歯がボロボロで恥ずかしい・・・重度の歯周病・むし歯でお悩みの方へ | 歯周病治療ペリオド | 東京国際クリニック/歯科

東京国際クリニック / 歯科

科学的根拠に基づいた歯周病治療

 

MENU

CLOSE

 

MENU

CLOSE

CLOSE

 

MENU

CLOSE

無料カウンセリング・ご予約はこちら

TEL:
03-5220-2100

受付時間 / 10:00〜19:00(平日、第3土曜日)

CLOSE

 
 

東京国際クリニック / 歯科

歯周病コラム

COLUMN

この記事をシェアする

歯がボロボロで恥ずかしい・・・重度の歯周病・むし歯でお悩みの方へ

歯がボロボロでお悩みの方へ

歯周病やむし歯にかかっているのに治療を受けず、そのまま放置してしまう方は少なくありません。その結果、症状が悪化して、気付いたら「歯がボロボロ」という方も多くいます。

歯がボロボロになってしまうと「もう元には戻らない・・・」とあきらめてしまう方もいますが、手遅れということはありません。歯科医療は日々進化しており、歯がボロボロになってしまっても機能と見た目を回復できる手立てはあります。一人で悩みを抱えず、お早めに歯科医院を受診しましょう。

放っておくとどうなるの?

歯がボロボロになる原因は、大きく分けると「重度の歯周病」か「重度のむし歯」です。むし歯も歯周病も放置するほど症状が悪化して、やがて歯がボロボロになってしまいます。治療を受けないままでいると、歯周病やむし歯がどのように進行していくのかを知っておきましょう。

■歯周病を放置していると・・・

歯周病の原因はプラーク(歯垢)に含まれている細菌(歯周病菌)です。初期の歯周病は歯茎が炎症を起こして腫れるだけですが、進行すると様々なつらい症状が出てきます。

軽度

細菌が出す毒素によって、歯茎が炎症を起こして赤く腫れます。痛みはありませんが、ブラッシングの際に出血することがあります。

中度

歯茎の炎症がさらに進み、歯茎から出血するほか、歯と歯茎の間から膿が出ることもあります。顎の骨が半分くらいまで溶かされるため、歯がグラつきはじめ、硬いものが噛みにくくなります。

重度

顎の骨がほとんど溶かされ、歯が激しくグラつくようになり、食事中にも痛みを伴うようになります。放置していると、最終的には歯が抜け落ちてしまいます。

■むし歯を放置していると・・・

むし歯の原因も、プラークに含まれている細菌(ミュータンス菌など)です。初期はむし歯は歯の表面のエナメル質が溶かされるだけですが、進行すると痛みなどの症状が出てきます。

C0

歯の表面のエナメル質がわずかに溶かされて白く濁ります。痛みなどの症状はないので、むし歯だと自覚するのは難しいです。

C1

細菌がエナメル質の中まで侵入し、歯に穴が空きます。痛みはまだありませんが、むし歯部分が黒く見えることがあります。

C2

エナメル質の内側にある象牙質にまでむし歯が達します。冷たいものや温かいもの、甘いものなどがしみるようになります。

C3

象牙質のさらに内側にある歯の神経(歯髄)にまでむし歯が達します。神経が炎症を起こすため、何もしていなくてもズキズキと激しい痛みを伴うようになります。

C4

歯(歯冠部)がボロボロになり、歯根部だけが残った状態です。神経が死んでいるので痛みは感じなくなります。

歯がボロボロになった場合の治療方法

上述のとおり、歯がボロボロになる主な原因は重度のむし歯か重度の歯周病です。むし歯か歯周病かによって治療法は変わってきますし、どの程度進行しているのかによっても治療に要する期間や費用は変わってきます。

■重度の歯周病の治療方法

歯周病の原因はプラークに含まれる細菌なので、軽度であろうと重度であろうと、プラークを除去する「プラークコントロール」が必須です。「スケーリング」「デブライトメント」「歯周外科手術」といった方法でプラークを取り除き、細菌を減らしていくのが治療のベースになります。

歯周病が重度にまで進行している場合は顎の骨が大きく溶かされてしまっているので、骨を回復させる治療も必要になります。代表的なのが、以下でご説明する「骨の再生治療」「GTR」「エムドゲイン」です。また、歯周病が重症化して顎の骨が溶かされると、歯茎も大きく退縮して見た目が悪くなります。そのため、歯茎の審美性を回復するために「歯茎の再生治療」をおこなうケースもあります。

骨の再生治療

骨の再生治療とは、重度の歯周病によって顎の骨が溶かされてしまった部分に、自分の骨(自家骨)や人工骨を移植して再生を促す治療です。
>> 骨の再生治療の詳細はこちら 

GTR

GTRとは、重度の歯周病によって溶かされてしまった顎の骨や歯根膜などの歯周組織を再生させる歯周組織再生療法の一種です。骨がなくなってしまった部分に「メンブレン」という人工膜を挿入することで、歯周組織の再生を誘導します。
>> GTRの詳細はこちら

エムドゲイン

エムドゲインとは、GTRと同様に重度の歯周病によって溶かされてしまった顎の骨や歯根膜などの歯周組織を再生させる歯周組織再生療法の一種です。「エムドゲイン・ゲル」というタンパク質の一種を歯根の表面に塗ることで、歯が生えてくるときと似た環境をつくり歯周組織の再生を促します。
>> エムドゲインの詳細はこちら

歯茎の再生治療

歯周病が重症化すると顎の骨が溶かされていきます。顎の骨が溶かされると、骨の上に乗っている歯茎が退縮して歯が長く見えるようになったり、歯と歯の隙間が広がったりします。このようにして損なわれた歯茎の見た目を回復するのが、歯茎の再生治療です。
>> 歯茎の再生治療の詳細はこちら

■重度のむし歯の治療方法

一般的に、重度のむし歯と言えばC3・C4のむし歯を指します。C3・C4のむし歯では、患者さまご自身の歯を残せる可能性がある場合は根管治療をおこなうのが一般的です。

根管治療

根管治療とは、根管内からむし歯菌に侵された歯の神経(歯髄)や細菌を徹底して除去したうえで、根管内を清掃・消毒する治療です。根管内を無菌化したら薬剤を充填し、被せ物をすることで機能を回復します。
>> 根管治療の詳細はこちら

歯がボロボロになって歯を残せない場合の治療方法

ひと昔前に比べると、歯科医療は大幅な進化を遂げていますが、どんな症例でも患者さまご自身の歯を残せるわけではありません。また、無理に歯を残すことで口腔内全体に悪影響が及ぶと判断される場合は、やむを得ず抜歯を選択することもあります。このようにして歯を失ってしまった場合は、インプラントやブリッジ、入れ歯など、歯の機能を回復させる治療を受ける必要があります。

■インプラント

インプラントは歯を失ってしまった部分の顎の骨に人工歯根(インプラント)を埋め込む治療法です。天然歯と変わらない噛み心地や見た目を回復でき、周囲の歯に負担をかけないのがメリットですが、外科手術が必要になることや保険適用外で費用が全額自己負担になることがデメリットです。

■ブリッジ

ブリッジは失ってしまった歯の両隣の歯を削って支えにして、連結した人工歯で橋(ブリッジ)をかける治療法です。違和感が少なく、素材によっては保険が適用されるのがメリットですが、両隣の健康な歯を削る必要があり、本来健康な歯に大きな負担をかけてしまうのがデメリットです。

■入れ歯

入れ歯は歯茎や隣り合う歯を支えにして人工歯を装着する治療法で、周囲の歯にバネをかけて固定する部分入れ歯や、すべての歯を失ってしまった場合に歯茎の上に乗せて固定する総入れ歯などがあります。素材によっては保険が適用されるのがメリットですが、噛む力が弱いこと、違和感があること、金属のバネが見えてしまうことなどがデメリットです。また、顎の骨に噛む力が伝わらないため、顎の骨が痩せてしまうリスクもあります。

歯医者に行かなければ治らない!

「面倒だから」「時間がないから」といった理由で歯医者に行くのを後回しにしていると、むし歯や歯周病が進行して、いつの間にか歯がボロボロになってしまいます。歯がボロボロになってしまうと、また別の理由で歯医者に行くのが嫌になってしまいます。特に以下の3点を気にしている患者さんは多いかもしれません。

■恥ずかしいから

ボロボロになった歯を歯医者さんに見せるのが恥ずかしいという方がいらっしゃいます。お気持ちは分かりますが、よく考えてみてください。そもそも歯医者は、むし歯や歯周病の方がたくさん訪れる場所。ドクターにとっては、ボロボロになった歯を目にするのは当たり前のことです。恥ずかしさを気にする必要はありません。

■治療費が高そうだから

一般的に、むし歯や歯周病の症状がひどいほど、治療費も高くなりがちです。治療費を心配するお気持ちは分かりますが、歯科医院が患者さまの承諾を得ずに高額な治療を始めることはありません。治療を始める前に、保険か自費かといった治療方針に加えて、費用の目安も示してくれますのでご安心ください。治療費を聞いて高額だと感じる場合でも、デンタルローンが使える歯科医院もありますし、一定の条件を満たせは医療費控除も適用になります。あなたが考えているほどの負担にならないこともありますので、まずは一度、相談してみることが大切です。

■痛い治療が嫌だから

むし歯も歯周病も症状が重症化するほど、大がかりな治療が必要になるため、痛みを心配する方もいらっしゃいます。しかし、近年は麻酔技術の進歩によって、多くの医院で痛みの少ない治療を受けられるようになっています。歯周病で外科治療をする場合やインプラント治療をする場合などは、静脈内鎮静法という麻酔で眠ったような状態にして恐怖心や不安を軽減することもできます。「歯科治療=痛い」はもう古いイメージです。痛みが苦手な方は、「無痛治療」に力を入れている歯科医院に相談してみましょう。

まとめ

ボロボロになってしまった歯は、そのまま放置していても悪化するだけ。早めに治療を受けるべきです。

意を決して歯科医院を受診したとき、いちばん大切なのは「途中で通院をやめること」です。「痛みがなくなったから」「出血がなくなったから」「噛めるようになったから」といった理由で勝手に通院をやめてしまう人がいますが、完治していないケースは多々あります。ドクターの指示に従って完治するまで通院するのは当然のこと、完治した後も再発を防ぐため定期的にメンテナンスを受けることが重要です。二度と歯の健康を失わないよう、日々のブラッシングとメンテナンスを欠かさないようにしましょう。

この記事をシェアする

監修者情報

公開日:2020年1月31日

更新日:2020年2月2日

清水智幸 東京国際クリニック/歯科 院長

清水智幸(しみずともゆき) 
東京国際クリニック/歯科 院長

歯学博士。日本歯科大学卒業後、近代歯周病学の生みの親であるスウェーデン王立イエテボリ大学ヤン・リンデ名誉教授と日本における歯周病学の第一人者 奥羽大歯学部歯周病科 岡本浩教授に師事し、ヨーロッパで確立された世界基準の歯周病治療の実践と予防歯科の普及に努める。歯周病治療・歯周外科の症例数は10,000症例以上。歯周病治療以外にも、インプラントに生じるトラブル(インプラント周囲炎治療)に取り組み、世界シェアNo.1のインプラントメーカー ストローマン社が開催するセミナーの講師を務めるなど、歯科医師の育成にも力を入れている。

RESERVATION

無料カウンセリング・ご予約はこちら

PERIOD.なら歯周病菌を
徹底的に除去できます。
まずは歯周病の専門医による
無料カウンセリングを。

電話受付10:00~19:00(月〜金曜、第3土曜日)

診療時間
10:00~19:00

最終受付 18:00 ※土日祝日は休診
(ただし、第3土曜日は診療)

JRをご利用の方

「東京駅」八重洲南口より徒歩8分

「有楽町駅」京橋口より徒歩5分

東京メトロをご利用の方

有楽町線「有楽町駅」D9出口より徒歩4分

有楽町線「銀座一丁目駅」6番出口より徒歩1分

銀座線「銀座駅」A13出口より徒歩5分

銀座線「京橋駅」3番出口より徒歩3分

ACCESS MAP

アクセスマップ

東京国際クリニック / 歯科

院長:清水智幸

〒104-0061 東京都中央区銀座1-5-6 
銀座レンガ通り福神ビル5F

TEL:03-5220-2100