抜髄とは?症状や治療法について | 歯周病治療ペリオド | 東京国際クリニック/歯科

東京国際クリニック / 歯科

科学的根拠に基づいた歯周病治療

 

MENU

CLOSE

 

MENU

CLOSE

CLOSE

 

MENU

CLOSE

無料カウンセリング・ご予約はこちら

TEL:
03-5220-2100

受付時間 / 10:00〜19:00(平日、第3土曜日)

CLOSE

 
 

抜髄とは?症状や治療法について

抜髄とは?

抜髄とは、歯の神経(歯髄)を抜く治療のことです。歯科医師が患者さまに対して抜髄という言葉を使うことはあまりなく、「神経を抜く」と説明するのが一般的です。歯医者で「神経を抜きましょう」と言われたら「抜髄をする」ということです。

抜髄をするケースは様々ですが、もっとも多いのはむし歯です。むし歯が重症化して神経にまで達したために、抜髄せざるを得なくなるケースは多々あります。ですが、知っておいていただきたいのは、できる限り「抜髄はすべきではない」ということです。

■できるだけ抜髄を避けるべき理由

私たちの歯は神経があることで全体に栄養が供給され、健康な状態を維持できています。逆に言えば、神経を抜いた歯は栄養が供給されなくなり、脆くなってしまいます。神経を抜いた歯はよく「枯れ木」と同じだと言われますが、生きた木はみずみずしく弾力があるのに対し、枯れ木は弾力がなく折れやすい状態です。つまり、抜髄をすると枯れ木と同じように折れやすい歯になってしまい、結果的に歯の寿命が縮まってしまうのです。

抜髄を避けるために私たちができることは、日々のブラッシングと定期検診によって歯の健康を維持することです。上述したとおり、むし歯が重症化すると抜髄を余儀なくされるケースが多いので、むし歯の予防、早期発見に努めることが重要です。

運悪く、むし歯が重症化してしまうと、歯医者で「神経を抜きましょう」と言われるかもしれません。もちろん抜髄しか選択肢がない場合もありますが、歯科医院の技術・ノウハウによっては抜髄を回避できる症例もあります。抜髄を提案された場合は一度立ち止まって、セカンドオピニオンを利用することも重要です。

歯髄とは?

歯髄(しずい)とは、歯の内部にある神経と毛細血管の集合体のことです。歯科医院では患者さまに分かりやすいように「歯髄=歯の神経」と説明することもありますが、厳密に言えば神経だけでなく血管も含まれます。

歯髄には、歯全体に栄養を供給したり、歯に加わる刺激を感知したりする役割があります。歯髄があるから私たちは歯の痛みを感じ、むし歯などの病気に気付くことができるのです。

歯髄炎とは?

歯髄炎とは文字どおり、歯髄が炎症を起こす病気のことです。では、どんなときに歯髄炎が起きるのでしょうか? もっとも多いのは、むし歯が進行して細菌感染が歯髄にまで及んだときです。その他にも、知覚過敏などが原因で持続的に歯髄が刺激されることで歯髄炎を発症するケースもあります。

歯髄炎の対処法

歯髄炎は歯の神経に炎症が起きている状態なので、症状として激しい痛みが生じます。歯髄炎の痛みは、鎮痛剤を服用することで一時的に軽減・消失しますが、一度感染した歯髄が元の健康な状態に戻ることはありません。

そのため、歯髄炎になったら炎症を起こしている歯髄を取り除く「抜髄」をおこなうのが一般的です。歯髄炎を放置していると、神経が壊死(えし)してしまいます。歯の神経が壊死すると痛みを感じなくなりますが、そのままにしていると神経が腐敗して、根尖性歯周炎など他の病気・トラブルに発展するリスクがあります。そのため、痛みがなくなったから治療が不要になるわけではなく、神経が壊死した場合も抜髄をおこないます。

抜髄が必要となる症状

抜髄が必要になるケースの多くは、むし歯が進行した場合です。以下のような症状がある場合は、抜髄が必要になるかもしれません。

・何もしていなくても歯に激しい痛みを感じる。
・どの歯が痛いのか分からないほど、広範囲に痛みを感じる。
・歯の痛みだけでなく頭痛もある。
・入浴時や就寝時、運動中など、体温が上がると痛みが強くなる。
・患部を冷やすことで一時的に痛みが和らぐ。
・痛み止めを服用すると痛みが和らぐが、薬が切れるとまた痛くなる。

抜髄の治療方法と手順

歯の神経を抜く治療は「根管治療」と呼ばれます。根管治療は一般的に以下のような流れで進みます。

■STEP1:むし歯の除去

むし歯になっている部分を削ります。

■STEP2:歯髄の除去

細菌感染した歯髄を除去します。歯の内部には根管という管があり、根管内に神経があります。「リーマー」や「ファイル」といった専用器具を使い、根管内部にある感染した神経や血管などを取り除きます。根管治療を成功させるために、必須になるのがラバーダムと歯科用マイクロスコープです。

ラバーダムとは?
治療中、患部に新たな細菌が侵入してしまうと再感染を起こし、根管治療が失敗に終わってしまいます。新たな細菌の侵入を防ぐために必須になるのが、ラバーダムです。ラバーダムは、口腔内と患部を隔離するために用いるゴムのシートのこと。根管治療の際、唾液と一緒に細菌が患部に入り込むのを防ぎます。

歯科用マイクロスコープとは?
根管内は狭くて暗いうえ、非常に複雑な形状をしているため、裸眼で治療をするには限界があります。この限界をカバーできるのが歯科用マイクロスコープです。歯科用マイクロスコープを使うことで、約20倍まで拡大して見ることができるため、精度の高い根管治療が可能になります。

■STEP3:根管内の清掃・消毒

根管内の清掃・消毒がおこないます。根管内に細菌が残ってしまうと再び炎症を起こしてしまうリスクがあるため、感染物質が残らないように薬剤を使って丁寧に洗浄・消毒します。

■STEP4:根管充填

根管内をきれいにしたら、根管内の空洞を埋める「根管充填」をおこないます。根管内に充填剤を入れ、細菌が入り込まないように緊密に隙間を塞いでいきます。充填剤は通常、「ガッタパーチャ」や「MTA」と呼ばれるものを適切に選択して使います。これにより、歯の内部に新たな細菌が再び入ってこない状態をできるだけ長く維持することを目指します。

抜髄の症例

歯茎の腫れと歯の痛みで来院された患者さまです。歯髄はすでに壊死しており、感染を起こしていたため痛みが生じていました。

歯科用マイクロスコープを使い、確実に過去の修復物を除去します。そのうえで、むし歯の染め出しをおこない、むし歯部分のみを最小限で取り除きました。

樹脂を使って歯を補強します。

ラバーダムで新たな細菌の侵入を防ぎながら、根管内の感染源を取り除きます。

3回ほどの治療で痛みなどがなくなったため、根管充填をおこないました。

歯科用マイクロスコープで見た根管充填の様子です。すべての根を緊密に封鎖していることが分かります。

まとめ

むし歯が神経にまで達してしまうと抜髄の可能性が高くなりますが、抜髄を避けられる場合もあります。東京国際クリニック/歯科では、抜髄はあくまでも最終手段と考え、歯髄を守る精密な「歯髄保存治療」をおこなっております。確かな診断によって歯髄の状態を正しく把握したうえで、歯髄を残せる場合は最適な方法で保存します。

>> 歯髄保存治療(歯の神経を残す治療)の詳細はこちら

※参考:歯の神経の治療(根管治療) | e-ヘルスネット(厚生労働省)

この記事をシェアする

監修者情報

公開日:2021年7月15日

更新日:2021年7月16日

清水智幸 東京国際クリニック/歯科 院長

清水智幸(しみずともゆき) 
東京国際クリニック/歯科 院長

歯学博士。日本歯科大学卒業後、近代歯周病学の生みの親であるスウェーデン王立イエテボリ大学ヤン・リンデ名誉教授と日本における歯周病学の第一人者 奥羽大歯学部歯周病科 岡本浩教授に師事し、ヨーロッパで確立された世界基準の歯周病治療の実践と予防歯科の普及に努める。歯周病治療・歯周外科の症例数は10,000症例以上。歯周病治療以外にも、インプラントに生じるトラブル(インプラント周囲炎治療)に取り組み、世界シェアNo.1のインプラントメーカー ストローマン社が開催するセミナーの講師を務めるなど、歯科医師の育成にも力を入れている。

RESERVATION

無料カウンセリング・ご予約はこちら

PERIOD.なら歯周病菌を
徹底的に除去できます。
まずは歯周病の専門医による
無料カウンセリングを。

電話受付10:00~19:00(月〜金曜、第3土曜日)

診療時間
10:00~19:00

最終受付 18:00 ※土日祝日は休診
(ただし、第3土曜日は診療)

JRをご利用の方

「東京駅」八重洲南口より徒歩8分

「有楽町駅」京橋口より徒歩5分

東京メトロをご利用の方

有楽町線「有楽町駅」D9出口より徒歩4分

有楽町線「銀座一丁目駅」6番出口より徒歩1分

銀座線「銀座駅」A13出口より徒歩5分

銀座線「京橋駅」3番出口より徒歩3分

ACCESS MAP

アクセスマップ

東京国際クリニック / 歯科

院長:清水智幸

〒104-0061 東京都中央区銀座1-5-6 
銀座レンガ通り福神ビル5F

TEL:03-5220-2100