歯周病はうつるって本当?赤ちゃん・子どもへの感染を防ぐ方法 | 歯周病治療ペリオド | 東京国際クリニック/歯科

東京国際クリニック / 歯科

科学的根拠に基づいた歯周病治療

 

MENU

CLOSE

 

MENU

CLOSE

CLOSE

 

MENU

CLOSE

無料カウンセリング・ご予約はこちら

TEL:
03-5220-2100

受付時間 / 10:00〜19:00(平日、第3土曜日)

CLOSE

 
 

東京国際クリニック / 歯科

歯周病コラム

COLUMN

この記事をシェアする

歯周病はうつるって本当?赤ちゃん・子どもへの感染を防ぐ方法

歯周病に感染するメカニズム

歯周病は細菌による感染症の一種で、プラーク(歯垢)の中に生息する細菌(歯周病菌)が原因です。ブラッシングが不十分だとプラークの取り残しが増え、口内の細菌が増殖します。増殖した細菌によって歯茎に炎症が起きるのが歯周病の始まりです。

歯茎が炎症を起こすと歯根面から歯茎がはがれ、歯と歯茎の隙間(歯周ポケット)が深くなっていきます。そうなると、歯周ポケットの内部が細菌の温床になって、さらに歯周病が悪化していきます。

歯周病が感染する経緯

上述のとおり、歯周病は細菌感染によって起こる病気です。口腔内の歯周病菌は唾液にも含まれているため、唾液による感染の可能性もあります。人から人へ歯周病がうつる主な経路としては、「親子間での感染」や「パートナー間での感染」が考えられ、スプーンなどの食器を共用したりキスしたりすると唾液を介して歯周病がうつる可能性があります。

ただし、理論上「歯周病がうつる可能性がある」というだけで、うつった人に「歯周病が発症する」わけではありません。というのも、私たちの口腔内には多かれ少なかれ歯周病菌が存在しており、歯周病が発症するかどうかは細菌の数だけでなく、その人の「免疫力」にも関係してくるからです。

たとえば、「免疫力の低いAさんは歯周病菌の数が100個を超えると歯周病を発症する」とします。一方で、「免疫力の高いBさんは歯周病菌の数が1,000個を超えても歯周病を発症しない」ということがあり得ます。つまり、どれだけの歯周病菌を許容できるかという免疫力によって、歯周病のかかりやすさ(発症しやすさ)は変わってくるのです。

その意味で、糖尿病などの基礎疾患がある方やタバコを吸う方、ストレスが溜まっている方などは免疫力が低下しがちなので、少ない数の歯周病菌でも歯周病を発症する可能性があります。逆に、基礎疾患がなく免疫力が高い方は、歯周病菌が多少増えても歯周病の発症を抑えられるかもしれません。

妊娠中の女性は歯周病を発症しやすい!?

妊娠中は、女性ホルモンの変調などによって歯周病(妊娠性歯周炎)になりやすい傾向にあります。女性は、妊娠すると女性ホルモンが血中に多く分泌されるようになり、血液循環を介して歯周ポケット(歯と歯茎の隙間)にも行き渡ります。ですが、この女性ホルモンによって、ある特定の歯周病菌の増殖が促されることが分かっています。

加えて、妊娠中は唾液の分泌量が減少したり、つわりによってブラッシングが不足したりするため、歯周病が発症・悪化しやすくなるのです。

妊娠中の女性にとって、歯周病は非常にリスクが高い病気です。というのも、歯周病の妊婦さんはそうでない妊婦さんに比べて「早産・低体重児出産の確率が高まる」ことが明らかになっているからです。元気な赤ちゃんを産むためには、妊娠中に歯周病を予防することが非常に重要だと言えます。

更年期の女性も歯周病に要注意

女性は、妊娠中だけでなく閉経後・更年期にも歯周病にかかりやすい傾向にあります。更年期は、ホルモンバランスが大きく変化する時期です。更年期になって女性ホルモンが減少することで、唾液の分泌量が少なくなります。そうなると、唾液による口腔内の自浄作用が低下して歯周病が発症・悪化しやすくなるので要注意です。

思春期の女性も歯周病になりやすい!?

「歯周病」と言うと高齢者がかかる病気だというイメージが強いかもしれませんが、若い人も歯周病にかかります。女性は、思春期になると女性ホルモンの分泌が盛んになって初潮を迎えます。この時期は歯肉の知覚も過敏になっており、炎症(思春期性歯肉炎)を起こしやすくなります。歯茎の腫れや出血が見られたら、一度歯科医院を受診するようにしましょう。

赤ちゃんへの歯周病感染を防ぐには?

生まれたばかりの赤ちゃんのお口のなかには歯周病菌はいません。もともと存在しないはずの歯周病菌が赤ちゃんの口腔内に混入する原因の大半は家族からの感染です。歯周病は細菌感染によって起こる病気なので、お母さんなどの唾液を介して歯周病菌が赤ちゃんにうつる(母子感染する)可能性はあります。赤ちゃんに歯周病菌をうつさないようにするため、以下のポイントにご注意ください。

■食べ物の噛み与えをしない

食べ物を与えたりシェアしたりするときに、歯周病菌の感染が起こるリスクがあります。たとえば、お母さんが噛んだり口に含んだりしたものを赤ちゃんにあげるのは、できるだけ避けましょう。

■食器を共用しない

赤ちゃんへの歯周病菌の感染を防ぐには、食器を共用しないことも大切です。たとえば、お母さんが自分の箸で赤ちゃんに食べさせたり、お母さんの使用後のスプーンを子どもに使わせたりするのは、できるだけ避けましょう。

■家族が健康な口腔内環境を維持する

お母さんをはじめとする家族の口腔内に歯周病菌が少なければ、赤ちゃんにうつる可能性も低くなります。赤ちゃんへの歯周病感染を防ぐには、家族が健康な口腔内環境をキープすることが大事。そのために、以下でご説明する「日常での歯周病感染予防」を心がけましょう。

日常での歯周病感染予防

■正しいブラッシングでプラークを落とす

歯周病を予防するためには、口腔内から歯周病菌が潜むプラークを少なくすることが大切です。そのためには、日々のブラッシング(歯磨き)が必須です。ただし、ブラッシングは正しい方法でおこなわないと効果が半減してしまいます。正しいブラッシング方法については、以下のページを参考にしてください。
>> ブラッシングの重要性と正しい方法

■定期検診を受ける

ブラッシングだけで口腔内のプラークをすべて取り除くことはできません。奥歯の裏や歯と歯の間などには、どうしても取り切れないプラークが残ってしまいます。このような「ブラッシングでは落とせないプラーク」を除去するには、定期的に歯科医院で検診を受けるしかありません。

定期歯科検診では、専門機器を使って口腔内に溜まったプラークを隅々まで取り除いてもらえるほか、ブラッシング指導によって正しい歯磨きの方法を習得することができます。また、必要に応じて唾液検査や細菌検査をおこない、自分の「むし歯・歯周病のなりやすさ」を知ることもできます。

■禁煙する

タバコを吸う人は吸わない人に比べて2~7倍、歯周病になるリスクが高いというデータがあります。タバコを吸うと白血球の機能低下を招き、歯周病菌に対する抵抗力も下がります。また、毛細血管が収縮することで循環障害が起こり、歯周病の治りが悪くなってしまいます。禁煙は、歯周病を防ぐため、歯周病を治すための絶対条件です。

■生活習慣病を予防する

糖尿病にかかっている人は歯周病を発症するリスクが高くなり、歯周病に感染すると糖尿病が悪化(重症化)するリスクが高くなることが明らかになっています。糖尿病で歯周病リスクが高くなる主な理由は、全身の免疫力が下がるからです。歯周病菌が増殖して活発化すると、通常はそれに抵抗しようとする作用が働きますが、糖尿病にかかっている人は抵抗しようとする働きが鈍くなるため、歯周病が発症・悪化しやすくなるのです。

■ストレス解消に努める

ストレスが溜まっていると全身の免疫力が下がり、細菌に感染しやすい状態になります。歯周病菌も例外ではなく、免疫力が低下することで歯周病に感染するリスクも高くなります。「仕事が忙しくて睡眠不足が続いている」「人間関係がうまくいかない」「育児で悩んでいる」といった状況は誰にでも起こりうることですが、ストレスを溜め込み過ぎないことが重要です。自分に合ったストレス解消法を実践していくことが、歯周病だけでなく様々な病気の予防につながります。

まとめ

歯周病は、唾液を介して人から人へ感染する可能性があります。ただ、歯周病菌がうつったからといって歯周病を発症するわけではありません。歯周病の直接的な原因は歯周病菌ですが、それ以外に免疫力やストレスなど様々な条件が重なることで歯周病は発症しやすくなるのです。

また、赤ちゃんに歯周病菌を感染させないのが一番ですが、だからと言って、一切のスキンシップを避けるのは難しいケースもあるでしょう。そのことよりも、赤ちゃんの周囲にいる家族が「歯周病菌の少ない口腔内環境を維持すること」のほうが重要です。

「毎日のブラッシングをしっかりおこなう」「歯科医院で定期検診を受ける」「喫煙などの生活習慣を見直す」「ストレス解消に努める」など、歯周病の危険因子を取り除くことで歯周病は予防できます。ぜひ、家族みんなで口腔内の健康管理をしていきましょう。

この記事をシェアする

監修者情報

公開日:2020年3月26日

更新日:2020年3月26日

清水智幸 東京国際クリニック/歯科 院長

清水智幸(しみずともゆき) 
東京国際クリニック/歯科 院長

歯学博士。日本歯科大学卒業後、近代歯周病学の生みの親であるスウェーデン王立イエテボリ大学ヤン・リンデ名誉教授と日本における歯周病学の第一人者 奥羽大歯学部歯周病科 岡本浩教授に師事し、ヨーロッパで確立された世界基準の歯周病治療の実践と予防歯科の普及に努める。歯周病治療・歯周外科の症例数は10,000症例以上。歯周病治療以外にも、インプラントに生じるトラブル(インプラント周囲炎治療)に取り組み、世界シェアNo.1のインプラントメーカー ストローマン社が開催するセミナーの講師を務めるなど、歯科医師の育成にも力を入れている。

RESERVATION

無料カウンセリング・ご予約はこちら

PERIOD.なら歯周病菌を
徹底的に除去できます。
まずは歯周病の専門医による
無料カウンセリングを。

電話受付10:00~19:00(月〜金曜、第3土曜日)

診療時間
10:00~19:00

最終受付 18:00 ※土日祝日は休診
(ただし、第3土曜日は診療)

JRをご利用の方

「東京駅」八重洲南口より徒歩8分

「有楽町駅」京橋口より徒歩5分

東京メトロをご利用の方

有楽町線「有楽町駅」D9出口より徒歩4分

有楽町線「銀座一丁目駅」6番出口より徒歩1分

銀座線「銀座駅」A13出口より徒歩5分

銀座線「京橋駅」3番出口より徒歩3分

ACCESS MAP

アクセスマップ

東京国際クリニック / 歯科

院長:清水智幸

〒104-0061 東京都中央区銀座1-5-6 
銀座レンガ通り福神ビル5F

TEL:03-5220-2100