GTR(歯周組織誘導法) | 歯周病治療ペリオド | 東京国際クリニック/歯科

東京国際クリニック / 歯科

科学的根拠に基づいた歯周病治療

 

MENU

CLOSE

CLOSE

 
 

世界基準の歯周病治療 ペリオド

GTR
(歯周組織再生誘導法)

GTR

TREATMENT

GTRとは?

GTR(歯周組織再生誘導法)は、歯周病によって
溶かされた歯を支える骨(歯槽骨)や歯根膜などの
歯周組織を再生させる歯周組織
再生療法の一種
です。
GTRは、歯周ポケット内のプラーク
(歯垢)や歯石を取り除き、骨がなくなってし
まった部分に
「メンブレン」という
人工膜を挿入することで、歯周組織(歯槽骨
や歯根膜など)の再生を誘導します。
一定期間、メンブレンを入れておくことで、
歯茎の侵入を防ぎながら、
歯周組織が再生するスペースを
確保
することができます。

世界基準の歯周病治療

歯周病治療における
GTRの重要性

MOVIE

歯周病によって一度失われた歯周組織は自然に元に戻ることはありません。歯周組織再生療法を用いることで、歯を支える土台となる歯周組織の再生を促し、適応症に基づいて適切に骨の再生治療をおこないます。

GTRの流れ

STEP01

麻酔をして、
治療部分の
歯茎を切開

STEP02

歯根面に付着した
プラーク・歯石を
除去

STEP03

骨が失われた
部分を
人工膜
(メンブレン)で覆う

STEP04

切開した歯茎を
縫合

エムドゲインとの違い

※写真の色味を一部抑えた加工をしています

一般的な歯周組織再生療法として、GTRの他にエムドゲインという方法があります。従来、GTRによる手術は人工膜を除去するために2回の手術が必要でしたが、現在では吸収性の人工膜を用いるため、手術も1回で済むようになりました。しかし、エムドゲインに比べると術式が難しく、メンブレンが露出するなど感染のリスクもあるため、現在ではエムドゲインのほうが多く用いられるようになっています。


世界基準の歯周病治療

PERIOD.における
GTR

失われた歯周組織を回復させるために

東京国際クリニック/歯科では、歯周病によって失われた骨や歯根膜などの歯周組織を再生させる歯周組織再生療法として「GTR」を採用しています。GTRは、状態に応じてエムドゲインと併用しておこなう治療ですが、両者を比較するとエムドゲインのほうがメリットが多いため、当院でもエムドゲインを用いるケースが多くなっています。

世界基準の歯周病治療を提供する
東京国際クリニック/歯科のGTR

歯周病で失われた歯周組織を取り戻す治療。
歯周病の専門医だからこそできる
歯周組織再生誘導法をご提案します。

RESERVATION

無料カウンセリング・ご予約はこちら

PERIOD.なら歯周病菌を
徹底的に除去できます。
まずは歯周病の専門医による
無料カウンセリングを。

電話受付10:00~19:00(月〜金曜、第3土曜日)

診療時間
10:00~19:00

最終受付 18:00 ※土日祝日は休診
(ただし、第3土曜日は診療)

JRをご利用の方

「東京駅」八重洲南口より徒歩8分

「有楽町駅」京橋口より徒歩5分

東京メトロをご利用の方

有楽町線「有楽町駅」D9出口より徒歩4分

有楽町線「銀座一丁目駅」6番出口より徒歩1分

銀座線「銀座駅」A13出口より徒歩5分

銀座線「京橋駅」3番出口より徒歩3分

監修者情報

公開日:2015.10.01

更新日:2018.12.14

清水智幸 東京国際クリニック/歯科 院長

清水智幸(しみずともゆき) 
東京国際クリニック/歯科 院長

歯学博士。日本歯科大学卒業後、近代歯周病学の生みの親であるスウェーデン王立イエテボリ大学ヤン・リンデ名誉教授と日本における歯周病学の第一人者 奥羽大歯学部歯周病科 岡本浩教授に師事し、ヨーロッパで確立された世界基準の歯周病治療の実践と予防歯科の普及に努める。歯周病治療・歯周外科の症例数は10,000症例以上。歯周病治療以外にも、インプラントに生じるトラブル(インプラント周囲炎治療)に取り組み、世界シェアNo.1のインプラントメーカー ストローマン社が開催するセミナーの講師を務めるなど、歯科医師の育成にも力を入れている。

ACCESS MAP

アクセスマップ

東京国際クリニック / 歯科

院長:清水智幸

〒104-0061 東京都中央区銀座1-5-6 
銀座レンガ通り福神ビル5F

TEL:03-5220-2100