歯科で行う睡眠時無呼吸症候群/SAS(サス)検査・治療

睡眠時無呼吸症候群/SAS(サス)の検査・治療が受けられます

睡眠時無呼吸症候群の潜在的患者は5人に1人と言われています。心当たりのある方は、ご自身の「睡眠の質」を知ることからはじめてみませんか?

東京国際クリニック/歯科では、睡眠時無呼吸症候群の検査・治療を行っております。検査では、無呼吸の有無や回数だけでなく、浅い睡眠(レム睡眠)・深い睡眠(ノンレム睡眠)がバランス良くとれているかどうかも含め、総合的に「睡眠の質」を診断。検査結果に応じ、東京国際クリニック/医科との連携のもとで最適な治療をご提案してまいります。

睡眠時無呼吸症候群/SAS(サス)とは?

睡眠時無呼吸症候群(SAS:Sleep Apnea Syndrome)は、眠っている間に呼吸が止まる病気です。
医学的には、10秒以上の気流停止(気道の空気の流れが止まった状態)を無呼吸とし、無呼吸が一晩(7時間の睡眠中)に30回以上、もしくは睡眠1時間あたり5回以上となれば、睡眠時無呼吸症候群と診断されます。

呼吸が止まることで脳が酸素不足を感知し、呼吸を回復するために一時的な覚醒(目覚め)を起こします。そのため、窒息することはありませんが、この呼吸状態を一晩に何度も繰り返していると、睡眠不足によって昼間に強い眠気をもよおすようになります。それだけでなく、酸素不足の状態が長い間続くと、様々な生活習慣病の合併症を引き起こすリスクもあるのです。

睡眠時無呼吸症候群のメカニズム

睡眠中に舌や軟口蓋(上顎の奥のやわらかい粘膜)が弛緩し、一時的に気道が閉塞されるために呼吸が停止するのが、睡眠時無呼吸症候群のメカニズムです。

正常な人の睡眠時
における気道
(イメージ)
「いびき」発生時
における気道状態
(イメージ)
完全に気道が閉鎖した
気道状態
(イメージ)
正常な人でも仰向けで寝ると重力によって舌や軟口蓋が沈下し、気道が狭くなります。また、睡眠中は筋の緊張も緩んでいます。 いびきは、睡眠中に空気の通り道(気道)が狭くなり、そこを通る時に喉(咽頭)が振動することによって生じる音です。つまり、いびきをかくということは、気道が狭くなっている証拠なのです。 舌や軟口蓋が沈下し、気道を一時的に閉塞することで呼吸が停止します。これが睡眠時無呼吸の状態です。

睡眠時無呼吸症候群の主な症状

以下の症状に思いあたる人は、睡眠時無呼吸症候群の可能性があります。

睡眠時無呼吸症候群の主な原因

睡眠時無呼吸症候群の主な原因としては、以下の6つが挙げられます。原因として多い順にご説明していきます。

01 肥満

特に首周りに脂肪がついていると、気道が圧迫されて狭くなります。また、舌は筋肉でできていますが、舌に脂肪がつくと重みでさらに舌が下がり(舌根沈下)、気道が狭くなります。

02 骨格の問題

顎が小さい人は、筋肉や脂肪が入る器も小さいため、相対的に気道のスペースが狭くなりがちです。

03 鼻閉(びへい)

近年ではアレルギー性鼻炎による鼻開が多く見られます。鼻開によって口呼吸になると粘膜が肥厚し、より気道が狭くなって無呼吸が起こりやすい状態になります。

04 加齢

加齢によって筋力が低下したり、ホルモンバランス(特に女性ホルモン)が崩れたりすることで、無呼吸が起こることもあります。

※睡眠時無呼吸症候群には、呼吸を促す作用のある「プロゲステロン」という女性ホルモンが関与していると言われています。男性は加齢とともに、女性は閉経後にプロゲステロンが激減することでSASの症状が多く見られるようになります。

05 飲酒

お酒を飲むことで筋肉の弛緩が進み、気道が狭くなります。

06 抗不安薬や睡眠薬

抗不安薬や睡眠薬を服用することで、筋肉が弛緩して気道が狭くなります。

睡眠時無呼吸症候群による合併症のリスク

睡眠時無呼吸症候群は、単に昼間に強い眠気を感じるだけの病気ではありません。放置しておくと血中の酸素不足が続き、心肺機能に大きな負担がかかり、心筋梗塞や脳梗塞など生命にかかわるような合併症を引き起こすリスクもあります。睡眠時無呼吸症候群の主な合併症は以下のとおりです。高血圧は健常人の1.37倍、夜間心臓突然死は健常人の2.61倍、脳卒中・脳梗塞は健常人の3.3倍高いと言われています(睡眠時無呼吸症候群を未治療で放置した場合の合併症リスク)。

高血圧 糖尿病 心不全 心血管障害 夜間突然死
脳梗塞 認知障害 ED 抑うつ

当院の睡眠時無呼吸症候群検査

東京国際クリニック/歯科で行う睡眠時無呼吸症候群の検査は、自宅で検査ができる時計タイプの測定装置「ウォッチパット」を用います。ウォッチパットを用いる当院の睡眠時無呼吸症候群の検査のメリットをご説明しましょう。

自宅で簡単に検査ができる!

当院で行うSAS検査はご自宅で可能 保険診療で行うPSG検査は入院が必要

専門の検査施設に入院して、体中に様々なセンサーを装着して行うPSG検査と異なり、ウォッチパットを用いるSAS検査は2つのセンサーを「指先」と「喉元」に取り付けるだけで計測できます。指先のセンサーで血液中の酸素の状態と脈拍数を測定し、睡眠中の無呼吸を予測。喉元のセンサーでいびきや体位を察知します。非常に簡単に装着できるので、ご自宅など普段と変わらない環境で検査を受けていただけます。なお、PSG検査に比べ費用負担が少なく済むのも特徴です。
【検査費用】 ¥15,000(税別)

※保険で行うPSG検査は一般的に3万円ほどかかります。

睡眠の質まで分かる!

当院のSAS検査では、睡眠中の無呼吸の有無や回数だけでなく、「浅い睡眠(レム睡眠)・深い睡眠(ノンレム睡眠)がバランス良くとれているか」、また「どの体位の時にいびきや無呼吸が起きやすくなるか」など、眠りの深さや分断の状態なども診断。総合的に「睡眠の質」の評価を受けられます。

医科歯科連携ができるから安心!

現在、日本国内にて、歯科単体でSASの検査・治療の両方を行っているクリニックは非常に珍しく、都内でも当院を含めて3医院しかありません(2015年9月現在、「ウォッチパット」導入クリニックの数)。そのなかでも当院の最大の強みは、医科歯科連携を実現できることにあります。併設した東京国際クリニック/医科と密に連携し、SASの検査結果に応じて最適な治療をご提案しています。

※ 症状が重度の場合、提携病院へのご紹介も可能です。

当院が行う睡眠時無呼吸症候群の治療法

東京国際クリニック/歯科では、睡眠時無呼吸症候群の患者様に「マウスピース療法」をご提案しています。これは、口腔内に睡眠時無呼吸症候群専用のマウスピースを装着し、下顎を前に出すことで睡眠中の気道の閉塞を抑制する治療法です。

開閉可能だから苦にならない!

当院で行うSAS治療「マウスピース療法」 医科で行うSAS治療「CPAP療法」

当院のマウスピース療法では、上下が完全に分離した開閉可能なマウスピースを用います。保険診療で用いる一体型のマウスピースと異なり上下が完全に分離しているため、装着時の不快感や拘束感は大幅に軽減されます。もちろん自由に開閉できるため、装着時に会話やあくび、水を飲むことなども可能です。継続的に使用しても苦にならず、SAS治療に専念できる新しいマウスピースです。

※ マウスピースを支えるのに必要な歯の本数がない場合や、口腔内の状態が整っていない場合など、マウスピース療法を適用できないケースもあります。

【マウスピース療法(一式)】 ¥150,000(税別)

持ち運び可能だから手軽に治療できる!

従来の睡眠時無呼吸症候群の治療法に「CPAP療法(持続陽圧呼吸治療)」があります。CPAP療法では、睡眠中に大がかりなホースやマスクをつける必要がありました。一方、マウスピース療法なら、手のひらサイズのマウスピースを装着するだけ。ご自宅はもちろん、出張先や旅行先などにも手軽に持ち運びでき、心身の負担も少なく治療を続けられるのがメリットです。

検査・治療の流れ

受診1回目(所要時間:1時間)

問診、口腔内診査、レントゲン写真(2種)、検査装置「ウォッチパット」のご説明、貸し出しを行います。

※睡眠中の検査は、4時間程度で計測可能です。

受診2回目(所要時間:1時間)

ウォッチパットの返却。検査結果を解析し、評価・診断します。

睡眠時無呼吸症候群専用のマウスピースをつくるための型取りを行います。

受診3回目(所要時間:1時間)

マウスピースをお渡しし、治療のスタートです。マウスピースをお渡ししてから約1週間後に使用状態や症状の改善の有無を確認します(経過観察)。その後、約2~3カ月後を目安に再検査を行います。(検査費不要)

※ 歯周病や虫歯がある場合は、それらの治療が優先となります。これは、口腔内が不衛生な状態でマウスピースを装着するのを避けたいため、また、歯周病や虫歯の進行によって歯の形状が変わり、マウスピースが正しい位置に固定されないためです。

いびきが治らない人、昼間に眠気をもよおす人、まずは、睡眠の「質」を調べてみませんか?

03-5220-2100

無料カウンセリング予約