 
東京国際クリニック/歯科 院長

歯学博士。日本歯科大学卒業後、近代歯周病学の生みの親であるスウェーデン王立イエテボリ大学ヤン・リンデ名誉教授と日本における歯周病学の第一人者 奥羽大歯学部歯周病科 岡本浩教授に師事し、ヨーロッパで確立された世界基準の歯周病治療の実践と予防歯科の普及に努める。歯周病治療・歯周外科の症例数は10,000症例以上。歯周病治療以外にも、インプラントに生じるトラブル(インプラント周囲炎治療)に取り組み、世界シェアNo.1のインプラントメーカー ストローマン社が開催するセミナーの講師を務めるなど、歯科医師の育成にも力を入れている。

RESERVATION

無料カウンセリング・ご予約はこちら

PERIOD.なら歯周病菌を
徹底的に除去できます。
まずは歯周病の専門医による
無料カウンセリングを。

電話受付10:00~19:00(月〜金曜、第3土曜日)

診療時間
10:00~19:00

最終受付 18:00 ※土日祝日は休診
(ただし、第3土曜日は診療)

JRをご利用の方

「東京駅」八重洲南口より徒歩8分

「有楽町駅」京橋口より徒歩5分

東京メトロをご利用の方

有楽町線「有楽町駅」D9出口より徒歩4分

有楽町線「銀座一丁目駅」6番出口より徒歩1分

銀座線「銀座駅」A13出口より徒歩5分

銀座線「京橋駅」3番出口より徒歩3分

ACCESS MAP

アクセスマップ

東京国際クリニック / 歯科

院長:清水智幸

〒104-0061 東京都中央区銀座1-5-6 
銀座レンガ通り福神ビル5F

TEL:03-5220-2100