歯槽膿漏について | 歯周病治療ペリオド | 東京国際クリニック/歯科

東京国際クリニック / 歯科

科学的根拠に基づいた歯周病治療

 

MENU

CLOSE

 

MENU

CLOSE

CLOSE

 

MENU

CLOSE

無料カウンセリング・ご予約はこちら

TEL:
03-5220-2100

受付時間 / 10:00〜19:00(平日、第3土曜日)

CLOSE

 
 

東京国際クリニック / 歯科

歯周病コラム

COLUMN

この記事をシェアする

歯槽膿漏について

歯茎の腫れ、歯茎からの出血が見られたら・・・?

歯茎の腫れ、歯茎からの出血が見られたら・・・?

歯槽膿漏とは

歯槽膿漏とは、プラーク(歯垢)に生息している細菌によって歯茎や顎の骨などの歯周組織に炎症が起きる感染症です。歯槽膿漏は40歳以上の日本人の約8割が感染しているとも言われる病気ですが、感染していても、それに気づいている人が少ないのが現状です。なぜなら、歯槽膿漏は初期の自覚症状に乏しく、ある程度、進行しないと症状が出ないケースが多いからです。そのため、症状を自覚したときにはすでに重症化していることも少なくありません。このような特徴から、歯槽膿漏は「沈黙の病気」とも呼ばれています。
後述しますが、歯槽膿漏の代表的な初期症状としては、歯茎からの出血・排膿や歯茎の腫れなどがあります。

歯槽膿漏と歯周病の違い

歯槽膿漏と歯周病の違いが分からない」という方は少なくないと思いますが、両者に本質的な違いはありません。歯槽膿漏も歯周病もまったく同じ病気のことを指しており、呼び方だけが異なります。
ちなみに、歯槽膿漏という漢字は、「歯槽骨(顎の骨)から膿が漏れる」と読み解くことができます。昔は、「老化すると歯茎から膿が出るようになる」と考えられていたため、歯槽膿漏と呼ばれていました。しかし現在では、歯槽膿漏の原因は細菌感染であり、老化ではないということが周知の事実になっています。
このような経緯もあり、最近では歯周病と呼ぶケースが増えていますが、現在でも呼び方は混在しています。特に、ご年配の方は歯槽膿漏と呼ぶことも多いので、本記事では「歯槽膿漏」という表現で統一していきます。

歯槽膿漏を甘く見てはいけません!

歯槽膿漏になると、歯茎が腫れたり歯茎から血が出たりします。「歯茎が腫れるくらい大したことない」「歯茎から血が出るなんてよくあること」などと考えて放置しがちですが、後悔することになる人は少なくありません。
ストレスや疲れが溜まっていると、歯茎が腫れたり歯茎から出血したりすることがあります。この場合は一時的なものなので、放置していても問題ないかもしれません。ですが、歯槽膿漏で腫れや出血を起こしているとしたら、放置していても治ることはなく、より深刻な症状を引き起こすことになってしまいます。歯槽膿漏が重症化すると、炎症は歯茎だけでなく顎の骨にまで及んでいきます。顎の骨に炎症が及ぶと骨が溶かされ、やがて歯が抜け落ちてしまうのです。歯を失ってしまうと食事や発音など日常生活に大きな支障が出るほか、審美的にもマイナスになるなど、その代償は計り知れません。

歯を失って後悔しないためにも、歯槽膿漏がどのように進行していくのか?ということは知っておきましょう。歯槽膿漏の進行度については、以下の記事で詳しく解説していますのでぜひ参考にしてください。

歯槽膿漏の症状

歯槽膿漏の症状
歯槽膿漏の症状として代表的なのが、「歯茎の腫れ」や「歯茎からの出血」です。これらは歯槽膿漏の初期症状ですが、進行すると「歯茎から膿が出る」「口臭がきつくなる」「歯がグラグラするようになる」といった症状も現れるようになります。上述のとおり、歯槽膿漏が重症化すると、最悪の場合は歯を抜かざるを得ない状態にまでなってしまいます。

どんな病気にも言えることですが、歯槽膿漏も進行すれば進行するほど大がかりな治療が必要になり、完治させるまでに長い期間と高い費用を要するようになります。以下のような症状がある場合は、歯槽膿漏が進行しているおそれがありますので、一度ご自身のお口をチェックしてみましょう。

歯茎から出血する

歯槽膿漏の典型的な症状が「歯茎からの出血」です。歯槽膿漏にかかると歯茎に炎症が起きるため、ブラッシングや食事のときに歯茎から血が出るようになります。進行すると、何もしていないときでも歯茎から出血するようになります。歯槽膿漏による歯茎からの出血については、以下の記事で詳しく解説していますのでぜひ参考にしてください。

また、歯槽膿漏の初期症状として「歯茎がむずがゆくなる」こともあります。ただし、歯茎がむずがゆくなるのは「食物アレルギー」や「金属製の補綴物による金属アレルギー」などが原因になっている場合もあります。歯茎がむずがゆくなる原因や治療法については、以下の記事で詳しく解説していますのでぜひ参考にしてください。

歯茎から膿が出る

歯槽膿漏の症状として、「歯茎からの排膿(膿が出ること)」があります。歯槽膿漏になると歯茎が炎症を起こし、中度・重度にまで進行すると歯茎から膿が出るようになります。歯槽膿漏の原因菌が活性化すると、体のなかの免疫細胞(白血球)がそれらの細菌と戦いますが、この戦いによって白血球や細菌の死骸が膿となって排出されます。つまり、歯茎から膿が出るということは、口腔内で白血球と細菌との戦いが繰り広げられているということで、今まさに歯槽膿漏が進行している証拠なのです。

ただし、歯茎から膿が出る原因は歯槽膿漏だけではありません。歯茎から膿が出る原因や治療法については、以下の記事で詳しく解説していますのでぜひ参考にしてください。

口臭がきつくなる

歯槽膿漏のよるある症状として、「口臭」があります。歯槽膿漏になると口腔内の細菌が増殖し、歯槽膿漏特有の口臭が出るようになります。どんな臭いかと言うと、野菜や魚が腐ったような臭いです。また、歯槽膿漏が進行すると歯茎から膿が出るようになるため、膿の臭いも合わさって、さらに悪臭を放つようになります。

口臭というのは、他人の臭いには気づいても、なかなか自分の臭いには気づかないものです。また、口臭を引き起こす原因は歯槽膿漏以外にもいくつか考えられます。自分の口臭が心配な方は、一度、歯科医院を受診してチェックしてもらうのがいいでしょう。口臭測定器のある歯科医院なら、口臭の度合いを客観的な数値で確認できます。口臭の原因や対策については、以下の記事で詳しく解説していますのでぜひ参考にしてください。

歯茎が痩せる

歯槽膿漏の症状の一つとして、「歯茎の退縮(痩せて下がること)」があります。歯槽膿漏が中度・重度にまで進行すると歯茎が痩せてきます。歯茎が痩せて下がると、それまで歯茎に覆われていた歯根が露出してくるため、歯が長く見えるようになります。歯茎が退縮して歯が長く見えるようになると審美的にもマイナスですし、歯根が露出した箇所から虫歯や知覚過敏を招きやすくなります。

歯がグラグラする

歯槽膿漏が重症化すると、「歯がグラグラする」ようになります。歯槽膿漏が進行すると顎の骨にまで炎症が及び、骨が溶かされていきます。顎の骨が溶かされると歯を支えられなくなり、歯がグラグラするようになるのです。そのまま放置していると、最終的には抜歯せざるを得ない状態になってしまいます。

歯槽膿漏の原因

歯槽膿漏の原因
歯槽膿漏の直接的な原因は、プラークのなかに生息する細菌です。口腔内にプラークが溜まると、増殖した細菌が毒素を出して歯茎に炎症を起こし、歯茎からの出血や排膿、口臭といった症状が現れるようになります。

また、歯槽膿漏の間接的な原因になるのが歯石です。プラークは黄白色のネバネバした物質で、生きた細菌が数多く生息しています。一方、歯石はプラークが石灰化して硬くなったもので、死んだ細菌の塊です。細菌は死んでいるので、歯石そのものが歯槽膿漏の原因になることはありませんが、歯石は表面がデコボコしており、プラークが付着しやすい状態になっています。そのため、歯石があるとプラークが溜まりやすくなり、結果的に歯槽膿漏のリスクが高くなってしまうのです。

歯槽膿漏を予防するためには、直接的な原因であるプラークとともに、間接的な原因になる歯石も取り除くことが重要です。

歯槽膿漏のリスクファクター

歯槽膿漏の原因はプラークのなかに生息する細菌ですが、同程度のプラーク・細菌が存在していても、歯槽膿漏になりやすい人となりにくい人がいます。この違いは、その人が持つ「リスクファクター」から生まれます。歯槽膿漏のリスクファクターとしては、「歯磨き」「喫煙」「ストレス」などの生活習慣のほか、「遺伝」や「糖尿病」なども挙げられます。

歯磨きが不十分な人は歯槽膿漏になりやすい

毎日の歯磨きがしっかりできない人は、口腔内にプラークが溜まりやすくなります。口腔内にプラークの量が多くなれば当然、歯槽膿漏を発症しやすくなります。

タバコを吸う人は歯槽膿漏になりやすい

喫煙者は非喫煙者に比べ白血球の機能が低く、細菌に対する抵抗力も下がりがちです。そのため、歯槽膿漏にかかるリスクも高くなります。また、タバコを吸うと毛細血管が収縮して循環障害が起こるため、歯槽膿漏の治りも悪くなります。

ストレスが多い人は歯槽膿漏になりやすい

ストレスが溜まっている人は、そうでない人に比べると全身の免疫力が下がりがちです。免疫力が下がった状態だと細菌感染のリスクが高く、歯槽膿漏を発症しやすくなります。

遺伝によって歯槽膿漏になりやすい人がいる

歯槽膿漏が親から子に遺伝することはありませんが、「歯槽膿漏になりやすい体質」は遺伝する可能性があります。実際に、「重度の歯槽膿漏患者の親に、重度の歯槽膿漏が確認されることが多い」という研究報告もあります。

糖尿病を患っている人は歯槽膿漏になりやすい

糖尿病になると全身の免疫力が低下するため、歯槽膿漏を発症するリスクも高くなります。実際に、「糖尿病患者は健常者に比べ、歯槽膿漏にかかるリスクが2~4倍高い」という研究報告もあります。

出血・腫れ・口臭は歯槽膿漏のサイン!

歯茎からの出血や歯茎の腫れ、口臭などは歯槽膿漏の初期症状ですが、いずれも生活に支障が出るほどの深刻な症状ではありません。そのため、歯科医院を受診せずに放置してしまう人も少なくありません。しかし、ゆっくりとではあるものの確実に進行していくのが歯槽膿漏の怖いところ。「気づいたら重症になっていた・・・」というケースも多々あります。口腔内の異変に気づいたら、「大したことはない」と思っても、一度、歯科医院を受診するようにしましょう。

なお、歯槽膿漏の症状は歯茎からの出血や歯茎の腫れ、口臭だけではありません。歯槽膿漏の症状と原因については、以下のページで詳しく解説していますのでぜひ参考にしてください。

歯槽膿漏の治療方法

歯槽膿漏の治療方法
歯槽膿漏の原因は、プラークのなかに生息する細菌です。つまり、原因である細菌を取り除けば歯槽膿漏は完治します。歯槽膿漏の治療では、「いかに細菌を除去するか」「いかに細菌が溜まりにくい口腔内環境をつくるか」ということが、非常に重要なテーマになってきます。

初期のうちなら比較的簡単な治療で短期間で治りますが、進行すれば進行するほど、完治までに要する期間も長くなりがちですし、治療で痛い思いをするかもしれません。できるだけ少ない負担で歯槽膿漏を治すためには、早期発見・早期治療が大切です。

歯槽膿漏の代表的な3つの治療法

デブライドメント

デブライドメントとは、歯周ポケットの内部にこびり付いたプラークを取り除く治療で、歯槽膿漏を治すための基本になる治療です。歯槽膿漏の原因菌が生息するプラークを除去することで、歯槽膿漏の治癒を図ります。デブライドメントでは、一般的に専用器具や超音波などを使って、歯周ポケット内のプラークを取り除いていきます。

スケーリング

スケーリングとは、歯根にこびり付いた歯石を取り除く治療です。一般的には、「スケーラー」という専用器具を使って歯根面から歯石を除去することで、歯槽膿漏の治癒を図ります。

歯槽膿漏の直接的な原因は、生きた細菌が生息しているプラークです。そのため、歯槽膿漏の治療はプラークを除去するデブライドメントが基本になります。一方、歯石は死んだ細菌の塊であり、それ自体が直接、歯槽膿漏の原因になるわけではありません。しかし、歯石の表面にはプラークが付着しやすいため、歯槽膿漏の進行を抑えるには、歯石を除去するスケーリングも重要です。

歯周外科治療(フラップ手術)

歯周外科治療(フラップ手術)とは、歯茎を切開して歯根面を露出させ、歯周ポケットの奥深くに溜まったプラークや歯石を除去する治療です。軽度の歯槽膿漏であれば、非外科処置でプラークと歯石を除去することで完治まで導くことができます。しかし、歯槽膿漏が進行してくると歯周ポケットの奥深くまでプラーク・歯石が溜まるため、治療機器が届かないケースが出てきます。このようなケースでは、外科処置によって歯根面を露出させる必要があり、そのためにおこなうのが歯周外科治療です。

歯周外科治療のメリットは、歯茎を切開することでプラーク・歯石を目視で確認しながら確実に除去できること。歯周ポケットの奥深くにこびり付いたプラーク・歯石まで、しっかり取り除くことができます。

市販の飲み薬で歯槽膿漏は治るのか?

「歯槽膿漏かもしれない・・・」と思っていても、すぐに歯科医院を受診する人はそれほど多くはありません。「面倒くさい」「忙しい」など、受診しない理由は様々ですが、そんなときに頼りがちなのが市販薬です。

最近では、「歯槽膿漏に効く」などと謳った飲み薬や抗生物質が、ネット通販やドラッグストアで販売されていますが、市販の薬で歯槽膿漏が治るのであれば、歯槽膿漏が「世界でもっとも蔓延している病気」としてギネスに載ることはありません。市販の薬で一時的に症状が和らぐことはあっても、根本的に歯槽膿漏が治ることはないのです。「歯槽膿漏くらい市販の薬で治る」と考えていたら、かえって改善を遅らせることになってしまいます。

歯槽膿漏が薬で治るかどうかについては、以下のページで詳しく解説していますのでぜひ参考にしてください。

歯槽膿漏を治すには、物理的にプラークを取り除くのが鉄則!

歯槽膿漏治療の基本は、物理的にプラークを除去すること。つまり、歯ブラシなどの器具を使って、直接プラークを取り除くのがいちばんです。根本的に歯槽膿漏を治すには、毎日の正しいブラッシングでプラークを落とすこと、そして、ブラッシングで落とせない箇所のプラークは歯科医院の治療で除去することが必須です。

歯槽膿漏(歯周病)原因除去治療とは、その名のとおり、歯槽膿漏の原因である「プラークに含まれる細菌」を除去する治療のこと。科学的根拠に基づいた技術・機器を駆使して、歯周ポケットの内部に潜む細菌を徹底的に取り除いていきます。歯槽膿漏(歯周病)原因除去治療については、以下のページで詳しく解説していますのでぜひ参考にしてください。

歯槽膿漏の予防方法

歯槽膿漏の予防方法

毎日の正しいブラッシング

歯槽膿漏の原因は、無数の細菌が生息するプラークです。毎日、しっかりブラッシングをしていないと口腔内にプラークが溜まり、歯槽膿漏にかかりやすくなります。逆に言えば、しっかりブラッシングをして、できるだけプラークが少ない口腔内環境にすることができれば、細菌の増殖を防ぐことができ、歯槽膿漏を予防できるのです。
歯槽膿漏を予防するうえでもっとも重要なことは、ブラッシングでしっかりとプラークを取り除くことです。なお、日々のブラッシングでは「歯ブラシ(電動歯ブラシ)&歯磨き粉」を使うのが基本になりますが、補助的に歯間ブラシやデンタルフロス、うがい薬などを使うのもいいでしょう。

歯科医院でのメンテナンス

上述のとおり、歯槽膿漏を予防するためには、原因となるプラークを除去することが重要です。しかし、残念ながらブラッシングだけでプラークを100%除去することはできません。丁寧に磨いているつもりでも、どうしても磨き残しができてしまいます。特に、歯ブラシが届きにくい奥歯や、歯並びの悪い箇所は磨き残しができやすくなりますし、歯周ポケットのなかに入り込んだプラークなどはブラッシングでは取り除くことはできません。
このように、ブラッシングでは除去できない(除去しにくい)部分のプラークは、歯科医院でのメンテナンスで除去してもらう必要があります。メンテナンスとは、健康な口腔内環境を維持するために、歯科医院で受ける処置のことです。
メンテナンスでは、プラークや歯石の付着状態を確認するとともに、歯茎など口腔内の健康状態を把握するための検査をおこないます。この検査結果に基づいて、専用機器でプラークや歯石を取り除いていきます。また、ご自宅でのブラッシングを効果的なものにするため、プラークの染め出し液を使って磨き残しをチェックし、磨き方のクセなどブラッシング方法を改善していきます。

メンテナンスは3~4ヶ月に1回が目安

人によって、口腔内の状態や歯槽膿漏のリスク、ブラッシングの精度は異なります。そのため、メンテナンスを受けるべきペースも人によって変わってきます。極端に言えば、しっかりとブラッシングができていて理想的な口腔内環境を維持できている人は、歯槽膿漏になるリスクも低いため、メンテナンスは1年に1回でいいかもしれません。逆に、ブラッシングの精度が低く口腔内環境が乱れがちな人は、歯槽膿漏になるリスクが高いため、1ヶ月に1回くらいのペースでメンテナンスを受けたほうがいいかもしれません。

ちなみに、プラークのなかに生息する細菌は、時間とともに細菌の構成が変化していき、3~4ヶ月くらいで悪さをするようになります。そのため、一般的にメンテナンスは3~4ヶ月に1回くらいのペースで受けるのがいいとされています。

生活習慣の改善

喫煙や食生活などの生活習慣が、間接的な引き金となって歯槽膿漏を招くことがあります。歯槽膿漏を予防するためには、日々の生活習慣の改善に取り組むことも大切です。

禁煙

「喫煙者は非喫煙者に比べると2~7倍、歯槽膿漏になるリスクが高い」という研究報告があります。その他にも、「喫煙は歯槽膿漏の症状を悪化させること」や、「喫煙は歯槽膿漏の治療効果を50%減少させること」が科学的に実証されています。歯槽膿漏を予防するためには、タバコを吸っている人は禁煙が必須です。

ストレスの解消

ストレスが溜まっている人は、そうでない人に比べると全身の抵抗力が下がりがちで、細菌に感染しやすい状態にあると言えます。そのため、歯槽膿漏に感染するリスクも高くなります。歯槽膿漏を予防するためには、普段からストレスを溜めない生活を心がけることが重要です。

食生活の見直し

口腔内の細菌は甘いものを好み、主に甘いものを栄養源としてプラークを生成します。また、やわらかい食べ物の多くは粘着力があるため、口腔内に食べカスが残りやすくなります。つまり、甘い食べ物・やわらかい食べ物を好む人は、口腔内にプラークを増殖させやすいと言えます。歯槽膿漏を予防するためには、甘いもの・やわらかいものを控えるなど、食生活を見直すことが大切です。

その他、歯槽膿漏の予防法については、以下のページで詳しく解説していますのでぜひ参考にしてください。

この記事をシェアする

監修者情報

公開日:2019年10月27日

更新日:2020年2月26日

清水智幸 東京国際クリニック/歯科 院長

清水智幸(しみずともゆき) 
東京国際クリニック/歯科 院長

歯学博士。日本歯科大学卒業後、近代歯周病学の生みの親であるスウェーデン王立イエテボリ大学ヤン・リンデ名誉教授と日本における歯周病学の第一人者 奥羽大歯学部歯周病科 岡本浩教授に師事し、ヨーロッパで確立された世界基準の歯周病治療の実践と予防歯科の普及に努める。歯周病治療・歯周外科の症例数は10,000症例以上。歯周病治療以外にも、インプラントに生じるトラブル(インプラント周囲炎治療)に取り組み、世界シェアNo.1のインプラントメーカー ストローマン社が開催するセミナーの講師を務めるなど、歯科医師の育成にも力を入れている。

RESERVATION

無料カウンセリング・ご予約はこちら

PERIOD.なら歯周病菌を
徹底的に除去できます。
まずは歯周病の専門医による
無料カウンセリングを。

電話受付10:00~19:00(月〜金曜、第3土曜日)

診療時間
10:00~19:00

最終受付 18:00 ※土日祝日は休診
(ただし、第3土曜日は診療)

JRをご利用の方

「東京駅」八重洲南口より徒歩8分

「有楽町駅」京橋口より徒歩5分

東京メトロをご利用の方

有楽町線「有楽町駅」D9出口より徒歩4分

有楽町線「銀座一丁目駅」6番出口より徒歩1分

銀座線「銀座駅」A13出口より徒歩5分

銀座線「京橋駅」3番出口より徒歩3分

ACCESS MAP

アクセスマップ

東京国際クリニック / 歯科

院長:清水智幸

〒104-0061 東京都中央区銀座1-5-6 
銀座レンガ通り福神ビル5F

TEL:03-5220-2100