コラム

歯周病で失った歯茎は取り戻せるの?

Periodo015歯周病が悪化・進行すると、歯茎が下がって1本1本の歯が長くなったように見えます。これは、プラーク(歯垢)内に潜む細菌の毒素によって歯を支える顎の骨が溶かされてしまい、その上に覆いかぶさっている歯茎(歯肉)も退縮してしまうためです。歯が長く見えると違和感が出て、どうしても不自然な印象になります。さらに、歯根部分が露出することで虫歯や知覚過敏を招きやすくなる、というデメリットもあります。

では、こうして退縮してしまった歯茎はもう取り戻せないのでしょうか――。今回のコラムでは、歯周病で失った歯茎を取り戻す方法についてお話をしていきます。

あなたの歯茎、本当に下がっていますか?

まずは、ご自身が「歯茎が下がった状態」であるかどうかをセルフチェックしてみてください。以下の項目から2点以上該当するようであれば、歯茎が下がっていると言えるでしょう。

 □ 周囲に比べて長く見える歯がある
 □ 歯茎に近い部分が変色している歯がある
 □ 冷たい食べ物や飲み物がしみることがある
 □ 歯の間に食べ物が詰まりやすい
 □ 言葉を発する際に空気が漏れている感じがする

歯茎の再生治療とは?

歯が長くなったように見える状態を改善する方法は、主に2種類。一つが歯周病で溶かされた顎の骨を再生させる治療、もう一つが今ある歯茎を移植したり移動したりする治療です。

溶かされた顎の骨を再生させる治療

歯茎が下がってしまった箇所はその下にある骨も失われているケースが多いため、顎の骨を再生させれば歯肉を盛り上げることができます。エムドゲイン法GTR法骨移植がこれにあたります(※)。歯茎が戻るとブラッシングもしやすくなるため、歯周病の再発リスクを抑えることにもつながります。
※骨吸収の進行具合によっては適応できないケースもあるため、事前の検査が必要です

今ある歯茎を移植・移動する治療

こちらは、いわゆる歯茎の再生治療です。退縮してしまった歯肉は自然には戻らないので、口腔内の別の場所から歯茎の一部を移植(結合組織移植術)したり、同じ歯の上の歯茎や横の歯茎を引っ張って移動(歯肉弁側方移動術・歯肉弁歯冠側移動術)させたりすることで見た目の美しさを取り戻します。私たち東京国際クリニック/歯科では、これらの治療にすべて対応しています。

ブラッシングで下がった歯茎は元に戻るのか

ちなみに、歯茎が下がる原因は歯周病だけではありません。間違った歯磨きや歯の破折、根先病巣などによっても歯茎が下がってしまうことがあります。原因に合わせた治療や処置を受ける必要がありますので、まずは歯科医院に相談してみてください。

ブラッシングで下がった歯茎を復活させることはできませんが、毎日正しいセルフケアを行うことでこれを食い止めることは可能です。やってはいけないのが、力を入れ過ぎた乱暴なブラッシング。これが「フェストゥーン」という歯茎の縁が輪状に盛り上がった状態を招いてしまいます(フェストゥーンは歯茎が下がる前兆です)。歯周病専門の歯科医院で正しい磨き方を教えてもらうことで、歯茎の退縮にストップをかけましょう。

歯周病が再発してしまうと意味がありません

歯周病で失われてしまった歯茎は、完璧にとは言わないまでも、治療によって一部を取り戻したり改善したりすることが可能です。しかし、いくら骨再生治療や歯茎の再生治療を受けても、歯周病を再発させてしまっては意味がありません。歯茎を下げないようにするために、日頃から適切なセルフケアでプラーク(歯垢)や歯石の付着をできるだけ防ぎましょう。

歯や歯茎の異変を放っておいてはいけません。歯周病の専門医による無料カウンセリングを

03-5220-2100

無料カウンセリング予約