精密保存治療 | 歯周病治療ペリオド | 東京国際クリニック/歯科

東京国際クリニック / 歯科

科学的根拠に基づいた歯周病治療

 

MENU

CLOSE

CLOSE

 
 

私たちの考える歯科治療

できるだけ歯を残す
精密保存治療

MICRO ENDO

CONCEPT

進行した深いむし歯でも、
できるだけ歯を残す道を探ります。

インプラントや入れ歯・ブリッジなど、失った歯を補う治療法は様々ありますが、本物の歯に勝るものはありません。


SECTION 01

私たちは、進行した
深いむし歯でも、
できるだけ歯髄を残す
治療を心掛けています

 

東京国際クリニック/歯科では、歯髄(歯の神経)の近くまで達した深いむし歯でも「できるだけ歯髄を残す」方針で治療に取り組んでいます。なぜなら、どんなに精巧な被せ物よりも、私たちが生まれながらに持っている「生きている歯」のほうがはるかに優れているからです。従来では歯髄を除去しなければいけないような深いむし歯でも、正確な診査・診断と精密な治療によって、できるだけ歯髄を抜かずに「歯を残す精密保存治療」をご提供します。

歯は歯髄を失うとどうなるか?

歯は歯髄を失うとどうなるか?

私たちの歯の内部にある「歯髄」は、歯の健全な働きを維持する非常に大切な役割を担っています。歯髄の働きによって、栄養の行き届いた「生きている歯」として、常に健康な状態を維持することができます。歯髄のある歯は、“生きている木”と同じようにしなやかなので滅多に折れることはありません。しかし、むし歯の進行具合によって歯髄を除去した失活歯になると、栄養の供給が絶たれるだけでなく、壊死した歯髄を除去するために歯を削ることで歯そのものの厚みがなくなり薄くなるため、“枯れ木”のように折れやすい状態になるのです。歯は、一度折れてしまうと元の状態に戻すことは難しく、抜歯になる可能性が大きく高まります。

 

安易に歯髄を抜いてはいけない

上述のように、私たちの歯の寿命は歯髄があるかないかで大きく左右されます。そうである以上、当院では、進行した深いむし歯でもできる限り歯髄を残すよう努めています。歯髄を守ることが、結果として「健康な歯を維持すること」につながるからです。ただし、常に歯髄を残すことが最適な処置とは限りません。むし歯の進行具合によっては、歯髄を除去することが適切な処置につながることもあります。たとえば、生きている歯髄にむし歯が進行して歯髄に強い炎症が起きている場合は、強い痛みを取り除くために歯髄を除去することがあります。また、むし歯が進行しすぎて歯髄が死んでしまっている場合は、感染が根尖方向へ進行することで歯の根の先に膿が生じ、強い痛みを伴う「根尖性歯周炎」を引き起こすのを防ぐために歯髄を除去することがあります。しかしながら、歯髄を抜くことはあくまで最終手段であり、そうなる前に、私たちが生まれながらに持っている「生きている歯」を残せる可能性を追求するのが歯科用マイクロスコープを用いた「歯髄保存治療」です。


SECTION 02

歯髄を残すための
取り組み

科学的根拠に基づいた診査・診断

東京国際クリニック/歯科では、科学的根拠に基づいた診査・診断を重視しています。治療前に正しく診査・診断することによって、適切な治療法を導き出すことにつながります。歯髄保存治療では、まず歯髄が生きているかどうかをしっかり見極めることが重要です。そのために当院では、レントゲン撮影をおこない歯の根や歯髄の状態(病気の有無)を確認します。また、電気歯髄診断器を用いて患部に微弱な刺激を与えたり、温かいもの・冷たいものを口の中に含むなど、さまざまな“刺激”を与えることで痛みや違和感の有無を確認し、その歯の歯髄が生きているかどうかを正しく見極めます。確かな診断によって、「歯髄を残すことができるのかどうか(歯髄保存)」もしくは「歯髄に強い炎症が起きているため、歯髄を除去するべきなのか」など、適切な治療法の選択が可能となります。

 

徹底したインフェクション
コントロール(感染制御)

精密保存治療をおこなううえでもっとも重要なことは、治療中に新たな細菌が再び歯の内部へ入り込まないようようすることです。そのためには、インフェクションコントロール(感染制御)された環境下で治療をおこなわなければいけません。東京国際クリニック/歯科では、治療中に歯の内部に唾液(細菌)が入り込まないようゴムのシートで治療部位を隔離する(ラバーダム法)など、徹底して感染の制御された環境下で精密保存治療をおこなっています。

歯科用
マイクロスコープを用いた
精密かつ安全な治療

東京国際クリニック/歯科では、精密保存治療におけるすべての処置において歯科用マイクロスコープを用いて、
精密かつ安全な治療をおこなっています。たとえば、歯髄の処置においては、
歯髄の露出部位が0.5ミリに満たないこともあり、裸眼での正確な治療は非常に困難です。
また、根管治療においても、狭く暗いうえに複雑な構造をしている歯の根の内部を、裸眼で詳細に見ることはできません。
そこで、必須になるのが歯科用マイクロスコープです。
歯科用マイクロスコープを用いることで、約20倍近い拡大視野を得ることができ、
歯髄保存や根管治療(あるいは感染根管治療)の成功率は大幅に向上します。

裸眼での見え方と歯科用マイクロスコープでの見え方の違い

裸眼で見た治療部位

歯の根の内部は真っ暗で、詳細に見ることは不可能です。

マイクロスコープで見た治療部位

約20倍の拡大視野を得られるため、3つの根の内部まで詳細に観察できます(青〇部分)。また、4つ目の隠れた根の入り口も発見できました(赤〇部分)。

むし歯を歯科用マイクロスコープで見たときの見え方

奥歯の頬側遠心(いちばん奥の歯の裏側部分)にむし歯を発見しました。

歯と歯の間(隣接面)にむし歯を発見しました。

いずれの症例も、裸眼で観察した場合は、見落としてしまうような根管やむし歯ばかりです。歯科用マイクロスコープを用いることで、裸眼では成しえなかった精密な観察と治療が可能になります。


SECTION 03

根管治療後の
トラブルを防ぐために
最善を尽くす

歯髄を除去(抜髄)した後に、根管内をしっかりと清掃・消毒する根管治療をおこないます。根管治療においては、新たな細菌が再び入ってこない状態を長期にわたって維持することが重要です。しかし、今日の日本の歯科業界では、適切な根管治療ができないために、治療後に再び感染を招いてしまうケースが非常に多くなっています。再び感染を起こしてしまうと、感染根管治療(根管治療のやり直し)が必要になり、結果的に抜歯に至るケースも少なくありません。これはつまり、最初の根管治療で適切な処置がなされていれば守れたはずの歯が失われているということです。

3つのお約束

東京国際クリニック/歯科では、本来であれば避けられた抜歯をなくすために、

  • 科学的根拠に基づいた正確な診査・診断をおこなったうえ、
  • 徹底してインフェクションコントロール(感染制御)された環境下で、
  • 精密保存治療の専門医が歯科用マイクロスコープを用いて精密で安全な治療をおこなっています。

東京国際クリニック/歯科は
数年後を見据えた最適な
歯科治療をご提供させていただきます。

進行したむし歯や重度の歯周病
で抜歯と診断された方も
まずはお気軽にご相談ください。

RESERVATION

無料カウンセリング・ご予約はこちら

PERIOD.なら歯周病菌を
徹底的に除去できます。
まずは歯周病の専門医による
無料カウンセリングを。

電話受付10:00~19:00(月〜金曜、第3土曜日)

診療時間
10:00~19:00

最終受付 18:00 ※土日祝日は休診
(ただし、第3土曜日は診療)

JRをご利用の方

「東京駅」八重洲南口より徒歩8分

「有楽町駅」京橋口より徒歩5分

東京メトロをご利用の方

有楽町線「有楽町駅」D9出口より徒歩4分

有楽町線「銀座一丁目駅」6番出口より徒歩1分

銀座線「銀座駅」A13出口より徒歩5分

銀座線「京橋駅」3番出口より徒歩3分

監修者情報

公開日:2018.12.06

更新日:2019.06.20

清水智幸 東京国際クリニック/歯科 院長

清水智幸(しみずともゆき) 
東京国際クリニック/歯科 院長

歯学博士。日本歯科大学卒業後、近代歯周病学の生みの親であるスウェーデン王立イエテボリ大学ヤン・リンデ名誉教授と日本における歯周病学の第一人者 奥羽大歯学部歯周病科 岡本浩教授に師事し、ヨーロッパで確立された世界基準の歯周病治療の実践と予防歯科の普及に努める。歯周病治療・歯周外科の症例数は10,000症例以上。歯周病治療以外にも、インプラントに生じるトラブル(インプラント周囲炎治療)に取り組み、世界シェアNo.1のインプラントメーカー ストローマン社が開催するセミナーの講師を務めるなど、歯科医師の育成にも力を入れている。

ACCESS MAP

アクセスマップ

東京国際クリニック / 歯科

院長:清水智幸

〒104-0061 東京都中央区銀座1-5-6 
銀座レンガ通り福神ビル5F

TEL:03-5220-2100