歯周病で失った歯茎は復活・修復できるの? | 歯周病治療ペリオド | 東京国際クリニック/歯科

東京国際クリニック / 歯科

科学的根拠に基づいた歯周病治療

 

MENU

CLOSE

CLOSE

 
 

東京国際クリニック / 歯科

歯周病コラム

COLUMN

この記事をシェアする

歯周病で失った歯茎は復活・修復できるの?

Periodo015歯周病が悪化・進行すると、歯茎が下がって1本1本の歯が長くなったように見えます。これは、プラーク(歯垢)内に潜む細菌の毒素によって歯を支える顎の骨が溶かされてしまい、その上に覆いかぶさっている歯茎(歯肉)も退縮してしまうためです。歯が長く見えると違和感が出て、どうしても不自然な印象になります。さらに、歯根部分が露出することで虫歯や知覚過敏を招きやすくなる、というデメリットもあります。

では、こうして退縮してしまった歯茎はもう取り戻せないのでしょうか――。今回のコラムでは、歯周病で失った歯茎を取り戻す方法についてお話をしていきます。

あなたの歯茎、本当に下がっていますか?

まずは、ご自身が「歯茎が下がった状態」であるかどうかをセルフチェックしてみてください。以下の項目から2点以上該当するようであれば、歯茎が下がっていると言えるでしょう。

 □ 周囲に比べて長く見える歯がある
 □ 歯茎に近い部分が変色している歯がある
 □ 冷たい食べ物や飲み物がしみることがある
 □ 歯の間に食べ物が詰まりやすい
 □ 言葉を発する際に空気が漏れている感じがする

歯茎の再生治療とは?

歯が長くなったように見える状態を改善する方法は、主に2種類。一つが歯周病で溶かされた顎の骨を再生させる治療、もう一つが今ある歯茎を移植したり移動したりする治療です。

溶かされた顎の骨を再生させる治療

歯茎が下がってしまった箇所はその下にある骨も失われているケースが多いため、顎の骨を再生させれば歯肉を盛り上げることができます。エムドゲイン法GTR法骨移植がこれにあたります(※)。歯茎が戻るとブラッシングもしやすくなるため、歯周病の再発リスクを抑えることにもつながります。
※骨吸収の進行具合によっては適応できないケースもあるため、事前の検査が必要です

今ある歯茎を移植・移動する治療

こちらは、いわゆる歯茎の再生治療です。退縮してしまった歯肉は自然には戻らないので、口腔内の別の場所から歯茎の一部を移植(結合組織移植術)したり、同じ歯の上の歯茎や横の歯茎を引っ張って移動(歯肉弁側方移動術・歯肉弁歯冠側移動術)させたりすることで見た目の美しさを取り戻します。私たち東京国際クリニック/歯科では、これらの治療にすべて対応しています。

ブラッシングで下がった歯茎は元に戻るのか

ちなみに、歯茎が下がる原因は歯周病だけではありません。間違った歯磨きや歯の破折、根先病巣などによっても歯茎が下がってしまうことがあります。原因に合わせた治療や処置を受ける必要がありますので、まずは歯科医院に相談してみてください。

ブラッシングで下がった歯茎を復活させることはできませんが、毎日正しいセルフケアを行うことでこれを食い止めることは可能です。やってはいけないのが、力を入れ過ぎた乱暴なブラッシング。これが「フェストゥーン」という歯茎の縁が輪状に盛り上がった状態を招いてしまいます(フェストゥーンは歯茎が下がる前兆です)。歯周病専門の歯科医院で正しい磨き方を教えてもらうことで、歯茎の退縮にストップをかけましょう。

歯周病が再発してしまうと意味がありません

歯周病で失われてしまった歯茎は、完璧にとは言わないまでも、治療によって一部を取り戻したり改善したりすることが可能です。しかし、いくら骨再生治療や歯茎の再生治療を受けても、歯周病を再発させてしまっては意味がありません。歯茎を下げないようにするために、日頃から適切なセルフケアでプラーク(歯垢)や歯石の付着をできるだけ防ぎましょう。

この記事をシェアする

RESERVATION

無料カウンセリング・ご予約はこちら

PERIOD.なら歯周病菌を
徹底的に除去できます。
まずは歯周病の専門医による
無料カウンセリングを。

電話受付10:00~19:00(月〜金曜、第3土曜日)

診療時間
10:00~19:00

最終受付 18:00 ※土日祝日は休診
(ただし、第3土曜日は診療)

JRをご利用の方

「東京駅」八重洲南口より徒歩8分

「有楽町駅」京橋口より徒歩5分

東京メトロをご利用の方

有楽町線「有楽町駅」D9出口より徒歩4分

有楽町線「銀座一丁目駅」6番出口より徒歩1分

銀座線「銀座駅」A13出口より徒歩5分

銀座線「京橋駅」3番出口より徒歩3分

監修者情報

公開日:2016.02.09

更新日:2019.06.14

清水智幸 東京国際クリニック/歯科 院長

清水智幸(しみずともゆき) 
東京国際クリニック/歯科 院長

歯学博士。日本歯科大学卒業後、近代歯周病学の生みの親であるスウェーデン王立イエテボリ大学ヤン・リンデ名誉教授と日本における歯周病学の第一人者 奥羽大歯学部歯周病科 岡本浩教授に師事し、ヨーロッパで確立された世界基準の歯周病治療の実践と予防歯科の普及に努める。歯周病治療・歯周外科の症例数は10,000症例以上。歯周病治療以外にも、インプラントに生じるトラブル(インプラント周囲炎治療)に取り組み、世界シェアNo.1のインプラントメーカー ストローマン社が開催するセミナーの講師を務めるなど、歯科医師の育成にも力を入れている。

ACCESS MAP

アクセスマップ

東京国際クリニック / 歯科

院長:清水智幸

〒104-0061 東京都中央区銀座1-5-6 
銀座レンガ通り福神ビル5F

TEL:03-5220-2100