歯周病コラム

歯科治療で用いる麻酔とは?~笑気吸入鎮静法と静脈内鎮静法~

歯周病が重度にまで進行してしまうと、外科処置が必要になるケースがあります。たとえば、歯茎を切開して歯周ポケットの奥深くにこびりついた歯垢(プラーク)や歯石を除去する「歯周外科治療」や歯茎の見た目を再生する「歯茎の再生治療」などです。

ただでさえ嫌な歯科治療なのに、「歯茎を切開」なんて想像するだけでも恐ろしい・・・と、ますます歯医者を避けたり、受診しなくなってしまう方もいらっしゃると思います。とはいえ、悪化する歯周病をそのまま放置しておくわけにはいきません。

このように歯科治療に不安や恐怖心のある方や長時間の処置を受ける方、お口の中に物が入ると「オエッ」となる嘔吐反射の強い方などに適応されるのが、「鎮静法」と呼ばれる麻酔法です。今回は、歯科医院で用いられることの多い2種類の鎮静法について解説していきます。

不安・恐怖心を取り除く2つの鎮静法

歯科治療に対する不安や恐怖心を和らげ、リラックスした状態で安心して治療を受けられるようにする方法が「鎮静法」です。

鎮静法は全身麻酔と違って意識がなくなることはありませんが、「ウトウト」した状態になり、不安や恐怖心が薄れます。鎮静薬を使うことで眠気を誘い、治療中の細かいことをボンヤリとさせ、ときには治療したかどうかも忘れさせるような効果をもたらします。

鎮静法には、笑気ガス(亜鉛化窒素ガス)を鼻から吸引する「笑気吸入鎮静法」と、点滴によって腕の静脈から鎮静薬を注入する「静脈内鎮静法」の2種類があります。ともに歯周病治療における外科処置のほか、インプラント治療や親知らずの抜歯など、お口を長く開ける必要がある処置で用いられます。

笑気吸入鎮静法(笑気麻酔)

笑気吸入鎮静法(笑気麻酔)とは、亜酸化窒素という笑気ガスを吸引することによって、不安や恐怖心が薄れた状態でリラックスして治療を受けていただける麻酔法です。笑気ガスを鼻から吸引することで不安や恐怖心などを軽減させますが、後述する静脈内鎮静法と同様に、吸引中に意識がなくなることはありません。

治療中は笑気ガスを吸引し続けて、ボンヤリした状態を維持する必要があります。治療が終わると数分で笑気ガスが身体の外へ排出され、しばらく経つと完全に目覚めます。

【笑気吸入鎮静法(笑気麻酔)のデメリット】

  • 鎮静効果が不確実なケースがある。
  • 喘息などの呼吸器疾患がある方には使用できない。
  • 鼻にマスクをするため、鼻づまりなど鼻の病気があることで鼻呼吸ができない方には使用できない。
  • 効果が弱く、痛みを感じることがある。
静脈内鎮静法(セデーション)

静脈内鎮静法(セデーション)は、点滴によって腕の静脈から鎮静薬を注入することで不安や恐怖心、時間の感覚などが薄れた状態にする麻酔法です。これにより、患者さんはうっすらとした意識のなかで眠っているのとほぼ同じ状態になり、リラックスして治療を受けることができます。治療が終わった後も、治療中のことはほとんど覚えていません(健忘効果)。

静脈内沈静法によって処置中の不安や恐怖心を薄れた状態にするとともに、局所麻酔を併用することで痛みを取り除いた外科処置が可能になります。

東京国際クリニック/歯科では静脈内沈静法を採用しています

東京国際クリニック/歯科では、「静脈内鎮静法」を採用しています。外科処置やお口を長く開ける必要がある処置を受ける方はもちろんですが、歯科治療に対して不安や恐怖心をお持ちの方のための「無痛治療」としても採用しています。

静脈内鎮静法は安全性の高い麻酔法ですが、まれに呼吸や血圧に影響する場合もあります。そのため、当院では日本歯科麻酔学会のガイドラインに則って静脈内鎮静法を行っています。当院は、日本でも数少ない医科を併設した歯科医院です。執刀医のほかに、麻酔の注入や術中の全身管理を担当する麻酔医が在籍しており、麻酔医がリアルタイムで心拍数や血圧を確認するなど、万全の管理体制を整えることで麻酔の安全性を高めています。

「歯が痛いけど歯医者が怖い」「歯周病が気になるけど痛いのは嫌」など、歯科恐怖症の方や痛みが苦手な方も安心してご来院ください。

歯や歯茎の異変を放っておいてはいけません。歯周病の専門医による無料カウンセリングを

03-5220-2100

無料カウンセリング予約