レーザー治療は歯周病改善に効果があるのか? | 歯周病治療ペリオド | 東京国際クリニック/歯科

東京国際クリニック / 歯科

科学的根拠に基づいた歯周病治療

 

MENU

CLOSE

 

MENU

CLOSE

CLOSE

 

MENU

CLOSE

無料カウンセリング・ご予約はこちら

TEL:
03-5220-2100

受付時間 / 10:00〜19:00(平日、第3土曜日)

CLOSE

 
 

東京国際クリニック / 歯科

歯周病コラム

COLUMN

この記事をシェアする

レーザー治療は歯周病改善に効果があるのか?

BS0A3899
レーザー治療は、ある一定の波長からなるレーザーを患部に照射することで、その光や熱によってさまざまな治療的効果を実現する方法のことです。レーザーを用いた治療は医科の分野では90年代から使用されていますが、近年では歯科の分野でも取り扱う医院やクリニックが増えてきました。

しかし、歯周病(歯槽膿漏)においては必ずしもレーザー治療によって改善が期待できるわけではありません。今回のコラムでは、私たち東京国際クリニック/歯科が考えるレーザー治療の有効性と注意点についてご紹介します。

覚えておきたいレーザー機器の種類

現在、歯科治療で使用されている主なレーザー機器には以下のようなものがあります。

炭酸ガスレーザー

歯科治療でもっともメジャーなレーザーです。エネルギーのほぼすべてが組織の表面で吸収される非透過性で、歯茎の切開・切除などに使用されます。周辺組織への負荷はほとんどありませんが、歯周病治療における効果は認められていません。

Nd:YAGレーザー

Nd:YAGレーザー(ネオジウムヤグレーザー)は炭酸ガスレーザーと異なり、レーザーが組織の中に浸透します。麻酔治療や根管治療、顎関節治療などに効果がありますが、こちらも歯周病治療では効果が認められていません。

半導体レーザー

組織への透過性が高いレーザーで、後述する「光線力学療法(PDT治療)」で使用されているのはこちらのタイプです。色素に吸収されやすいという特徴があり、歯茎の切開や止血、凝固、治癒促進などに用いられます。

Er:YAGレーザー

Er:YAGレーザー(エルビウムヤグレーザー)は水への吸収性が高く、組織表面にエネルギーが集中する安全性が高いレーザーです。軟組織(歯茎)だけでなく硬組織(歯石)にも使用可能。歯周病治療では、歯石を歯根面から剥がし、プラークに含まれる細菌を死滅させるのに使われます。歯周病治療において、有効性が認められている唯一のレーザー機器です。

最近話題の「光線力学療法」とは?

みなさんは、「光線力学療法(フォトダイナミックセラピー:PDT治療)」と呼ばれる歯周病治療をご存知でしょうか?簡単に言えば「レーザーを用いて歯周病菌を死滅させる治療法」ですが、高熱を照射する従来のレーザー治療とはアプローチが異なることから「負担の少ない歯周病治療」「最先端の光殺菌技術」などと謳われています。

光線力学療法では、まずは歯周病やインプラント周囲炎になっている部分にメチレンブルーを主成分としたバイオジェルを使用し、細菌を青く染色します。そこに非熱半導体レーザーで赤色光を照射して化学反応を起こし、活性酸素を大量に発生させて歯周病の原因菌だけを死滅させる――というのがそのメカニズムです。

光線力学療法に対する疑問

光線力学療法を活用した歯周病治療は科学的根拠に基づく裏打ちが不十分なため、私たち東京国際クリニック/歯科ではこの治療法を行っていません。具体的には、以下のような疑問点が残るからです。

・メチレンブルーで本当にすべての歯周病菌が染色されるという科学的根拠がない
・酸素濃度が低い歯周ポケット内で活性酸素が大量発生するという科学的根拠がない
・レーザーがバイオフィルム(バリア)を破って細菌に作用するという科学的根拠がない

歯周病に効果があるレーザー治療とは?

科学的根拠に基づいた歯周病治療をご提供する当院では、ヨーロッパ歯周病学会とスウェーデンのナショナルガイドラインでただひとつ治療効果が評価されている「Er:YAGレーザー」を使用しています。それ以外のレーザーを用いた治療やフォトダイナミックセラピー(PDT治療)は現状、歯周病への有効性が認められていません。私たち東京国際クリニック/歯科でも院内で検証はしましたが、同様に有効性は確認できませんでした。

とはいえ、Er:YAGレーザーを用いた治療の有効性が極めて高いかと言うと、必ずしもそういうわけではありません。最近の論文では、歯周病治療におけるEr:YAGレーザーの有効性は超音波スケーラーよりも劣るという評価になっています。

当院の歯周病治療「PERIOD.(ペリオド)」では部位や症状に応じてレーザーを使用しています。レーザーと聞くと「痛くなさそう」「何となく効きそう」というイメージがあるかもしれませんが、どんなレーザーでも効くわけではないんだということは参考にしていただければと思います。

この記事をシェアする

監修者情報

公開日:2016年1月12日

更新日:2018年12月18日

清水智幸 東京国際クリニック/歯科 院長

清水智幸(しみずともゆき) 
東京国際クリニック/歯科 院長

歯学博士。日本歯科大学卒業後、近代歯周病学の生みの親であるスウェーデン王立イエテボリ大学ヤン・リンデ名誉教授と日本における歯周病学の第一人者 奥羽大歯学部歯周病科 岡本浩教授に師事し、ヨーロッパで確立された世界基準の歯周病治療の実践と予防歯科の普及に努める。歯周病治療・歯周外科の症例数は10,000症例以上。歯周病治療以外にも、インプラントに生じるトラブル(インプラント周囲炎治療)に取り組み、世界シェアNo.1のインプラントメーカー ストローマン社が開催するセミナーの講師を務めるなど、歯科医師の育成にも力を入れている。

RESERVATION

無料カウンセリング・ご予約はこちら

PERIOD.なら歯周病菌を
徹底的に除去できます。
まずは歯周病の専門医による
無料カウンセリングを。

電話受付10:00~19:00(月〜金曜、第3土曜日)

診療時間
10:00~19:00

最終受付 18:00 ※土日祝日は休診
(ただし、第3土曜日は診療)

JRをご利用の方

「東京駅」八重洲南口より徒歩8分

「有楽町駅」京橋口より徒歩5分

東京メトロをご利用の方

有楽町線「有楽町駅」D9出口より徒歩4分

有楽町線「銀座一丁目駅」6番出口より徒歩1分

銀座線「銀座駅」A13出口より徒歩5分

銀座線「京橋駅」3番出口より徒歩3分

ACCESS MAP

アクセスマップ

東京国際クリニック / 歯科

院長:清水智幸

〒104-0061 東京都中央区銀座1-5-6 
銀座レンガ通り福神ビル5F

TEL:03-5220-2100